« 立体四目 | トップページ | Class2/5/Woman's Worlds »

2006年5月15日 (月)

5/14竜門

0514

予報からすると北西風による岩屋からのクロカンが狙えそう、しかし岩屋はまだ自粛中。。
北西風による大佐からのクロカンもやってみたいが、テイクオフができるかどうか。。
でも、ハーネスは竜門に。。
前日にハーネスを取りに行ってまでするにはいまいちかなあ。。誰かに大佐を誘われるようなことがあれば、と思っていたが、そんな活きのいい奴もいない。。

で、竜門で飛びました。
所々、西成分が勝っている北西強め、雲底max1600。
13時過ぎ、S戸山さんTO。確実に上がるのを見てからTOしたかったのに、すぐ後ろに並んでしまったし、そのすぐ後ろに並んでるO笠原さんが、出たら絶対上がる、って言うし、I手さんも、すぐ上に雲ありますよ、って遠回しにプッシュしてくるし、S戸山さんもセンタリングしてないけど落ちてないし、まあ何とかなるかな、と出てしまった。右尾根に行ったS戸山さんがそのままターンして帰ってきた。えっ、何で?すれちがって右尾根に行くもてごたえなし。S戸山さんは南西側へ移動して上げ始めた。あっちゃー、南西なのね。時すでに遅く、牛小屋からのしょぼいリフトにかまってみるも流されるだけ。やってしまったか?リフライトしてやる!と思った300くらいから何とか復活。上げ始めるとI手さん、S戸山さん、O笠原さん、みんな寄ってきた。みんな苦しかったのね。

1500雲底に付けて近大方向へO笠原さんとグライド開始。一応、TO→近大→船戸とタスク設定していたので。松下の先でしょぼいリフトにかまっているとき、少し南西側でO笠原さん低いところから上げ始め、すかさずカツアゲしに向かう。この辺りの雲底は1300ほど。ここからは近大方向よりも西側の雲がおいしそう。で迷わずタスク放棄で西へ向かうことに。西風が強く進みは悪いながら幾つか雲を経由、それもTOから11kmでおしまい。いつの間にか雲のラインが南側に。コンバージェンスラインが北西風に押されて南側へズレていったもよう。で針路修正。またもや低いところからO笠原さん上げ始め、またもやカツアゲ。いやいや、ご苦労、と無線で礼を言って1600雲底に付け、船戸から西へ山続きのちょっと北側に尾根が出ているその西面へ。O笠原さんがそこが上がるというので。しかし上がらず、雲もない。コンバージェンスラインはさらに南へ下がったもよう。それを追いかけてもよかったが、アウトサイドを嫌って帰ることに。この辺が甘いところ。やっぱり行くべきだったと後で反省。アウトサイドを嫌っては空域は拡がりませんから。それでもTOから西へ14kmでリターンという結果は自己最高。戻ってからはいろいろ確認&練習して15時40分ごろランディング。いつもと違った空域を飛べて楽しかった。

日選前にいろいろしていたチューニングの結果ですが、ほぼ問題なし。ただし100%ではない。競技やクロカンでは必死なのでほんの少しのズレは気にならないが、左右均等かどうかを確認するのを主目的に飛ぶと感じるレベルが残っている。VGオンではOK。VGオフでは右に少しくい込み気味。これは前のセールと同じレベルで問題はない。ただしどちらのセンターリングが得意かと聞かれると左と答えることになる。暇な時間でもあればちょっといじってみようかな。

|
|

« 立体四目 | トップページ | Class2/5/Woman's Worlds »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17887/1811782

この記事へのトラックバック一覧です: 5/14竜門:

« 立体四目 | トップページ | Class2/5/Woman's Worlds »