« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

ボスニア・ヘルツェゴビナ

ムシッチ、グルイッチ、ラスチッチ、バルトロビッチ、イブリチッチ、・・・

ややこしい。。こんな感じ?

ムシタロウ、グルタロウ、ラスタロウ、バルタロウ、イブリタロウ、・・・

ちょっと無理がある?じゃ、これは?

タカハラッチ、クボッチ、ミヤモッチ、ナカムラッチ、オノッチ、カワグッチ、・・・

けっこう、いけてない?

いやー、ありがとう!ヒデッチ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月27日 (月)

マンガ喫茶

私のマンガ喫茶好きは近しい人なら誰でも知っている。今日も出張先でホテルのすぐそばに発見、迷わず突っ込む。おかげでブログの更新もできました。って、更新記事の中身、何にもないですが。。最近マンガ喫茶の会員証で財布がふくらんでしょうがない。別のものでふくらまんかなあ。。。そろそろ帰ります、しょぼいビジネスホテルに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月26日 (日)

ファスナー修理

雨なので久しぶりに時間ができたので、ようやくハーネスのファスナーの修理ができました。といってもそんなにたいそうなことではなく、スライダーを交換しただけですが。

西富士で飛んでる最中にスライダーが動かなくなってしまいランディング時に強引に開けて降りてから見ると、エレメントの片側がスライダーから外れてしまってスライダーがちょっと開いてたので、ペンチで軽く閉めようとしたら、いとも簡単に折れてしまいました。引手が両側についているタイプのもので誰も予備を持ち合わせてなく、急遽ハーネスメーカーEXE代表の貢さんに片側のみのもので応急処置をしていただきました。で、関選の時に貢さんが両側引手のスライダーをわざわざ持ってきてくれてめぐんでいただきました。他メーカーのハーネスなのに。。ありがとうございました!

関選では余裕がなくて交換できず、毎日ファスナー閉まり切らないまま飛んでました。
ようやく今日できました。板敷に向けて懸念事項が一つ消えました。最大の懸念事項、セール交換ももうすぐ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

リンク

勝手にリンク張らせてもらいました。

とりあえずハング関係ばっかり。

不都合あれば、ご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月25日 (土)

宮川君、美樹さん、おめでとう!

今日は京ハン宮川君の結婚御披露目式がありました。

場所は、京都駅ビル ホテルグランヴィア15F 「グレイスガーデン」。
店内からは京都西側の180°眺望が、店外の通路からは京都北側の180°眺望が。
景色は良いし、料理は美味いし、いいとこでした。

会も楽しかったです。
ブーケトスでは、居並ぶ独身女性の隙間でテーブルに座っていたゼロパラグライダースクール代表のK岡さんの手に。。。そのままブーケを手に挨拶され、かなりうけました。
ゼフィール後輩の出し物もおもしろかったです。Y口の熱演もさることながら台本がよくできてました。あいかわらずゼフィールは芸達者です。まさかその台本が全員へのお土産にされるとは。。。

Miyagawa
6月が待ち遠しいですね。末永くお幸せに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イナバウアー

イナバウアー、語感がなんかかっこいい。「イナバウアー」。
しかし、なんであんなことができるんだ。。

今日も昨日に続き早起きしました。エキシビション、好きなんです。まとめて上位選手を見れるし、滑ってる方も楽しそうだし。競技は見てる方も緊張しますから。楽しんで滑れました、なんてコメントする選手もいるけど、楽しんで見れません。ジャンプの度に固唾を呑んで見てますから。

で、エキシビション、良かったですね。男子やペア等は今回ニュースも含めてまったく見てなかったので、新鮮でした。男子はスピードあるし、ジャンプは高いしキレがあるし、特にプルシェンコ、すっごいですね。一人だけ別次元ですね。おっとこまえだし。ペアも男子のパワーにびっくり。相方40kg以上あるだろうに、高々と持ち上げたり放り投げたり、片手でリフトする人も。。

今回のエキシビションでは新しい試みとして、天才バイオリニストの生演奏がありましたが、あの人にもびっくり。「ビバルディ」、すごかった。。

とにかく、金メダル、感動しました。荒川さん、おめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年2月24日 (金)

国家の品格、祖国とは国語

Kokkanohinkaku_1 『国家の品格』 藤原正彦 新潮新書

売れてますねー。
この著者、数学者です。でも内容はめちゃめちゃ文系です。
メインの主張は「武士道精神」ですから。

父親は新田次郎だって。新田次郎といえば、名作「武田信玄」ですよ、これはおもしろかったなあ。。
その血筋とはとうてい思えないほど、とてもユーモアにあふれています。この装丁でこのタイトルですよ、しかも新書だし、とても堅苦しそうな印象を受けますが、そんな小難しそうな本がベストセラーに居座り続けるのも変だと思っていましたが、読んで納得。読みやすくておもしろ可笑しい。

冒頭から「私は、自分が正しいと確信していることについてのみ語るつもりですが、不幸にして私が確信していることは、日本や世界の人々が確信していることとしばしば異なっております。もちろん私ひとりだけが正しくて、他のすべての人々が間違っている。かように思っております。」と始まります。普通は、・・が間違っている、とは思いません。ってなるんちゃうの。

さらに抜書きします。
「究極の自由とは、十七世紀英国の思想家トマス・ホッブズの言った自然権です。「各人が、自己生存のために何でもする自由」のことです。しかしこの自然権を認めたら「万人の万人に対する闘争」が始まり、無秩序と野蛮と混沌の世界となる。これを万人が放棄して、ある機関に委託する。この機関こそが国家である、というのがホッブズの社会契約論です。/すなわち国家とは、人民が自由を放棄した状態を言うのです。どんな自由もないというのは言い過ぎですが、次の世代のジョン・ロックのように「他人の自由と権利を侵害しない限り自由」という考えよりは、ホッブズの方が本質を衝いている。ロックの説が正しければ、援助交際もオーケーとなります。」
なんで、こんな話の締めが援助交際なん?

他にもいろいろ紹介したい箇所がありますが、このくらいで。
共感できる考え方がたくさん出てきて、こんな本が巷で売れているのがとてもうれしく思います。できれば偉い人たち、官僚や政治家や大企業のトップのような方々に読んでもらいたいなと思います。

評価:9点

Sokokutohakokugo_2  『祖国とは国語』 藤原正彦 新潮文庫

実はこっちの方を先に読んでました。書かれたのもこっちの方が先です。

三部構成で、第一部が「国語教育絶対論」、第二部が短編エッセイ集、第三部が「満州再訪記」。どれもおもしろいですが、第一部が秀逸!小学校の国語教育がいかに重要か、ということを論じたものです。

抜書き
「ものごとを考えるとき、独り言として口に出すか出さないかはともかく、頭の中では誰でも言語を用いて考えを整理している。例えば好きな人を思うとき、「好感を抱く」「ときめく」「見初める」「ほのかに想う」「陰ながら慕う」「想いを寄せる」「好き」「惚れる」「一目惚れ」「べた惚れ」「愛する」「恋する」「片思い」「横恋慕」「相思相愛」「恋い焦がれる」「身を焦がす」「恋煩い」「初恋」「老いらくの恋」「うたかたの恋」など様々な語彙で思考や情緒をいったん整理し、そこから再び思考や情緒を進めている。これらのうちの「好き」という語彙しか持ち合わせがないとしたら、情緒自身がよほどひだのない直線的なものになるだろう。人間はその語彙を大きく超えて考えたり感じたりすることはない、といって過言でない。母国語の語彙は思考であり情緒なのである。」

「少年少女世界文学全集といったシリーズの広告に、「早く読まないと大人になっちゃう」という文句が添えてありほとほと感心したことがある。読むべき本を読むべき時に読む、というのが重要で、この時を逸し大人になってからではもう遅い。情緒を養ううえで、小中学生の頃までの読書がいかに大切かということである。」

「新しい指導要領によると、重心が従来の「読み」「書き」から「話す」「聞く」の方に移っているようだ。驚くべき方向違い、と言えよう。これでは、深い思考力や情緒力のない、口先人間ばかりになってしまう。国語の中心はあくまで「読み」にある。この力をつけ、充分な量の読書さえしていれば、聞いたり話したりは自然にできるようになる。国語教育の中においても、「読む」「書く」「話す」「聞く」は平等ではない。あえて重みをつければ、この順に、20対5対1対1くらいだろう。寺子屋には「読む」と「書く」しかなかったが当然である。本質を見抜いていたと言える。」

「小学校における教科間の重要度は、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下なのである。」
もう一度言いますが、この人、数学者なんですけど。

小さいお子さんをお持ちの方におすすめです。

評価:10点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月21日 (火)

ポイント、ランキング

関選のポイント、たっぷりつきましたね。ホームエリアなのに取りこぼしてしまいました。Aシードとして、とても恥ずかしい成績で終わってしまいました。Aシードは2年続けてこそホンモノだ、と言われていますが、さもありなん。わたくし2年続けたことありません。今年の上位20人のランキングの推移を表にしてみました。JHFハンググライディング競技委員会のHPでPDF化されているものから数字を拾いました。また、今年の上位20位外でもAシードに何度も登場している方を追加してます。黄色のセルはみなさんあこがれのAシードです。
Ranking_history_4
大門さんと鈴木君が真っ黄色です。板垣さんも登場以来すべて黄色です。すごいっすね。

今年のレースも始まったばかりです。 板敷から気を取り直して頑張ります!セールも生まれ変わることだし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月19日 (日)

工作

昨日は法事。帰りに妹夫婦のうちにおじゃましました。妹のだんなさんはK社でデザイナーをしててグッドデザイン賞なんかも何度も受賞してて仕事以外のモノ作りもいろいろしてます。昨日は長男坊が工房で木工をさせてもらいました。ペン立てを作るって言ってたので、凡庸な親は普通に天井部が開いてる直方体のようなものをイメージしてましたが、できあがったものはこれ。
Penstand
やっぱりセンスがちがいます。びっくりしました。

その妹のだんなさんから次男坊が入園祝いをもらいました。これもびっくりしました。
Kureyon
写真ではよく見えませんが、台紙にも背景として小さい名前がいっぱい入ってます。
幼稚園で友達はなんとも言ってくれないと思いますが、幼稚園の先生がびっくりすることでしょう。

妹夫婦の娘にも登場してもらいましょう。
私の姪っ子になります。うちは男の子2人なので、やっぱり女の子はかわいいです。
Hana
お花さんです。2歳半なので歳の近いうちの次男坊(もうすぐ4歳)がお気に入りのようで、私にはまだあんまり心を開いてくれてません。ちょっとジェラシー。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月18日 (土)

2/17のメニュー

アップ200+400×2本+200×2本+100×2本+キック50×4本+ドルフィンキック50×4本+コンビ50×4本(1'30"回し)+ダウン100個メ
=2300

先週は関選だったので、2週間振りとなりました。2週空くとしんどいっす。アップの時点で上腕三頭筋がパンパンになりました。Fr(いわゆるクロール)は何といっても上腕三頭筋です。

関選で水泳経験者からお声を掛けていただきました。
S藤Hみさんはバタフライの選手だったらしい。
K杉さん(S木君とこのシングルのダミーの方)はなんと全国レベル!全国実業団の話をしました。社会人の全国大会のことで、私は一応会社で水泳部に所属しているのでこの大会に出るのを目標に泳いでました。会社の構内に屋外プールがあって夏の間だけ練習してました。この全国実業団に出場するのに制限タイムというものがあって、昔水泳ちょっとやってました、という人間にとってちょうどいい目標なのです。今はもう経費削減の時代ですので、プールの浄化装置も動かしてもらえませんし、クラブ活動の遠征費も出なくなったので、水泳部の活動は個人的に休んでます。この全国実業団でK杉さんは年齢別ではあっても決勝に残るレベルだそうです。ファイナリストですよ、すごいですね。往年の日本記録保持者とかもバンバン出てくるし、たまには現役オリンピック代表選手も出てくるような大会ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月17日 (金)

FEMALE VIDEO WINNER

アムロちゃんのミュージックビデオ「WoWa」がMVA「FEMALE VIDEO WINNER」に選ばれました!

詳しくは→ 「こちら

ここ↑のSTREAMINGは30秒しか見れないので、これ↓どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月15日 (水)

博士の愛した数式

Hakase 『博士の愛した数式』 小川洋子 新潮文庫

第一回本屋大賞受賞、映画化。

特に感動するわけではありませんでしたが、まあおもしろかったです。

フェルマーの最終定理とか出てきたりします。

阪神タイガースも出てきます。阪神ファンとしてはうれしいですね。

評価:7点

解説を数学者の藤原正彦氏が書いてます。この人、今バカ売れ中の「国家の品格」の著者です。これ、私の今読みたい本リストの上位の本です。でも今4冊も同時併読中なのでなかなか順番が回ってきません。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年2月13日 (月)

中村屋

関選で何人かに紹介した「中村屋」、京ハンりょーすけのブログにあります。

ここからも直でリンクしときます。関選で成績の振るわなかった人、これでも見て、落ち込むようなことは笑い飛ばしてしまいましょう!

では、どうぞ、お楽しみ下さい。

「中村屋」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月12日 (日)

関選最終日

雪のち晴れ 北風強 max1500~1600 43kmタスク ゴール18人
トップはMた!しかもぶっち切り!かっこいいー!続いてWだっち、S木君。
総合ではトップIたさん、続いてWだっち、Tやん、S木君、O田君、Mっちー。

詳しくは → こちら
仕事早いね、中野、ムタ。集計係ご苦労さんでした。
中野、トップテン入りおめでとう!
ムタ、デイリートップおめでとう!

私はというと、やってしまいました、タイムアウト。。
もう少し時間があればゴールできましたが、時間切れでゴール間に合わんと判断して井阪橋に刺さりに行ったんだけど、なぜかリフト帯で高度が落ちず、時間内に降りれませんでした。もうええねん、どうでも。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年2月11日 (土)

関選三日目

関選三日目

西風強、晴れのち曇り、max2000、48kmタスク、ゴール5人、Iたさん、Mた、Tやん、Mつぐさん、H川さん。風がきつくてたいへんでした。総合トップIたさん、続いてWだっち、Tやん。私はたっぷり飛んだけど詰めが甘く、19→16位と少ししかまくれませんでした。 明日も良さそうなので京ハンおっさんチームは気合いを入れるために焼肉食いに行きました。KPチームや東海チームも来てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月10日 (金)

関選二日目

関選二日目

南西、晴れ、max1700 42kmタスク、ゴール20人以上。私は今日も遅かった。。。トップはWだっち、続いてIたさん、Mる、、、総合ではトップIたさん、続いてMっちー、Wだっち、Kーぞー、Tやん、Oだんな。私は昨日の25位からちょっと上がって19位、じぇんじぇんまくれましぇーん。あ、あしたこそ。。

写真は今晩の歓迎レセプション。とってもグッドでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年2月 9日 (木)

関選初日

関選初日

朝から大雪でどうなることかと思いましたが、13時から晴れてきて、38kmタスク成立しました。けっこうイージーで100人ゴールでした。私は97番目でした(べべ3という意味ね)。中盤以降、上げ切らずに動いて低くなって苦労する、という悪いリズムに入ってしまい、そのサイクルから抜け出せずにゴールまで行くことになりました。トップは900点以上あるのに私は400点ありませんでした。 明日から出直します。 トップはMつ、続いてMっちー、Iたさん、Wだっち、Tやん、S木君、、、

写真はかなり積雪したTO

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 8日 (水)

献血

今日は献血しました。年に2回、組合を通して協力依頼があり、会社に献血車がやってきます。もちろん、十数年続けて2回とも協力してます。ボランティアとかほとんどしない私にとって唯一といっていいくらいの社会貢献です。こんな汚れた血でよければ使って下さい。いやいや、汚れてません、清らかなはず。。
しかし、いくら歳をとっても注射は緊張しますね。

明日から、竜門です。
週間予報では、寒そうだったり、良さそうだったり、渋そうだったり、、、楽しみです。

西富士のときのように、毎日、携帯から3行報告する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 7日 (火)

マドンナ

Madonna_1 『マドンナ』 奥田英郎 講談社文庫

帯に「四十にして、大いに惑う」と書かれてあり、思わず手が出ました。

裏表紙から引用
四十代・課長達の毎日をユーモアとペーソス溢れる筆致で描く短編5編を収録

解説(酒井順子)から引用
この本は、中年のサラリーマンが読むと、おおいに「そうそう!」と思うことができる本なのだと思います。

ちょっと感想:
5編の主人公は42歳から46歳の課長さんです。私は40前のペーペーなのでちょっと手前なのですが、「そうそう!」と思えるところもあり、「ふむふむ」と思えるところもあり、楽しめました。

評価:9点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 6日 (月)

LIVE DVD発売決定!

キタ---ッ!

「Space of Hip-Pop -namie amuro tour 2005-」 2006.03.15 ON SALE !

昨年のツアーのDVD 発売決定です。見に行けなかったので首を長くして待ってたんです。

ちなみにそのときのレポートは→ こちら

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

叶匠壽庵、立木観音

2/5(日)は、うちの息子たちのおばあちゃんのお誕生会で草津に行きました。2/8に還暦を迎えられます。

Nec_0003_1 さすがにローソク60本は立てられません。

お昼にいいとこに食事に行きました。
いいとことは和菓子の好きな方ならご存知の叶匠壽庵の経営する63000坪の庭園-寿長生の郷-です。
ほんとにいいとこです。贅沢な侘び寂びの世界です。
贅沢なお弁当と、茶室でお抹茶をいただきました。

Nec_0001_1
にがっ

帰りに立木観音に寄りました。階段を約700段登ると本堂にたどりつきます。普通の日曜なのにえらい人出です。おそらくこの700段が適度な運動になるので人気なんだと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年2月 5日 (日)

2/4竜門

予報ではえらく寒そう、雪も降りそう、ということで、ちょっと気が抜けて、いつもなら家を出る時間なのに、のんびり朝風呂など入っていたら、京ハンSボンから、今日は行くの?と電話があり、迷い中と答え、京ハンSしょうに電話してみると、みんなグライダー積んでるわ、と他人事のようなお答え。どうやら行く気はなさそうだがみんなに連れて行かれるような感じ。じゃ自分も行くかと、あわてて出発。いやー行ってよかった、3時間飛べました。

でも、さぶかったー。。ハング人生で最も寒いフライトでした。特に指が。。。先週、ハンドウォーマー+フリース手袋+インナーでダメだったので、今日はハンドウォーマー+フリース手袋2枚!にしてみましたが、まったく不十分、凍傷になったかと思うほどでした。ハンドウォーマーがベルクロタイプでしかもカーボンベースバー用に切込みを入れたりしていて空気が入り込むのがダメなんでしょうね。まあこんなに気温の低い日はそうそうないと思われます。なんたってハング人生19年で最も寒かったんですから。西富士をフットロープハーネスで飛んだ時よりさぶかったです。

ウィンドスポーツのMる君が来週の関西選手権(関選)に備えて早くも現地入りしており、地元勢もなんだかうれしく、タスクもでっかく設定、TO→近大→船戸山→川辺の湯→竹房L。さらにKPのO笠原さんが東も行きたそうで、みんなであっちは雪やと言うのに、ちょっと東も行ってきますわ、と言い張るので、最初に九度山を入れてあげる。そのO笠原さん、Mる、と続けてTOし順調に上げていく。で、すぐに無線、ホテルより向こうは雪っぽいですわ。だから言うてるやん、と最初のパイロンはやっぱり近大。次がTOする前に雲底1400と言い残して2人で近大へ。第2陣はSボンと私。でも第1陣、第2陣ともに近大なんてぜんぜん届かず、TOへ戻ってきました。それを確認したTOディレクターのTヤンから、近大はええわ、船戸、川辺は練習しといて、関選で使いたい、との無線が入る。ということで、タスクはさらに小さく→船戸→川辺→竹Lに変更。

上げ直してKPのS戸山さんと船戸へ向かう。先発していたSボンとO笠原さんが船戸方向から低く井阪橋に戻ってくる。Sボンは低すぎて降りてしまった。ここで上げ直しているとMるも合流。上げきってから、うじーえさん、この後どっち向かいますか?と無線が入ったので、西、船戸と答えたんだけど、無線が届かなかったようで、Mるは近大へ、今日は5回チャレンジしたらしい。S戸山さんと私は船戸ゲット、さらに西へ進もうとするもどんどん高度はなくなり、断念。帰ろうとするも船戸山北側で200ちょいになってしまい焦る。弱くて流れるやつで何とか生き長らえて帰れました。このときO笠原さんも船戸ゲット、その後どうしたかは知りません。

後は寒さとの戦い、寒さに負けた人からランディングしていきました。私はタスク無視で近大を狙うべくがんばりましたがダメでした。京ハンTなかさん達U2軍団がまだまだ飛んでいたのでお付き合いしたかったけどやっぱり寒さに負けて竜門Lに降りました。降りてから指の痛かったこと。。。京ハン以外はみなさん竹房Lに降りたようでお話できずじまいでしたが、近大と川辺は誰も取れなかったようです。関選では、近大は無理でも船戸と川辺の2つは使うでしょうね。今のところ週間予報は良さそうで、いやー、楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 3日 (金)

節分

Oni_1

家に帰ると、ドアを開ける前に郵便ポストをチェックします。今日、お面が入っていました。

仕方がないので、お面をつけてドアを開けたら、総攻撃を喰らいました。

次男坊も、もう怖がってくれる年齢でもなく、ちょっとがっかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2/2のメニュー

メニュー、またちょっと変えてみました。

アップ200+400×3本+100×2本+キック50×4本+ドルフィンキック50×4本+コンビ50×4本+ダウン50
=2250

ドルフィンキックを入れてみたけど、やっぱり腰の調子はよろしくない。腰が悪いから走らずに泳いでるのに、ダメだ、こりゃ。今シーズンのジョギング断念します。会社では来週末に社内駅伝大会があり、それに向けて定時後、構内をぐるぐる走っている人が増えてきました。3年前は私もぐるぐる回ってたんですが、膝を痛めてしまいしばらくお休みしてまして、今年は痛みもとれたので復活するつもりだったのですが、夏~秋に腰を何度か痛めてしまい、今年も断念、残念。来シーズンこそは捲土重来を期す!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 1日 (水)

時間別アクセス

昨日、PFC(Paradise Flying Catcher=大阪大学ハンググライディングチーム)のML(現役もOBも登録)にブログ開設のお知らせメールを流したところ、えらくアクセス数が増えました。けっこうみんな見に来るのね。管理者は時間別のアクセス数とかがわかるんですが、お昼にピークがありました。みなさん会社の昼休みはネットサーフィン(死語か?)のようですね。私も(水)くらいから昼は天気予報チェックから始まります。今週末は奥さんの都合で飛ぶ順番がまた私に回ってきます(土のみだけど)。来週の関西選手権に向けての最終チェックです。寒そうだけど、寒くないと竜門は上がりませんから。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »