« マグノアウベス! | トップページ | 史上最悪の干ばつ、1000年に1度 »

2006年11月27日 (月)

時生

Tokio 『時生』 東野圭吾 講談社文庫

「手紙」が売れに売れているせいで東野圭吾の本が全般的に売れているのか、この「時生」、かなりの本屋で品切れだった。

mixiで「今日読み終わった本報告部」というコミュニティに参加してて、その中に「東野圭吾の本でおすすめは??」というトピックがあり、そこで多くの人からおすすめされていたので、わざわざ本屋を何軒も探して入手した。

おもしろかった。睡眠時間に当てる予定だった東京行きの新幹線の中で寝るのも忘れて読みふけりラストを迎えてしまって、月曜の朝っぱらからボロボロ泣いてしまった。

タイムスリップものなのでリアリティはないんだけど、この作家は上手い。またすぐに東野圭吾の本を買ってしまった。。

タイムスリップものはちょっとずるいので10点は付けない。

評価:9点
感動度:10点

|
|

« マグノアウベス! | トップページ | 史上最悪の干ばつ、1000年に1度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/17887/4337486

この記事へのトラックバック一覧です: 時生:

« マグノアウベス! | トップページ | 史上最悪の干ばつ、1000年に1度 »