« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

くそYAHOO!BB

くそYAHOO<br />
 !BB

昨晩からおかしくなったモデム、どうやら故障らしい。サポートセンターに電話してみるも、自動応答モード。24時間体制は無理でも19時までとはなんやねん、役所じゃあるまいし。しかも訪問サービスの予約、最短でも12/5だと?プロバイダ変えてやる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年11月28日 (火)

治った

金晩に倒れて、土日は寝込んで、月は朝飯後、昼飯後まで下痢が続いて、晩飯後ようやくもよおさなくなり、火は昼飯にラーメンにチャレンジ、食後なんともなく、ラーメンクリア!夕方からコーヒー解禁、久々に飲むとインスタントでもうまかったぁ、ゴールドブレンドね。晩飯には中ビール(350mlちなみに発泡酒)も解禁!明日は大ビール(500mlもちろん発泡酒)解禁だ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

史上最悪の干ばつ、1000年に1度

NHKでは「史上最悪の干ばつ」
FNN(フジテレビ系)では「オーストラリアで大干ばつ 「讃岐うどん」に影響か」

さすが、フジテレビ系、讃岐うどんかよ。

このニューサウスウェールズ州、来月行くんやけど。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年11月27日 (月)

時生

Tokio 『時生』 東野圭吾 講談社文庫

「手紙」が売れに売れているせいで東野圭吾の本が全般的に売れているのか、この「時生」、かなりの本屋で品切れだった。

mixiで「今日読み終わった本報告部」というコミュニティに参加してて、その中に「東野圭吾の本でおすすめは??」というトピックがあり、そこで多くの人からおすすめされていたので、わざわざ本屋を何軒も探して入手した。

おもしろかった。睡眠時間に当てる予定だった東京行きの新幹線の中で寝るのも忘れて読みふけりラストを迎えてしまって、月曜の朝っぱらからボロボロ泣いてしまった。

タイムスリップものなのでリアリティはないんだけど、この作家は上手い。またすぐに東野圭吾の本を買ってしまった。。

タイムスリップものはちょっとずるいので10点は付けない。

評価:9点
感動度:10点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月26日 (日)

マグノアウベス!

熱も引き、下痢も治まり傾向、なので布団から這い出しTVの前でガンバの応援。

さすが、得点王争いをしているFWは上手い。マグノアウベスがいなかったらガンバもこのポジションにはいないな。それにしてもガンバ、勝ったはいいがここまでやなあ。最終節まで持ち込ませたけど、得失点差の差が5点もあるからなぁ。播戸、遠藤、シジクレイ、それぞれ前、中、後のキーマンを欠いてしまってるからしょうがないけど、、残念。

タイガースに続いて、ガンバ、お前もか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月25日 (土)

点滴

人生3度目の点滴。今回の理由は

 腸炎

昨晩、浴槽内でうたた寝して、のぼせたなぁ、と思ってたら、いきなり来た。下痢の波。
とりあえず、はらくだし用の市販の薬を飲んで就寝。よなか中うなされる。おそらく発熱のため。朝起きて、楽になったなぁ、と思って体温を測ると38度。夜中は何度あったんやろう。。下痢もまったく止まらず、そろそろ身体の中はからっぽかなあ。。

岩屋に行く予定にしてたので、キャンセルの連絡を入れ、病院へ。腸炎流行ってるらしい。嘔吐がないだけでもましな方らしい。どっかでウィルスをもらったらしいのだが、一昨日に行った小学校か幼稚園か?

身体からウィルスを出してしまいたいので下痢は止めません、点滴を打っときましょう。と病院居残りを命ぜられ、1時間弱かけて腕からお食事。3度目だし要領はわかってる。腹がへってて身体も寒いのに、じわじわとお腹いっぱいに、身体も温かく。

今日の朝飯、昼飯はこれで終了。薬をもらったけど、食後に飲むわけだし、まだ何も回復のための手を打ってない。1日中38度をキープしててそろそろばててきた。早く晩飯食って早く薬を飲まなければ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006年11月24日 (金)

11/24のメニュー

5周

4周終了時点右膝に違和感、5周途中ではっきり痛みに変わり、5周終了時点では痛くてもう走れません、と泣きを入れるような状態。2週連続でアイシングさぼったからなぁ。

今シーズンの目標として、9周(10km)の練習がこなせるようになること、としてたけど、下方修正だ。5周の練習を継続すること。走れるだけでよしとしよう。目標が高すぎると、ストレス発散のジョギングが逆にストレスになってしまう。目標が高すぎるなんてことはないんだけど、、この際、やむをえない。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月23日 (木)

音楽会と作品展

11/23、小学校の音楽会と幼稚園の作品展。

うちの小学校では音楽会と作品展を交互に開催するため、音楽会は2年に一度の開催。各学年ごとに合唱と合奏を演じる。6年生のみクラスごとに演奏。やっぱり6年生が聴き応えがある。その他の学年は選曲が重要、今回はトップバッターの4年生が良かった。合唱がビギンの唄「島人ぬ宝(しまんちゅぬたから)」、合奏が沖縄ソングメドレーで、何で沖縄なん、と思ったけど、いい曲ばかりでジーンとしながら聴けた。3年生の長男坊は合奏でサイドシンバル担当、本人はめだたないと言ってたけど、担当は1人だったのでめだたないということもなく、まあがんばってた。1年生、2年生は正直ちょっと眠くなったけど、それ以外は概ね楽しめた。来々年の開催も楽しみ。

その後、お隣の幼稚園にて作品展見学。次男坊のクラスのテーマは「おおかみと七匹のこやぎ」。
全員での合作、おおかみ↓
Ookami

その他にもテーマとは無関係の個人製作のモノがいろいろ展示。
ザリガニの絵↓とか。
Zarigani
真ん中の一番下、いちばん下手かも。。

小学校のイベントと幼稚園のイベント、同じ日に時間差つけてやってくれると助かるわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006年11月22日 (水)

11/22のメニュー

1500+Br50×3本 の時点で腰が。。
いかにかっこいいフォームで泳ぐか(いかに早く泳ぐかではない)を考えながらフォームを微妙に改造したりしてたらえらいことに。。。

慎重に腰のストレッチをしたりウォーキングコースに移って水中を歩いたりした後、練習再開。ただしBrはキックだけにしてコンビはやめといた。クイックターンも腰にはきつかったのでやめといた。

+Fr50×1本+Brキック50×4本+Fr50×4本+ダウン50
=2150

あー、あせったぁ。。
腰には爆弾抱えてるから、大事に至らなくてよかった。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

FORBESのメンバー

ようやく全員チケットがとれたようだ。

マツ、ヒローカ、ウジーエ、モーリ、ヨコヤマ、ノマ、マッスー、ミノル の8名
+グランドスタッフ:ショチョー、カッキーの2名、総計10名。

チームとしては若くていいんじゃないだろうか。
私が選手エントリーでは最年長。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月20日 (月)

FORBESの宿

ショチョウが手配してくれた。ありがとうございます!

Country Mile Motor Inn

海外経験乏しいものにとって、宿の写真一つ見るだけでワクワクしてくる。

いろんな段取り、海外経験豊富なメンツが着々とこなしてくれて、とても助かる。

FORBES行きのメンバーの皆様、ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月19日 (日)

おめでとう!松っちゃんマン!!

松っちゃんマン、結婚式!
親戚のみのお食事会に友人代表として家族で参加してきた。
場所は蘇州園。入り口はこんな感じ↓
Sosyuen
いいところだった。料理がかなり美味かった。スタッフもきちんとしてて美人が多かった(写真撮り忘れた。。)。敷地内にチャペルもあって、神父さんもgoodだった。

披露宴というわけではないので余興等はなかったが、新郎新婦が一人一人とゆっくり話ができるようなほのぼのとしていい感じのお食事会だった。お相手の友人代表のお姉さんがいいキャラでおもろかった。

では、お二人の写真を披露↓
Matsuda

末永くお幸せに!

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2006年11月18日 (土)

七五三

次男坊、数えで5つ、ということで行ってきた。堺のおばあちゃんちのすぐそばの百舌鳥八幡。ホントは11/15、今年は平日なのでその前の先週(土)に行く予定が雨だったため1週間延期した。同じように考えたのか15日過ぎたのにけっこう人が多かった。

結婚式場にて衣装をレンタルして家族写真を撮った後、お宮さんへ。
袴の背中の絵が立派↓、お隣はいとこの花ちゃん。
Back2

しゃんしゃんしゃんとやってもらって、
Syansyansyan

おみやげゲット、何が入ってるかなぁ。。
In_the_bag

中身はこんなの↓と絵馬。これで5千円。
Omiyage

絵馬に願を書き込んで、、
Ema

いいのか?こんな願掛けで。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月17日 (金)

11/16のメニュー

5周

先週、アイシングをする前にうたた寝してそのまま朝まで。なのでちょっと心配しながら走り出したが、悪くはなってない。でも決して良くもなってない。やっぱり5周で右膝に違和感。で、昨日、またアイシングをする前にうたた寝してそのまま朝まで。こんなことしてたらアカンわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月15日 (水)

昭和歌謡大全集

Syouwakayou 『昭和歌謡大全集』 村上龍 幻冬舎文庫

以前集計したランキングでは14位、そこそこの評価。この作品の登場人物が近作「半島を出よ」にも出てくる。先に「半島~」を読んでしまった。どちらも未読の場合は、こちらを先に読んだほうがいい。タイトルのイメージと内容はまったくそぐわない。とにかくめちゃくちゃ。ストーリーがめちゃくちゃというよりも、文章というか表現が1つ1つめちゃくちゃ。このパワー、イマジネーションには圧倒される。プロフェッショナルだなぁと思う。

あとがきから抜粋
何かと引き換えに、退屈を選んでしまった人間達なんか小説にしてもしょうがない、といつも思っていたのだが、いつだったか調布で暗い目の青年が買いものをしているおばさんを突然つきとばすのを見て、この「昭和歌謡大全集」を思いついた。

まさにそんな感じ。

文中からも抜粋
「・・・、おばさんを殺すというのが気に入った、よく言うだろう、人類が滅んだ後に残るのはゴキブリだって、それは違う、おばさんだ」

個人的にはたいへん気に入ったけど、あんまり人には薦められない。

評価:9点
ただし、お薦め度:7点

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年11月13日 (月)

11/13のメニュー

1500+Br50×4本+Brキック50×4本+Br50×2本+Fr50×2本+ダウン50
=2150

月はswim、木はjog、予備日としてswimは火、jogは金、と決めた。しかし、月からこんなにしんどくて1週間大丈夫かな。まあメンタルストレスは月が一番少ないからいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月12日 (日)

11/12竜門

北風強く、午前中は雨も。
2時くらいから風も落ち着き、ツノありでもTO可能レベルに。
ただし、やっぱり風が強かったらしく、TOしてから1000弱まで上がりながらもほとんどまっすぐ飛んだだけの約40分のぶっ飛び、ってうちの奥さんは言ってた。

私はランディングにてチビたちと鬼ごっこ、長男坊とサッカー、キャッチボール、とかなり体を動かした。で、帰りは運転を奥さんに任せて車中で爆睡。子守もかなりいい運動になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月11日 (土)

パラ日本選手権結果

11/3~7、西富士にて開催されていたパラの日選、3本成立したようだ。
41km、51km、62kmの3本。距離だけ見るとハング顔負け。参加人数63人、全タスクともゴールが出て、トップのタイムとゴールした人数を見ると、順に1時間13分で34人、2時間3分で14人、2時間11分で14人。かなりいい感じ。私が昔から希望している、トップのタイムが2時間を越えるレース。ハングの世界ではこれがなかなかできない。今回の足尾でもイタサンが言ってた、選択肢を増やさないようなタスク、賛成だ。選択肢が多い=難易度が高い=ゴールしにくい=つまらん。オーストラリアでのタスク、今から楽しみだ。スタートとゴールだけが決められたストレートタスク、あるといいなあ。日本では春の板敷に期待したい。次回は日本選手権でもあるし郡山ゴールの復活、あるといいなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年11月10日 (金)

空港にて

Kuukounite 『空港にて』 村上龍 文春文庫

短編集。村上龍が三十年に及ぶ作家生活で「最高の短編を書いた」という「空港にて」、という触れ込みに惑わされた。これで最高というのなら短編はろくなものがないということかな。

以前集計したランキングでも28位。まあそんなもんだろ。

でもところどころ、らしさが出ててよい。1ヶ所だけ抜書き。

普通の人は、一生、普通の人生というカテゴリーに閉じこめられて生きなければならない。そして、普通という人生のカテゴリーにはまったく魅力がないということをほとんどの人が知ってしまった。そのせいで、これから多くの悲劇が起こると思うな。

評価:4点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 9日 (木)

11/9のメニュー

5周

先週は飛んでたので1週空いてしまい、今日も5週で止めといた。右膝もなんともないわけでもない。7周ぐらいに増やしたいところだけど、じっくり、焦らず、今はブレーキ。石橋はしっかり叩いておこう。

カテゴリーを増やしてみた。右膝破壊ですぐになくなるかもしれんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 8日 (水)

世界の日本人ジョーク集

Nihonjinjoke 『世界の日本人ジョーク集』 早坂隆 中公新書クラレ 2006年1月刊

現在、新書部門でベストセラー1位。近々海外に行くというタイミングとも合って読んでみたが、期待外れ。もっとブラックなのを期待してたから。

Nヤンの感想はこちら

ジョークの合間に雑学知識やらエピソードやらが書かれてあって、そちらの方がおもしろかった。

そんな雑学を抜書き。

アメリカの航空機や宇宙機器には、東京の大田区にある北嶋絞製作所という会社でしか作ることのできない部品が使用されている。ここで製作されるロケットの頭の部品がなければ、アメリカのロケットは飛ばない。さらに、アメリカのスペースシャトルや人工衛星の溶接を引き受けているのも、電子ビーム溶接という世界で唯一の技術を持つ日本の東成エレクトロビームという中小企業である。/また、携帯電話の小型化に必要だったリチウムイオン電池のステンレスケースを細く絞る技術は、世界でも東京の墨田区にある岡野工業株式会社にしかない。・・・もう一つ、ユニークな例を挙げる。サッカーのワールドカップや国際Aマッチなどで審判員が使うホイッスル。この製造を一手に担っているのが野田鶴声社という日本の企業である。同社のホイッスルは音色、耐久性ともに世界的に最上級の評価を受けていて、ヨーロッパを中心に各地で使用されている。

イギリスでは、日本軍による英軍捕虜虐待問題が、原爆や真珠湾攻撃と同等かそれ以上のイシューとして今でも取り扱われている。第二次世界大戦中、タイ・ビルマ国境で英兵など約6万人の捕虜が、泰緬鉄道建設のために強制労働を課せられた問題である。イギリスメディアではこの捕虜問題が現在でもたびたび俎上に載せられているが、日本ではそれほどメジャーな問題としては取扱われていない。

ジョークを1つだけ紹介。

トウキョウの企業に勤めるトムが、上司のところに行って、「すいませんが、1日お休みをいただきたいのですが」と言った。すると、日本人の上司は表情1つ変えずに口を開いて話し始めた。「そうか、1日休みが欲しいって言うのか。では、ちょっといくつかのことを確認してみようか?/1年間は365日、52週ある。週に2日は既に休みだ。それを引くと残り261日(=365-52×2)が労働日だね。/1日16時間は仕事をしていないわけだから、この分174日(=261×16/24)を引く。そうするとたった87日(=261-174)しか残らない。/君は毎日30分間、コーヒーブレイクを取っているから、計算すると1年間に23日分(=365×0.5/8)休んでいることになる。そうすると残りは64日(=87-23)だ。/それから毎日昼休みが1時間あるから、また46日分(=365×1/8)は引くことになる。これで残りは18日分(=64-46)だ。/そして君は平均すると年にだいたい2日は病欠をするよね。それで残り16日間(=18-2)になる。毎年祝日で7日休みがあるから、残りは9日(=16-7)ということになる。/最後に、うちの会社は社員に8日間の有給休暇を与えているから、残りはたった1日(=9-8)だ。その1日をまさか君、休みたいなんて言うんじゃないだろうね。」

評価:4点

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006年11月 7日 (火)

11/7のメニュー

1500+Br50×4本+Brキック50×4本+Br50×2本+Fr50×2本+ダウン50
=2150

メニューはいつもどおり。いつまでもくよくよしててもしょうがない、とっとと日常に帰るべし。特にメンタルにダメージを受けてるときは体を動かすのが一番。
しかし、Brはいっこうに楽にならん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 6日 (月)

世界への切符

届かず。

足尾戦前の状況は、
2007年8月テキサスでのHG世界選手権への日本代表の枠は6つ。
すでにチビヒロシがプレ世界戦にてワイルドカードをゲットし、残り枠は5つ。
足尾前のランキングでは、トノヤン、板さんが当確、残り3つ。
計上ポイントが2つしかない大門さんは今回の足尾が成立すれば間違いなく上位に入ってくるので当確扱い、残り2つ。
少し点差を開けてリードしているため鈴木君はミスさえしなければほぼ当確、残り1つ。
この最後の枠を競う面々は、ランキング順で、私、マツ、ミノル、ミッチー、桂さん、・・・

足尾3日目終了時点でデイクオリティ合計が1に届かずトップが500点台で上位陣にほとんど点差がない。

最終日、すべてが決まる。

最終日、25人ゴールというスピードレースとなった。ゴールにマツ、ミッチー、桂さんの姿がない。どうやら私とミノルの争いのようだ。私は12番目のゴール、遅い。ミノルはスタートを10分遅らしての3番目ゴール、速い!

足尾戦前でのランキングにおける私とミノルとの差、4点弱。今回の足尾のポイントで上書きしたい手持ちの最低ポイントは私が約41点、ミノルが約45点。つまり2人とも45点以上のポイントが取れると仮定した場合、私が約4点リードをしているに相当する。したがって、合計8点弱のリードがあることになる。

最終日のスピードの差が、順位にどう反映され、ポイントで何点差になり、この8点差がどうなるのか?

 

ゴールにて、ミノルと握手。

私   「結果どうなるかなあ」
ミノル 「悔いはないッス!」

かっこええなあ、ミノル!
こっちは悔いだらけやで。

この時点で勝負あった、って感じ。

 

結果、最終日デイリートップを取ったミノルが総合2位、私は7位。
ポイントが計算された結果、2年をかけた、約300点での戦いにおける、0.2点差。

でもそこには歴然とした差があった。
片や、このフライトですべてが決まるという状況で悔いのない飛びのできる奴、
片や、鈴木、大沼、外村、平林と同じ集団で一番高い位置で最後のパイロンをクリアしたにもかかわらず、ファイナルグライド直前のリフトで上げそこなうという、チャンスを掴めない奴。

この差を少しでも埋めるべく、オーストラリアで修行だ!

 

しかし、、かなり、、、悔しい。。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2006年11月 5日 (日)

足尾最終日

足尾最終日

TO→猿→燕→猿鉄塔→ジャスコ→ゴール4、42km。大量ゴール。写真はゴールのエアポート、気持ちいいゴールだった。トップゴールはD門さん、優勝。問題の世界選代表はMると私の争いで結果待ち。さあ、どうなるか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006年11月 4日 (土)

足尾3日目

TO→猿→雨引→つくば→ジャスコゴール、39km。トップはTヤン、唯一雨引とる。魂軽すぎ。私はかろうじてミニマム。リフライト組が雨引近辺までいっぱい行って順位下げたかな。

泣いても笑っても明日が最終日、がんばるでぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 3日 (金)

足尾2日目

今日はがんばった。TO→つくば→ゴールデンレークス→下館カントリー→ゴール4、48km。ゴールなし、トップ41km、私。つくばの後、TO横の猿壁をみがきたおして復活。

明日もがんばるでぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 2日 (木)

足尾初日

予報が悪かったから飛べんやろうと思って油断してたら競技成立した。TO→猿→雨引→日コンそばエアポートゴール、約35km。

ぶっ飛んだ。リフライトしてかろうじてミニマム。ゴールはなし。トップはH林、ゴール手前7km。

明日はがんばるでぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年11月 1日 (水)

いざ足尾へ

いざ足尾へ

大津SA 20:30
面子は、Tヤン、Sボン、Hおか、Uッシー、私。現地でI手女王合流。

さぁ、いくでぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »