« Do What U Gotta Do | トップページ | エアタイム »

2006年1月20日 (金)

白夜行

年末に「容疑者Xの献身」を読んで面白かったので、続けて東野作品に手を出しました。しかも1月よりドラマ化決定と帯に書かれていたので、読んでから見る派の私としては、これは先に読んどかないと、というわけで800頁以上もあって1000円もする文庫本に手を出したわけです。

本好き20名ほどで本の会MLを作っていて本の感想のやり取りをしているのですが、その基本フォーマットで書いてみます。

408747439901_ou09_pe0_scmzzzzzzz_

『白夜行』 東野圭吾 集英社文庫

読書採点(10点満点)
○ 総合・・・・・・・・・・・・・・・・10点
○  感動度・・・・・・・・・・・・・・・・7点
○ 引き込まれる度・・・・・・・・・9点
○ 自分の趣味に合う度・・・・10点
○ 他の人へのおすすめ度・・10点

ちょっと感想:
 「容疑者X・・」よりおもしろかったです。あちらは隙がないストーリー構成だったと先日書きましたが、そういうスマートなものよりもこちらのような重厚なものの方が私の好みです。時間も20年ぐらい流れます。感動度が高くないのは、哀しい話だったので感動できなかったからです。
 大阪の地名がたくさん出てきて親近感がありました。ちなみに著者は大阪生まれです。

ドラマがすでにはじまって今日(1/19)2回目が放映されましたが、21時始まりのドラマってなかなか見れないんですよね。見たいなあ。綾瀬はるか、いいっすよねえ。

「容疑者X・・」はこのミス(宝島社「このミステリーがすごい!」)2005年のベスト1でしたが、「白夜行」は2000年のベスト2でした。ちなみにこの年は私的には当たり年で、1:永遠の仔、3:亡国のイージス、4:バトル・ロワイアルとなっています。どれもおすすめです。

|
|

« Do What U Gotta Do | トップページ | エアタイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17887/412699

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

» 綾瀬 はるか [http://ayaselove.seesaa.net/index20.rdf]
綾瀬 はるか [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 20時50分

« Do What U Gotta Do | トップページ | エアタイム »