« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月30日 (火)

女性歴代1位!13年連続トップ10入り

アムロちゃん、TOP10連続年数女性歴代1位に!

新曲「Baby Don't Cry」、TV出演が相次ぐ。
今週、2/3(土)「CDTV」TBS系/深夜24:55-25:40
来週、2/5(月)「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」フジテレビ系/20:00-20:54

すでに終了、先週、1/26(金)「ミュージックファイター」↓

PVは→こちら(リンク切れしてたので再設定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月29日 (月)

1/29の泳メニュー

1500+Br50×1本+(Bu+Fr)50×3本+Brキック50×4本+Fr50×4本(1分15秒サークル)+ダウン50
=2150

Brは1本泳いだだけで、腰が。。しばらくBrは凍結。キックだけなら大丈夫なのでBrのキックだけは続けよう。最後のインターバル4本、先週1分10秒サークルはきつかったので、1分15秒に。これもきついけどきつくないと練習にならないので、とりあえずしばらくはこれでいこう。最初の1500、タイムをチェックしてみた。26分30秒くらい、1500を数え間違えてなければ。1500って数え間違えるよなあ→残念、でも次は日本記録出せるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月28日 (日)

1/27竜門

西北西、曇りのち晴れ、雲底1550。

タスク:TO→大池(船戸と近大の中間くらい)→北山(ホテルから尾根づたいの小山)→船戸→竹房

いいタスクだった。ゴールは順にヒローカ、ミノル、サダボン。先頭を走るシショーはランディングでのお仕事があるので最後の船戸は行かず井坂でリターンし竜門L。

13時過ぎ、ヒローカ、オガサワラさんが出て渋いながらも上げ始め、13:30ミノルに続いてTO。右に行って上げるべきところ、パイロンに近いし寺山のパラのガグルで上げようとそちらに向かうも、そっちは終了してしまいTO下へ戻ることに。牛小屋レベルになってしまい、やってしまった。。何とか上げるも完全に出遅れた。

いつの間にかオガサワラさんもすぐ上にいて、出遅れ組グライド開始。西北西の風がそこそこ吹いていて進みが悪いもののリフトは豊富で何度か上げ直しながら続々と大池をリターンしている。きっちり上げきらずに動いてしまい、700切って大池リターン。だらだらと弱いリフトで流されながらTOへ戻り、北山から帰ってきたサダボン、ミノルといっしょに雲底、14:50。北山ぶっちしていっしょに船戸へグライドしたいなあ、という気持ちを抑えてジュウイチ、ノトヤンと北山へ。沖経由のオガサワラさんから北山リターンの無線、沖が良かったか。。

北山からTOへは楽勝で帰って来れたが、本日終了。晴れてはいても風が落ちてリフトもなくなり、TO前、寺山とみがきたおして16:30頃LD。

オーストラリアよりコントロールがきつかった。おそらくいっぱい着込んでいるから。手も寒かった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月27日 (土)

Forbes復習(その1)

個人的に1番高い点が取れたTask5、SeeYouでトップ5といっしょに飛ばせてみた。
おもしろかった。

Task5map_1
黄色がゲロルフ、リターンからしばらくコースが違う。
赤が私、残り1/4でトップグループとコースが離れてしまっている。飛ばせてみると結構いっしょについて行ってた。残り1/4で違うグループにくっ付いてしまったらしい。全般的にサーマルからの離脱が遅かった。

以下、参考データ
Task5_2

SeeYouから以下のデータを拾って比較してみた。
 Vario:クライム時の平均上昇率(スタート前も含む)
 Ave.Speed:グライド時の平均対地速度
 Mean L/D:グライド時の平均滑空比
それぞれでベストな数字を黄色、ワーストな数字を灰色で着色。
(Oliの数字はちょっとおかしい)
ミノルはスピード出し過ぎ。私は上昇率が悪い。サーマルからの離脱が遅いのと残り1/4で早い集団と離れてしまったことが原因と思われる。ISRのIlanはスピードが速いわけでもなくL/D値も低いのに3位でゴールしている。グライダーではなくウデやね。

こんなの見てると、また海外のレースに出たくなってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月25日 (木)

1/25の走メニュー

7周

先週、5周もたんかったのに。今日も3周終了時点で右膝に違和感あり。今シーズンはもうあきらめてたので痛くなるまで走ろう、と思ってたら、痛くならんかった。とはいえ違和感も消えず。でも7周走れた。まだいけそうだったけど、いきなり距離を延ばしてパーにしてしまってももったいないので7周でやめといた。とりあえず、今シーズン最長。う~ん、よーわからん。どないなっとんねん、ちんとんしゃん。

ただ、走り終わってからのストレッチのとき、膝の屈伸運動がえらく痛かったのが気がかり。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月24日 (水)

1/24の泳メニュー

1500+Br50×2本+(Bu+Fr)50×2本+Brキック50×2本+Frキック50×2本+Fr50×4本(1分10秒サークル)+ダウン50
=2150

Brを2本でやめたのは膝よりも腰が心配だったので。どうも泳ぎたいフォームは腰に負担がかかるようだ。フォームが悪いわけではなく、腰周りの筋肉が弱いんだと思う。最後の50×4本では先週1分サークルがきつかったから1分10秒にしてみたが、まだきつい。来週は1分15秒にしよう。

泳メニューとか走メニューとか、ブログ見にくる人はつまらんだろうけど、まあ私の日記だから。身体のメンテナンス帳でもあるし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月23日 (火)

神様からひと言

Photo_6 『神様からひと言』  荻原 浩  光文社文庫

サラリーマン小説。食品会社のお客様相談室が舞台。クレーム処理をおもしろ可笑しく。。

「上にしがみついて、下を蹴落とす。それが出世ってもんだ。上司にペコペコ、スリスリ。部下にガミガミ、ネチネチ。他人に厳しく、自分に甘く。そういう人間が出世するのよ」
↑ストーリーには直接関係ないがおもしろいと思ったので。当たらずとも遠からず。。

ユーモア満載でおもしろかったけど、ただそれだけ。
この作家はもういいかな、興味があるのはあと1冊くらい。

評価:7点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/22 不惑

Photo_51
何本?
どんなケーキかわからん。。

こんなケーキ
Photo_52

家族からの誕生日プレゼントは、
Photo_53
昨日、おみやげ買うついでに買ってたらしい。
1つはフロントガラスに貼り付けるか。。

大台やで。。
子供となんら変わらん。。。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2007年1月22日 (月)

1/21 USJ

前日の天気予報では晴れるということだったので竜門に行く予定だったが、朝起きてチェックするとどこの予報からも晴れマークが消えていたので竜門キャンセル。いきなり、じゃUSJに行こう、と言い出され、日曜に行くもんじゃないやろう、下調べを何にもしてないのに、とかぶつぶつ言いながらも、しばらく1人で海外で遊んできた私に拒否権はない。ちょろっとネットで調べて、寒い時期は閑散期、というどっかの書き込みを信じて行くことに。

10時開園なのに、到着は10時半。チケット売り場で並ぶこと約1時間。あまりに無計画だからこんなことに、とは思っても今日は愚痴も少なめに。
待ち時間にとりあえず1枚
Usl

今回で3回目。次男坊は初。私のお目当ては「スパイダーマン」。
入場後、一目散にスパイダーマンを目指すも、安全装置が作動したとかで運休中。なにぃ?! 時間がもったいないのですぐ横の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に。110分待ち。なにぃ?! 閑散期じゃないのか?でもこのアトラクション、私の中でのランキング1位なのでそのまま列に突っ込む。久し振りとはいえおもしろかった。

次の狙いは「シュレック」。80分待ち。並ぶのはうんざりしてたので、通りすがった「ターミネーター2」の35分待ちに引かれてしまい、そっちを選択。これも2回目だけど内容はすっかり忘れてた。まあぼちぼち。

次こそ「シュレック」に。えっ、終了?同じ場所で「セサミストリート」もやるので半日で終了とのこと。ここで「スパイダーマン」再オープン。70分待ち。今回のお目当てなのでトイレも昼飯もガマンして並ぶ。
Photo_48
楽しかった~!ランキング1位だな。

ようやくお昼を食べることに。といってももう16時。この時期は18時で終了なのでガツガツと急いで食べる。
3000円以上するピザ
Photo_49

時間的にあと1つ。「ジュラシックパーク」にするか「セサミストリート」にするか。次男坊にとってはこわいものが続いたので「セサミストリート」を選択、70分待ち。まあ子供向けやね。

以上、4つクリア。お気に入りの「バックドラフト」に行けなかったのが残念。
最後にグルッと1周して記念撮影など。
Photo_50

おみやげ買出しして19時にゲートを出た。
やっぱり日曜は避けた方がいい。ジェットコースターのようなものが建設中で今年お目見えらしいが、まあ次に行くのは1年後以降だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月20日 (土)

ポイントランキング

ミッチャンからの直々の催促もあり、関選(改め、紀ノ川スカイグランプリ)のエントリーをした。すでに西富士が成立しているのでポイントランキングには出遅れてしまったが、豪にてポイント以上のものを得てきたので気にしない、気にしない。

昨年作った表を更新した。ランキングの推移。

2006

ようやく2年続けてのAシード入りを達成できた。そのAシード、メンバーに新顔なし。新顔どころか、カツラ、オーヌマのベテランが返り咲いた他は2年連続。固定化状態やなあ。。ではBシードは?シノヅカ、タカナミ、ワダッチが圏外からランクイン。ワダッチは実力的にはAシードなんやけどなぁ。タカナミもまだまだ上にいけるだろう。若手が少ないのが寂しいが、それだけ若者にとっては難しいということか。でも決して無理なことではないはず。ミッチーのようにいきなり上位にランクインする事例もあるわけだから。Aシードの年齢構成、50代が2人1人、40代が3人4人、30代が2人、20代が3人。若手の奮起が望まれる。

(ミッチャンから指摘を受けました。50代はトノヤンだけですね。誰のことを間違えたのかはナイショです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月18日 (木)

1/18の走メニュー

4.5周

走り初め。でも5周もたんかった。3週空けての4週ぶり。原因はこのブランクのせいではない。故障中の右膝、オーストラリアにてランディングでのミスにより、2日続けて地面で強打。これが今だに痛い。外傷による痛みとジョグによる痛みは別だろう、と走ってみたものの、、ダメだった。昨年末、6週まで大丈夫だったことを考えると、やっぱり打撲が悪影響を及ぼしていると思われる。今シーズンはダメだ、目標9週には届きそうにない。やむをえまい。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007年1月17日 (水)

「悪童日記」三部作

Photo_3 Photo_4 Photo_5

『悪童日記』 『ふたりの証拠』 『第三の嘘』 アゴタ・クリストフ ハヤカワepi文庫

ちょっと前に「悪童日記」だけで記事を書いたが、これは三部作で一作品と捉えた方がいい。かなり圧倒された。読み進むにつれて話がややこしくなってくるが、そんなことはおかまいなしに、時をおかずに3冊一気に読んだ方がいい。

「われわれは皆、それぞれの人生のなかでひとつの致命的な誤りを犯すのさ。そして、そのことに気づくのは、取り返しのつかないことがすでに起こってしまってからなんだ」

評価:9点

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月15日 (月)

1/15の泳メニュー

1500+Br50×2本+Fr50×2本+Frキック50×4本+Fr50×4本(1分サークル)+ダウン50
=2150

2週抜けて3週ぶり、しんどかった。なのに50×4本のときにサークルを設けて、しかも1分は無茶だった。次回は1分10秒サークルにしよう。豪で強打した右膝が痛く、Brは2本でやめといた。左肩はまあなんとかなってるが右膝は痛みがとれない、、こりゃあ、走れそうにないなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007年1月14日 (日)

Baby Don't Cry

New Single 2007.1.24 On Sale!!

ジャケ写
Babydontcry1

フルPV

関西テレビ・フジテレビ系列、火曜夜10時放送「ヒミツの花園」ドラマ主題歌

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2007年1月13日 (土)

Forbesまとめ(その1)

Oz Report によれば今回はかなり条件がよかったらしい。
そんな大会に参加できてラッキーだった。

ちょっと数字をまとめてみた。
タスク距離、ゴール人数(参加79人)、私のエアタイム(テイクオフからランディングまで)

1/3 Task 1 157.1km 37人 4h22m
1/4 Task 2 234.3km 50人 5h13m
1/5 (Cancel 106km     4h05m)
1/6 Task 3 179.2km 53人 3h46m
1/8 Task 4 237.1km 33人 4h26m
1/9 Task 5 176.8km 52人 4h59m
1/10 Task 6 126.6km 60人 3h25m

Task total 1111.1km

個人的にはTask4は169.8kmで終了、1/5は日本チームの106km練習タスクで0.7kmショート、
⇒ トータル飛行距離 1149.1km  トータルエアタイム 30h16m

たっぷり飛べた。

全選手のトラックログがここからダウンロードできるので、暇でマニアックな人はSeeYouで見たら楽しめるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月12日 (金)

1/11シドニー

11時出発でシドニーへ移動開始。
途中でブルーマウンテンにて観光気分
0_1
Photo_42

夕方、シドニー到着。ちょっと郊外に宿を決めた後、晩飯を食べに市街へ。セントラルステーションの駐車場に車を入れて歩いて街中へ。
セントラルステーション
Photo_43

チャイナタウンへ
Photo_44

今日のメニューはノマおすすめの中華しゃぶしゃぶ
Photo_45
美味かった!
辛そうな色のスープは辛い!モーリが大汗をかいていた。昨日の中華のマーボードーフで私が大汗をかいてたときは平気だったのに。

ボゴング参戦のジュウイチより、ハーネスがロストバゲッジにあうとの連絡があり、急遽モーリがハーネスを貸すこととなり、その準備をした後、モーリ1人みんなと別れて夜の街へ。さあ、どこへ行くのでしょう?コカコーラの看板のあるところ?
Photo_46

翌1/12朝の飛行機でオーストラリアをあとにした。
離陸直後の機内より望むシドニー
Photo_47

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007年1月11日 (木)

1/10レポート+閉会式

いよいよ最終日。北風がそこそこ吹いている。なのに南へ63.6km行って帰ってくるアウトアンドリターン127km。アゲンストの中、60kmも飛べるのか?でも10000feet上がるらしい。

パドックをローラーで地ならし
Photo_34

テイクオフ前、ノマをマッサージするマッスー。
Photo_35

今日初めてウィークリンクが切れた。強いリフトで持ち上げられてグライダーを抑え切れなかった。そのせいでそのまま上げることができてよかった。

メインゲートは1415。昨日集団で飛んで楽しかったので、今日もそれがしたかったし、帰りのアゲンストは集団で飛んだ方がいいだろうと思って、1400にスタートを切ることにした。先行しておいてトップグループに追いつかれてから行けるとこまでついていくという作戦。あっという間に追いつかれて15分のアドバンテージなんてなきに等しい。でもターンポイント折り返しまでは集団といっしょ、残り40kmくらいでサーマル1つ分、離された。残り20kmもないところのリフトで常に低く動いていたミノルといっしょに上げてファイナルグライドのつもりが予想以上にアゲンストもシンクもきつく残り9kmでもう1回上げ直すはめに。61人ゴールで26位。ミノルは13位。ちなみに3kmショートのマツはトップゴール狙いで集団の先を走るも残念。

ヒローカ初ゴール!
Photo_36

ゴールビールはうめぇ!
Photo_37

閉会式の前にいったん宿に帰って全員写真
Photo_38

宿のおばちゃんとも
Photo_39

閉会式は22時半頃から
ドゥルー・クーパーとヴィッキー
Photo_40

タグパイロットの皆さん、平均年齢高い
Photo_41

トップ10
10

ウィナーは日本でもおなじみのジョニー
(上の写真のヴィッキーさんの後ろの青年)

総合成績はこちら。32位で終了。ミノルは27位。
後の人の順位を知りたい人は成績表でチェックしてください。

マツとヒローカはボゴングへ連戦。いいなあ。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年1月10日 (水)

1/10速報

1/10速報

最終日ということでショートタスク。63.6kmをターンポイントとした127kmのアウトアンドリターン。でも、帰りはどアゲンスト。でも3000上がる条件のため、大量ゴール。ミノル、ウジーエ、ノマ、ヒローカ、マッスー、ヨコヤマの順にゴール。マツは3kmショート、モーリはゴールならず、宿題やね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/9レポート

今日もブルー。風も弱い。見るからに渋そう。なので300kmはやめてアウトアンドリターン177km。
タスクボード
Photo_28

1番機ヒローカ、ドーリーに乗る
Photo_29

マツ発射
Photo_30

今日のスタートは10kmEXIT。10km付近のサーマルでとどまりタイミングをはかる。1415のメインゲートオープンで一斉に発射、けっこう壮観。大集団で移動、なんとかついていく。ターンポイントまでの行きで半サーマルほど離される。帰りもその差が拡がらないように必死。けっきょくゴール手前30kmぐらいでまるまる1サーマル分、離された。でもそこまではかなり楽しかった。ずっと集団のケツにくっついていたのでグライドの勉強もできた。高い人たちはけっこうドルフィンを使っている。集団の中心にいたミノルはサーマル1つすっとばして低くなるまでグライドして先頭付近に出たらしい。男らしい。

ミノル、ウジーエに続いてヨコヤマOz初ゴール
Photo_31

その後、マツが2kmショート。ノマがパドックまで来たけどゴールラインに届かず。

集団においていかれてからは、なんとかゴールを、というモードに変更。53人ゴールで28番、700点ついたけど、総合では3つしか上がらず33位。結局5番で870点もついたミノルもそんなにジャンプアップできず29位、マツ37位。成績はこちら

今日は回収も素早く済み、晩飯は通称おばちゃんステーキ。
ガツガツと肉を喰らう
Photo_33

今日のフライトはレースに参加した、って感じがした。もっと集団の中に入り込んでミノルのようにレースを競えたらもっと楽しいだろうなあ。でも、かなり満喫できた。こんなフライトを重ねられたらそりゃあ上手くなるやろう、って感じ。あと1日しかない、、もっと飛び続けたいなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 9日 (火)

1/9速報

1/9速報

300kmの条件ではないらしく、88.6kmをターンポイントとした177kmアウトアンドリターン。ゴールいっぱい。日本チームはミノル、ウジーエ、ヨコヤマ、ノマの順にゴール。ミノルは3か4番目にゴール、すげえぜ。マツは2kmショート。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

1/8レポート

朝はなぜか寒い。長袖長ズボンが必要。夏なのに。。
その寒い中、なぜか洗車タイムが始まる。
洗車する若者
Photo_23
Photo_24

今日はブルー、max2000の予報。
Photo_25
それでもタスクは237km。真北に130km行った後、北東へ107km。
回収の段取り中
Photo_26

ドラゴンフライだけではなくトライクもある。私は今回はトライクは遠慮してるけど。
Photo_27

スタートゲートは15kmEXITで、1400、1415、1430の3回。トップ30は1415しか使ってはいけない。それ以前にスタートを切るとペナルティ、それ以降にスタートを切っても1415と計測される。

今日も日本人+αのレーンが設置され、出たいときに出れる状況なので、早めにテイクオフ。しかし1415が遠い。南風が強く、上限も1500程度のため、流されてはパドックに戻り、また上げながら流され、またパドックに戻り、を延々と繰り返す。しかも大ガグルのため、かなりつらい。左腕も痛いし、スタート切る前に疲れてしまった。

スタートをうまく切ったつもりがすぐにトップ集団にはおいていかれ、しばらくはマッスー、ヒローカと飛ぶ。そのうち先行していたモーリに追いつく。その後そこから抜け出し、ノマ、ミノルと合流。今日は日本人とかなりいっしょ。でもターンポイント手前でノマ、ミノルにおいていかれてしまい、ちょっと集中力が切れる。バラストを増やしたせいか、左腕がつらいせいか、コンディションのせいか、今日はコントロールがしんどい。かなりだらだら飛んだ後、ターンポイント上空で見知らぬ3機と合流し、やる気復活。2000まで上げて欲張ってがっつりグライドしたらそのまま降りてしまった。。

ゴールは33人。どうやら、出遅れ組はほとんどショートらしい。1400くらいにスタート切りたかった。30位というのが裏目に。。成績はこちら

明日は30位から落ちるので早めにスタート切ることにしよう。なんせ300kmの長丁場やから。。

今日こちらで初めてアウトサイドの回収をされることとなった。回収道路関係なく最後の最後までリフトを求めて飛んだため、な~んにもないところに降りてしまう。もちろん携帯は圏外。歩くこと1時間以上、ようやく家を見つけて、家の周りをうろうろ、それに気付いてくれておばちゃんが出てきてくれた。「Please help me」。電話を借りてショチョーに電話しようとするも、固定電話からの国際電話のかけ方を覚えてなかった。なのでVickiさんの携帯にかけてもらって事情を説明してもらう。Vickiさんからショチョーに連絡が周り、なんとか回収班と連絡が取れ、座標を伝える。ピックアップされるまで、そのおうちで待たせてもらうことに。ちょうど夕飯時で羊の放牧から旦那さんとおとっつあんが帰ってきた。気まずいなあと思いきや、あんたの分よ、と夕飯を頂く。オージービーフ、やわらかい。でも英語ができないからちょっときまずい食事、、ひととおりのことをしゃべると何も話せなくなった。。ちょうど食べ終わった頃、回収班到着、グッドタイミング。親切な方々でよかった。英語、勉強しないとなあ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/8速報

237km。ゴール40人くらいらしい。日本チーム、ゴールなし、残念。マツの19km手前が最高。私は67km手前。今日のフライトは全然イケてなかった、反省。もう3時前だけど悔しくて眠れん。。明日は300kmオーバーが予告されている。明日こそ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 8日 (月)

1/7読書など

夜に時間があったので、たっぷり読書できた。今回のメンバー、けっこう読書している。

一番目に付くのが同室のノマ、ちょっと時間があるといつも読書している、ちょっと意外だった。同じく同室のヒローカも寝る前は読んでいる。

お隣の部屋は、マツ、マッスー、カッキー。マッスーもよく読書姿を見かける。昨晩は浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」を読んで号泣したらしい。今日はフライト中に思い出して、涙でかすんでゴールが見えないかも、と言っていた。マツは日中は読書姿は見かけない。カッキーはいつも寝ている。ベッドにいないときは散歩している。

その隣の部屋は、ヨコヤマとミノル。この2人も日中は読書姿は見かけない。

その隣はショチョーとモーリ。モーリもよく読書している。

ちなみに部屋割りはあみだくじで決めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

悪童日記

Photo_2 『悪童日記』 アゴタ・クリストフ ハヤカワepi文庫

読書仲間のノトヤンの推薦、10点満点で20点らしい(大げさな、、)。

淡々と綴る文体が気に入った。村上龍にちょっと似てる気がする。強烈な双子が主人公なところが浦沢直樹の「MONSTER」をちょっと思い出させた。とはいえ、自分の読書履歴にとって新しい感じがしておもしろかった。

評価:9点
新鮮度:10点

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月 7日 (日)

1/7キャンセル

朝からどん曇り、午前中は雨もぱらぱら、風は強い、なのに3時からショートタスクだ、ということでしばらくウェイティング。でもやっぱり風が強くてキャンセル。

ウェイティング中に町外れのホームセンターまで行って巻物の鉛を9kg購入。ヨコヤマとシェア。それを1kgの板状にして、ハーネスに貼り付け。これまで日本では2kgのリストバンドを2つで4kg。こちらに来て水を2kg背負って計6kg。いきなりたくさん増やすのもしんどいので、かさばるリストバンドを1個降ろして鉛を5kg装着、計9kg。

上が鉛の板1kg×2枚、下がリストバンド2kg
2kg
ハーネスのバックプレートにガムテで貼り付け
Photo_21
これで明日からの戦いの準備終了。

昼から晴れてきたので、泳ぐか、といってもホテルのプールはこんな感じ
Photo_22
これはプールというより露天風呂だな。
近くにちゃんとしたプールもあるんだけど、今日は左腕が上がらないんだった。
今日のキャンセルは私にとってはちょっと助かった。

午後は各自、思い思いに過ごす。読書に、昼寝に、ワインとチーズを囲んだり、ネットしたり、、
18時からはHQでBBQ。タダ飯、ありがたい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/6ゴール55人

強風のため、日本人およびトーイング初心者はボビーさんに引っ張ってもらえ、ということで特別レーンを設けてくれた。ちょっとかっこ悪いが、メインのレーンに比べれば人が少なくておまけにタグパイロットはボビーさんだし、高待遇。明日からもこれだといいなあ。
日本人レーン
Photo_18
メインのレーン
Photo_19

タスクはフォロー側へ1パイロンかましてのドッグレッグ、179km。パドックのサーマルも強風でつかみにくい。そのうちゲロルフたちきれいどころと同じサーマルになり、好機到来。上げではそんなに差がないのでとりあえずくっついて行くことに。ゲロルフ以外にもたくさんいるトップ集団。でも次のサーマルで上げきった後のグライドで差がつき、次のサーマルで上げそこなって完全に集団から離脱。1人旅に。。グライドで速度を出しすぎると明らかに他機よりアシが悪い。おそらくウェイトが足りないと思われる。キャンセルの日があるようなら鉛を買いにいかなくては。

1人旅とはいえ、途中で何機かと出会ったり別れたりしながら、何とかゴール。
ゴール55人中36番、相変わらず遅い。。トップが2時間20分のところ3時間かかった。。
でも総合では順位が上がった。マツ25位、ミノル29位、私30位。トップ30に戻れた。結果はこちら

ゴールも強風で慎重にアプローチしたのに、最後の持ちかえで空振ってしまいあおられてそのまま地面に頭から突っ込んでしまった。グライダーはたぶん大丈夫。肩と膝を強打。左腕が上がらん。。ホテルに帰って3部屋分の氷を使ってアイシング。

今朝、1台パンク。ホテルの横がタイヤ屋さんですぐに交換&タイヤ修理完了。回収中にもう1台もパンク。こちらはスペアタイヤで走ることに。なので帰ってきたのはまたまた午前様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月 6日 (土)

1/6速報

1/6速報

179kmタスク、ゴールいっぱい。日本チームはノマ、ミノル、マツ、ウジーエ、マッスーの順にゴール。パドックでゲロルフと同じサーマルになって、これはラッキーと思いきや、あっさり2サーマルぐらいでおいていかれた。やれやれ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/5日本チーム練習

キャンセルだけど、日本チームは回収の練習も含めて自主トレ。53km先のパイロンをターンポイントとしてアウトアンドリターン106kmタスクをセット。

今日初めてペグを地面に打ってロープで係留
Photo_16

タスクセットの読みとしては、行きはフォローでターンポイント取ってからは戻れるだけ戻ろう、という感じだったけど、実際はクロスウィンド。なので行きもそんなに進まず、帰りもがんばったら戻れそう、てな感じでがんばって飛ぶはめになった。で、4時間以上飛んでしまって疲れた、、レストデイだったのに。。ミノルは飛ばず、マツはトーでテイクオフしただけですぐに降りた。なので練習タスク参加は6人。

結果、ゴールはノマのみ。私は700mショート。
見えている小屋がゴールのパドックの駐機庫
700m

またやってしまった、コースのフォロー側に入ってしまって最後はアゲンストに向かうことになり、ファイナルグライドの読みもちょっと甘かった、練習でよかった。。

今日は上げきってからがっつりグライドして何度も降りそうになりながら飛び続けられていい練習になった。あとはガグルで動く練習だ。

HQで2日間の全員のトラックログをもらい、夜にSeeYouでトップ6人くらいを飛ばせて見た。やつら低くならない。想像していたイメージとしてはがっつりグライドして低くなってからいいサーマル見つけて上げきってまたがっつりグライドする、と思っていたけど、低くなんてならない。雲の下をうまく使ってグライドし、そのグライディングテクニックもすげえということか?

カッキーがボビーさんにドラゴンフライに乗っけてもらってた。
いいなあ
Photo_17

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年1月 5日 (金)

1/4写真など

どこまでも飛んで行けそうな空
Photo_14
セットされたタスクも200kmオーバー。いいねぇ。

max3000上がった。またテイクオフ出遅れた。スタートの位置取りも悪く、きれいどころとちっともいっしょに飛べない。ガグルで動きたいなあ。1人になることが多く、キープハイで動いてたので途中降りそうになったのは1回のみ。でもタスクが長いからといってスピードを意識して飛ばないと順位は上がらない。51人ゴールで44番目、450点ない。。トップは3時間12分に対して4時間半以上かかってしまった。。総合でもトップ30から落ち、マツ31位、私33位、ミノル35位。結果はそのうちこちらにアップされるだろう。

まあ遅いゴールだけどゴールビールはうめぇ。
Photo_15

ヒローカはアップライト破損のみ、その交換が現場でできなかったらしく回収班に。

タンブリングの件、シュートのみが落ちていくのは目撃した。なぜシュートがつながっていなかったのか、カラビナが破損でもしたのか、詳細はまだ聞いてない。ブリーフィング前にHQに来てアップしているので。ノルウェイオーストリアのパイロットのようだ。

追記:
タンブル後、なぜシュートが離れてしまったかの原因はいまだ不明とのこと。ハーネスが壊れてしまっていたらしい。とりあえず、今日はキャンセル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 4日 (木)

1/4速報

ターンポイント1つとってからゴール、234km。ゴールは昨日よりいっぱい。日本チームは、ミノル、私、マツの順。ノマが5km手前、マッスーが10km手前。ヒローカがロックアウト、パドックにフォローで戻ってきて、クラッシュ。体は無事、グライダーの破損の程度は不明。タンブル1件発生、パイロットはダメらしい。
回収終了22時半、さあこれから250km帰りますか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

1/3詳細

GPSにウェイポイントをダウンロードしてパドックへ。
GPSを手に並ぶ光景は日本といっしょ
Gps

我々日本チームのCレーン
C

おとなりはきれいどころがいるBレーン
B_1

パドックから15kmEXITスタートで157kmのストレートゴールタスク。パドックでの風向きがころころ変わり、あっちへ移動したりこっちへ移動したり。。トーレーンに並ぶのが遅れてしまいテイクオフがほとんど最後のグループになってしまい、パドックを離れるのは日本チーム最後になってしまった。反省。

スタートする頃にはガグルも崩れてしまい、2、3機で飛ぶはめに、、さびしい。。しかもすぐに1機になってしまった。オーストラリアまで来てなにゆえ1人で飛ばなあかんねん。レースがしたかったのに。。

どうも今日は渋いみたいで、サーマルはマイルドで日本とぜんぜん変わらない。とはいえどこまでも雲は続いていたりしてやっぱり日本より条件はいい。高い高度では雲を見ながら、低い高度ではトリガーになりそうな所を狙って、それらがけっこう思うようにいって楽しかった。でも1人なのでスピードは上がらない。

途中からコース上に雲がなくなり、雲のある南側にシフトせざるを得なくなり、ついにゴール40km手前2000で雲のないエリアへ突っ込むことに。たまにパフができるのを確認してたので、そのタイミングに合えばいいなあ、と思いながらグライド開始。思いのほか北東風が強く、クロスウィンドの中進みも悪い。たまに出会うリフトで高度を稼ぐもゴールと離れる方向へ流され、それを繰り返すうちにフォロー側からゴールへ向かうこととなり、なんとかゴールのランディング場に辿り着くので精一杯で240mショート。

まあ、初日を無事にクリアし、ミノルの回収にも付き合い、1日にやるべきことの要領を得たので明日はもうちょっとましなフライトができるだろう。

翌日の成績発表で、ゴールが認められてた。シリンダーやったんかなあ。なんせ英語がわからなくてルールがよくわかってない。まあとりあえずよかった。36人ゴールで30位、トップ30に入れたぜ。マツは26位。成績表はこちら

ミノルの回収
車が入っていけないので行ってきまーす
Photo_12
かなり遠かったようで帰ってきたら真っ暗
Photo_13

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

1/2写真など

レジストレーション時にGPSへのダウンロードのはずが、現在進行形で、ゲロルフとアティーラが鋭意作成中。Photo_9

オレッグにからむ日本人
Photo_10

競技委員長のドゥルー・クーパー
Photo_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 3日 (水)

1/3速報

1日目速報

157kmストレートゴールタスク。ゴールいっぱい。日本チームではマツのみゴール、私はゴールのランディング場まで辿り着くも、ゴールラインに届かず、無念。ミノルが20km手前。後の人は聞かないで、って感じ。ミノルの回収終了が21時、晩飯にありつけたのが22時、今23時で帰ってる途中。日が変わる前には帰り着けそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 2日 (火)

レセプション&ブリーフィング

レセプション&ブリーフィング

パンと肉とソーセージと野菜、食べ放題。ブリーフィングが30分くらいあって、ドゥルー・クーパーから説明があったけど、、英語がまっっったくわからず、かなりショック。ホテルに帰ってからノマ様にミーティングを開いてもらう。まあ、なんとかなるだろう。

早く、飛びてぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/2曇りときどき雨

朝から雨が降ったりやんだり。なんだよぉ。
結局フォーブスでは練習できなかった。
今日はレジストレーション。受付は終了したがウェイポイントダウンロードがまだ。なにかセットアップが長引いているみたい。

ヘッドクォーター
Hq

一度宿へ帰って、昼飯。メニューは買い出したチキン。
Photo_8
2_1

ヘッドクォーターで無線LANがOK。助かる。。
Hq2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年1月 1日 (月)

12/31Rylstone→Forbes

今日はきっちり6時にエアーポートに。各自自分のグライダーにて4~5本練習してエアートー仕上がった。ボビーさんに引っ張ってもらうときはノープロブレム。他の人に引っ張ってもらうときに途中で切られたり自分からリリースしたり、ちょっと難しかった。それだけボビーさんが上手いってこと。
ちなみにエアートー練習費は305AUS$

写真はヒローカ
Photo_5

10時に朝練終了し、Forbesへ移動、3時間ちょいで到着。とりあえずショチョーの予約してくれていたホテルにチェックイン。その後、町で、ATMでの現金の引き落とし、スーパーでの買出し、晩飯をこなす。中華料理屋が何軒もあり、ショチョーの知っている店に。これまでバーガー三昧だったせいもあり、結構美味しく感じられたり、値段もそんなに高く感じなかった。ちょっと金銭感覚が麻痺してきたかも。。いろんなものが高くて、、というより円が安いようですべてのものが高く感じる。

レイルストンで何回か食ったバーガー屋、おねえちゃん美人
Photo_7

フォーブスの町でATMにむらがる日本人
Atm

食後にネット接続トライ。無線LAN使える場所を求めてパソコンを手に町を徘徊。結局ダメで、ホテルの部屋でダイヤルアップにトライしようにも電話線のジャックの形状が違っててムリ。明日、ジャックのアダプタを探す予定。大会のヘッドクォーターで無線LANが使えるとみんな助かるが。。

これからお世話になるフォーブスのホテルの部屋
Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

12/30Rylstone

6時エアーポート集合なので5時半起床。で、起きたら大雨。なので2度寝。起きたら9時過ぎ、雨は上がってるがエアポートがスリッピーなので今日は練習中止とのこと。貴重な練習日が減ってしまうとやばいんやけど。。

朝食を求めて町へ。ゆっくり食ってたらエアポートからビルさんの使いが来て練習するぞ、ということで慌てて向かう。

午前中はカートーの練習。カートーといっても車にウィンチを積んでるのでウィンチ+カーによるトーイング。今回の練習メンバーは4人。私以外の3人は、フットランチによるカートーやトライクトーイングの経験あり。そのせいか私が一番下手。久しぶりに乗るシングル機にも戸惑いがあり、思うようにいかず、ビルに、お前は今日は1日中カートーだ、と言われてしまい焦るもなんとかOKをもらって、ランチ後2時からはいよいよドラゴンフライによるエアートー。昼から天気も晴れてきて、普通ならうれしいところが、練習メンバーは不安。サーマル出ると難しいらしいので。午前中の曇り空の中でもそんな感じはあったし。。

シングル機からソニックというモイスの中級機にステップアップ。日本人の練習担当タグパイロットは天才ボビーさん。この人天才だけどクレイジーでもある。見た目はすごく弱そうなじいさんなんだけど、ドラゴンフライの扱いはすげーのひとこと。ドラゴンフライの設計者でもあり、なんと設計図はないらしい。すごすぎる。。
Photo_4

カートーでだらしなかった私のみソニック1本で、次はライトスピードでいいぞ、とOKが出た。うらやましがるみんなを横目にいそいそとセットアップ。後発組もやってきてセットアップを始める。

ライトスピードでも特に問題なしと自分で判断し、リリース後、リフトがあったので上げにかかる。結局、2時間くらい飛んだかな?雲底1900に付けることもでき、昨日の晩飯を食った隣町KANDOSの中華料理屋まで行って帰ってきた。帰ってきたあたりからどうやらガストが近づいてきたようで全然降りなくなり、これは降ろさないと、という雰囲気になり急いで降ろすと、風がどんどん強くなってきて、1人でバラせない状態に。最後まで飛んでいたマツは風下へ逃げて降ろし、難を逃れた。

私が気持ち良くフライトしている間にヒローカは自分のグライダーで4本練習したらしい。まだトノヤン仕様のライトスピードのコントロールに慣れていない模様。マッスーも自分のグライダーで飛んだが、モーリは明日のお楽しみ。

今日、早速ハエを食した。いきなり口に飛び込んできやがって、吐き出す間もなく自らのどに飛び込んでいって、味わう間もなかった。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

12/29Rylstone

本日のタスク、モイス工場にてキャリア作り。グライダーセットアップはすでに前日にショチョーとヒローカとカッキーがやってくれてた。

モイス工場
1
工場内その1
2
工場内その2
3
穴あけ開始。
0
天才ボビーさんにパイプの穴あけを手伝ってもらう。
Photo
しかし、我々の採寸ミスで穴が合わず、もう1回お願いするのは気が引けるので、自分達で穴あけすることに。。
Photo_1
さらにそれさえ、穴位置が合わず(採寸が全くできていない)、挙句の果てに現場現物で穴あけ作業。。ちょっと情けない。。
Photo_2

Rylstone HOTEL
Photo_3
WWW.・・・.COM.AU とか書いてるからネット接続できるかと思いきや、できるわけもなく部屋に電話さえない。そりゃそうだわ、町自体、携帯圏外なんやから。。
ちなみに1泊25ドル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

1/1飛ばず

写真はヘッドクォーターが設置されるホテル。
1/1飛ばず

風が強め、近くに黒い雲もあって、日本チームは練習せず。トーパドックを見に行っただけ。ドラゴンフライが1機ひっくり返ってた。

黒い空
0101

民家で電波をゲットしたのでパソコンのバッテリーがもつ限り更新にトライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »