« 4/14竜門 | トップページ | Flytec Championship »

2007年4月15日 (日)

日本選手権 TASK3 レポート

1ヶ月近く経ってしまったが、日本選手権最終日のフライトレポートを書いた。

T→21km→東宮ゴルフ→21km→鬼怒川大橋→18km→トステム工場→9.5km→板敷ポンプ小屋 69.5kmタスク ゴール40人

トップゴールから14番目ゴールまでわずか5分。特に5番目から14番目までで2分少々。この上位14人+前半トップを走ってたトノヤンの計15人をSeeYouで飛ばせてみた。

ミノルの視点でのフライトレポートはこちら。同じ形式でSeeYouの画面を使いながら私の視点からレポートを書いてみた。GPSログのデータがどこまで正確かはわからない、高度等少々の誤差はあると思われる。

○スタート
12:30最初のゲート、2100でスタート。ヨコヤマ、トノヤン、タカナミと。すぐ後ろにワダッチ、オカダンナ。
Ws000000_1

①高峰1300で到着しヒット。オカダンナ1450で1人で次へ。残りは1900まで上げてからグライド。早くも45分スタート組が高峰到着、しかもスルー。
Ws000001

②パイロン方向の雲を目指し手前で1300でヒット。その下に45分組。もう追いつかれた。。2250まで上げて離脱。オカダンナ1番で東宮ゲット。
Ws000002

③東宮からのグライド、ワダッチ、トノヤンと3機でオカダンナをパス。1500で+1.5ヒット。後続集団が近づいてくる。
Ws000003

④先行していた3機のうち、トノヤン、ワダッチが離脱したサーマルで私は1900まで残業。このとき45分組のトップ、ダイモンさん、スズキくん達が合流し、同高度で離脱。ついに集団に飲み込まれた。
Ws000004

⑤45分組の先行集団がワダッチも吸収し1150でヒット。タカナミも合流。
Ws000005

⑥ついに45分組の後続グループも合流し、逃げるトノヤンも吸収。全員集合の大ガグルに。1600オーバーでダイモンさんトップでグライドをかける。後ろに13:00スタートのミノルが見える。
Ws000006

⑦鬼怒川大橋リターン後、集団は1300切ってヒット。ダイモンさんのみちょい先。マツも低く先行する。この辺りでバラけ始める。
Ws000007

⑧マツを追いかけているのはトノヤン。集団からワダッチが先頭で離脱。
Ws000008

⑨集団はダイモンさんの横1400でヒット。ヨコヤマはダイモンさんの下へ。ワダッチ、ユージ、ミツグさんがスルーして先に。低く先行しているマツは300でヒット。
Ws000009

⑩ワダッチのサーマルに全員集合。ワダッチ1650でトップでファイナルかける。すぐ1550でダイモンさんが続き、ミツグさん、スズキくんが続く。後方からミノルが追いかけてくる。トノヤンは上げ損なってしまった模様。
Ws000010_1 

⑪ユージ、ミッチー、ヨコヤマが1700オーバーで離脱。チュウくん1750、私1800で続く。マツ、ゴウダさん、タカナミも1800レベルまで。
Ws000011

⑫先頭4機から少し空いてユージ、ヨコヤマ、ミッチー、私、チュウくん、、、と最終パイロンリターン。ワダッチ、ダイモンさん、スズキくん、ミツグさん、ユージに続いて、私はヨコヤマ、ミッチーをかわして6番目にゴール。14番目としてミノルがかっ飛んできている。
Ws000012

重要ポイントであり私の反省点は⑪、ファイナルをかける高度が高すぎ、サーマルからの離脱が遅すぎ。さらにトップを目指すにはそれだけでは足りない。ファイナルグライドをかけるためのラストサーマルを人より早く見つけることが重要。たとえ人が見つけたサーマルでも速く上げること、高度を見切って人より早くサーマルから離脱すること、こういう技術が身に付けばトップ争いができる。

|
|

« 4/14竜門 | トップページ | Flytec Championship »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/14竜門 | トップページ | Flytec Championship »