« 節分 | トップページ | 叶匠壽庵、立木観音 »

2006年2月 5日 (日)

2/4竜門

予報ではえらく寒そう、雪も降りそう、ということで、ちょっと気が抜けて、いつもなら家を出る時間なのに、のんびり朝風呂など入っていたら、京ハンSボンから、今日は行くの?と電話があり、迷い中と答え、京ハンSしょうに電話してみると、みんなグライダー積んでるわ、と他人事のようなお答え。どうやら行く気はなさそうだがみんなに連れて行かれるような感じ。じゃ自分も行くかと、あわてて出発。いやー行ってよかった、3時間飛べました。

でも、さぶかったー。。ハング人生で最も寒いフライトでした。特に指が。。。先週、ハンドウォーマー+フリース手袋+インナーでダメだったので、今日はハンドウォーマー+フリース手袋2枚!にしてみましたが、まったく不十分、凍傷になったかと思うほどでした。ハンドウォーマーがベルクロタイプでしかもカーボンベースバー用に切込みを入れたりしていて空気が入り込むのがダメなんでしょうね。まあこんなに気温の低い日はそうそうないと思われます。なんたってハング人生19年で最も寒かったんですから。西富士をフットロープハーネスで飛んだ時よりさぶかったです。

ウィンドスポーツのMる君が来週の関西選手権(関選)に備えて早くも現地入りしており、地元勢もなんだかうれしく、タスクもでっかく設定、TO→近大→船戸山→川辺の湯→竹房L。さらにKPのO笠原さんが東も行きたそうで、みんなであっちは雪やと言うのに、ちょっと東も行ってきますわ、と言い張るので、最初に九度山を入れてあげる。そのO笠原さん、Mる、と続けてTOし順調に上げていく。で、すぐに無線、ホテルより向こうは雪っぽいですわ。だから言うてるやん、と最初のパイロンはやっぱり近大。次がTOする前に雲底1400と言い残して2人で近大へ。第2陣はSボンと私。でも第1陣、第2陣ともに近大なんてぜんぜん届かず、TOへ戻ってきました。それを確認したTOディレクターのTヤンから、近大はええわ、船戸、川辺は練習しといて、関選で使いたい、との無線が入る。ということで、タスクはさらに小さく→船戸→川辺→竹Lに変更。

上げ直してKPのS戸山さんと船戸へ向かう。先発していたSボンとO笠原さんが船戸方向から低く井阪橋に戻ってくる。Sボンは低すぎて降りてしまった。ここで上げ直しているとMるも合流。上げきってから、うじーえさん、この後どっち向かいますか?と無線が入ったので、西、船戸と答えたんだけど、無線が届かなかったようで、Mるは近大へ、今日は5回チャレンジしたらしい。S戸山さんと私は船戸ゲット、さらに西へ進もうとするもどんどん高度はなくなり、断念。帰ろうとするも船戸山北側で200ちょいになってしまい焦る。弱くて流れるやつで何とか生き長らえて帰れました。このときO笠原さんも船戸ゲット、その後どうしたかは知りません。

後は寒さとの戦い、寒さに負けた人からランディングしていきました。私はタスク無視で近大を狙うべくがんばりましたがダメでした。京ハンTなかさん達U2軍団がまだまだ飛んでいたのでお付き合いしたかったけどやっぱり寒さに負けて竜門Lに降りました。降りてから指の痛かったこと。。。京ハン以外はみなさん竹房Lに降りたようでお話できずじまいでしたが、近大と川辺は誰も取れなかったようです。関選では、近大は無理でも船戸と川辺の2つは使うでしょうね。今のところ週間予報は良さそうで、いやー、楽しみですね。

|
|

« 節分 | トップページ | 叶匠壽庵、立木観音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17887/619678

この記事へのトラックバック一覧です: 2/4竜門:

« 節分 | トップページ | 叶匠壽庵、立木観音 »