« ポイント、ランキング | トップページ | イナバウアー »

2006年2月24日 (金)

国家の品格、祖国とは国語

Kokkanohinkaku_1 『国家の品格』 藤原正彦 新潮新書

売れてますねー。
この著者、数学者です。でも内容はめちゃめちゃ文系です。
メインの主張は「武士道精神」ですから。

父親は新田次郎だって。新田次郎といえば、名作「武田信玄」ですよ、これはおもしろかったなあ。。
その血筋とはとうてい思えないほど、とてもユーモアにあふれています。この装丁でこのタイトルですよ、しかも新書だし、とても堅苦しそうな印象を受けますが、そんな小難しそうな本がベストセラーに居座り続けるのも変だと思っていましたが、読んで納得。読みやすくておもしろ可笑しい。

冒頭から「私は、自分が正しいと確信していることについてのみ語るつもりですが、不幸にして私が確信していることは、日本や世界の人々が確信していることとしばしば異なっております。もちろん私ひとりだけが正しくて、他のすべての人々が間違っている。かように思っております。」と始まります。普通は、・・が間違っている、とは思いません。ってなるんちゃうの。

さらに抜書きします。
「究極の自由とは、十七世紀英国の思想家トマス・ホッブズの言った自然権です。「各人が、自己生存のために何でもする自由」のことです。しかしこの自然権を認めたら「万人の万人に対する闘争」が始まり、無秩序と野蛮と混沌の世界となる。これを万人が放棄して、ある機関に委託する。この機関こそが国家である、というのがホッブズの社会契約論です。/すなわち国家とは、人民が自由を放棄した状態を言うのです。どんな自由もないというのは言い過ぎですが、次の世代のジョン・ロックのように「他人の自由と権利を侵害しない限り自由」という考えよりは、ホッブズの方が本質を衝いている。ロックの説が正しければ、援助交際もオーケーとなります。」
なんで、こんな話の締めが援助交際なん?

他にもいろいろ紹介したい箇所がありますが、このくらいで。
共感できる考え方がたくさん出てきて、こんな本が巷で売れているのがとてもうれしく思います。できれば偉い人たち、官僚や政治家や大企業のトップのような方々に読んでもらいたいなと思います。

評価:9点

Sokokutohakokugo_2  『祖国とは国語』 藤原正彦 新潮文庫

実はこっちの方を先に読んでました。書かれたのもこっちの方が先です。

三部構成で、第一部が「国語教育絶対論」、第二部が短編エッセイ集、第三部が「満州再訪記」。どれもおもしろいですが、第一部が秀逸!小学校の国語教育がいかに重要か、ということを論じたものです。

抜書き
「ものごとを考えるとき、独り言として口に出すか出さないかはともかく、頭の中では誰でも言語を用いて考えを整理している。例えば好きな人を思うとき、「好感を抱く」「ときめく」「見初める」「ほのかに想う」「陰ながら慕う」「想いを寄せる」「好き」「惚れる」「一目惚れ」「べた惚れ」「愛する」「恋する」「片思い」「横恋慕」「相思相愛」「恋い焦がれる」「身を焦がす」「恋煩い」「初恋」「老いらくの恋」「うたかたの恋」など様々な語彙で思考や情緒をいったん整理し、そこから再び思考や情緒を進めている。これらのうちの「好き」という語彙しか持ち合わせがないとしたら、情緒自身がよほどひだのない直線的なものになるだろう。人間はその語彙を大きく超えて考えたり感じたりすることはない、といって過言でない。母国語の語彙は思考であり情緒なのである。」

「少年少女世界文学全集といったシリーズの広告に、「早く読まないと大人になっちゃう」という文句が添えてありほとほと感心したことがある。読むべき本を読むべき時に読む、というのが重要で、この時を逸し大人になってからではもう遅い。情緒を養ううえで、小中学生の頃までの読書がいかに大切かということである。」

「新しい指導要領によると、重心が従来の「読み」「書き」から「話す」「聞く」の方に移っているようだ。驚くべき方向違い、と言えよう。これでは、深い思考力や情緒力のない、口先人間ばかりになってしまう。国語の中心はあくまで「読み」にある。この力をつけ、充分な量の読書さえしていれば、聞いたり話したりは自然にできるようになる。国語教育の中においても、「読む」「書く」「話す」「聞く」は平等ではない。あえて重みをつければ、この順に、20対5対1対1くらいだろう。寺子屋には「読む」と「書く」しかなかったが当然である。本質を見抜いていたと言える。」

「小学校における教科間の重要度は、一に国語、二に国語、三、四がなくて五に算数、あとは十以下なのである。」
もう一度言いますが、この人、数学者なんですけど。

小さいお子さんをお持ちの方におすすめです。

評価:10点

|
|

« ポイント、ランキング | トップページ | イナバウアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17887/811701

この記事へのトラックバック一覧です: 国家の品格、祖国とは国語:

« ポイント、ランキング | トップページ | イナバウアー »