« 勝った勝った | トップページ | 7/23 「泳」 2350 »

2007年7月22日 (日)

このくにの姿

Photo_78 『対論・筑紫哲也「ニュース23」 このくにの姿』

集英社 2007年7月刊

タイトルにあるとおり「ニュース23」にて放映されたものを文字にしたものだが、テレビ放映で削り落とした部分も一部始終文字にしたらしい。

2003年に同じ試みで「このくにの行方」として出されたものの第2弾。(ちなみにそれも読んだけど、8点)

対論の相手は、表紙写真にあるとおりの7名。
中曽根康弘
養老孟司 (バカの壁の著者)
渡邉恒雄 (ナベツネ)
林 真理子
宮崎 駿
カルロス・ゴーン
立花 隆

以下、抜書き。#は私のコメント。

養老
個性が大切だと言うでしょう?子どもにはそれぞれ個性があるんだから、個性に合った教育をするんだと。そうすると一律にやらせるということをしなくなる。ところが、一律でやらせないと個性は見えないんです。

養老
八方塞がりって、自分が何もしてないからそうなるんです。雀だって部屋の中に飛び込んで出られなければ、バタバタもがいて、あっちの窓にぶつかったり、こっちの窓にぶつかったりしてるじゃないですか。/それを何も動かないでダメだとか言ってるのは、それダメに決まってますよ。宝くじは買わなければ当たらないっていうのがあるじゃないですか。/動かなきゃ答えは出ませんし、「先行き、どうなるんですか」っていう質問は、間違ってますよね。ぼく、いつも言ってるんです。「どうなるんでしょうかね」じゃなく、「先行きは、こうしたい」と言えと。

#「バカの壁」なんてちっともおもしろいと思わないし、この人はあんまり好きじゃないが、上記2点は同感。

 
#次のナベツネ、この本で最も認識が改まった人。にっくきジャイアンツの親分、プロ野球界にとってじゃまな人、という偏見を持っていたが、賢い人だった。以下、いささか個人的メモかも。

渡邉
8月の上旬にソ連が突如、日ソ中立条約を侵犯して満州を侵略し、そして、8月15日には無条件降伏をしているのにもかかわらず、9月を過ぎても戦闘行為を続けて、60万人弱の日本人を拉致して、5万5000人の命を奪ったんですよね。ぼくはあれに対して抗議したい。/毛沢東だって、文化大革命という名のもとで1000万とか、2000万とかいう中国人を殺しているじゃないか。スターリンもやはり、2000万人という数の自国民を粛清という名前で殺してるじゃないかと。それからアメリカは、あの原爆という・・・これ以上、残酷な兵器は歴史上ないんですよね。あれを2発、使ったじゃないか。/そういうことに抗議したいけれども、しかし、抗議する資格はない。自分たちで戦争をおっ始めた、その東条以下を神さまにして、総理大臣が参拝に行っている。そういう状況で、外国の戦争犯罪に対して非難することはできないですよ。/ソ連なんか、完全にあれは戦争犯罪ですよ。しかし、まず我が身を正してからでなければ、他を言ってはならんのですよ。これは道徳論として。

筑紫
神社のなかに遊就館というのがありますけれども、あれはあの戦争を全面的に肯定しているわけです。そういうことを含めて、渡邉さんは靖国というもの自体が問題だと思ってらっしゃるんですか。
渡邉
ぼくはとくにあれが問題だと思う。(略)子どもが行くとね、日本はあの戦争に勝った、という感想を持つんですよ。太平洋戦争は自衛戦争であったという史観に立って、いささかも悪い戦争ではなかったんだという軍国主義礼賛ですからね。/冗談じゃない。あの戦争のために日本人だけでも300万人殺されてるじゃないか。あの馬鹿げた戦争を礼賛するような機関を神社のなかに置いて、神社が経営しているということは、不見識もひどいものだ。/ドイツにヒトラーの記念碑があるナチス礼賛記念館かなんかがあって、そこに歴代の首相が行ったら、どんな騒ぎになったかということを考えるとね、よく、日本じゃ、この程度で収まってるなと思うくらいですよ。だから、早くやめたほうがいい。

#小泉批判もあったりしてナベツネには親近感を覚えた。

 

お一人おひとりの役割分担が、小説家として非常に興味深いですね。こんなこと、申しあげると失礼かもしれませんけれども。/まあ、旧家に嫁いだものの、なじめない長男のお嫁さんがいらして、とっても利口な次男のお嫁さんが、なんとかウチを守り立てようと、頑張っているというような感じで、こんなにわかりやすい役割分担で、それぞれがいろんな行動をしてくださると、ほんとに小説家として、なんかうれしくなっちゃいます。


今の皇太子さまが小さかったときに、美智子さまと皇太子さま(現天皇)が3人の子どもを遊ばせているのって、高貴な一家という感じがしましたけど、今のおふたりは中年になって、やっと子どもを授かった夫婦っていう感じで、もう何のオーラも、カリスマ性も、ありがたみもないですよ。あの2つの光景が、今の皇室問題を如実にあらわしていると思いますけども。

#こんなことテレビで言っていいのか?

 
筑紫
赤ん坊の人相が悪くなっていると、産婦人科の専門の方々が言うんです。どうして人相が悪くなったかというと、簡単に言えば表情がなくなったということらしいんですね。親が赤ん坊に接していない。あやすという動作を含めて、いろんなことをやってないことが原因の一つで、もう一つはテレビに子どもを預けすぎている。生まれて最低3年はテレビを見せるなというメッセージを、小児学会がこの間、出しました。

筑紫
私も自分では父親としてまったく落第だと思っているんですが、にもかかわらず、子どもが何とか育っちゃったのはどうしてなのかと考えてみますと、何もしなかったからよかったんじゃないかという・・・つまり、親が手をかけすぎることによる問題がそうとう起きているんですが、問題が起きるたびに教育の関係者は、より細かく手をかけるほうで問題を解決しようとする。

#ある意味、同感。親はなくとも子は育つ。

 
ゴーン
必要なのはまず優先事項をはっきり念頭に置いて、そこから横道にそれないように、徹底してその優先事項を遂行する強い自制心です。

ゴーン
イライラしたり、不満ばかりいっていたり、疲れてやる気がない上司ほど嫌なものはありませんからね。/それよりも、やる気や想像力があり、エネルギッシュで明朗な上司や同僚のほうがいいに決まっています。

#愚痴ったり、疲れてたり、、気を付けないといけない。仕事がうまくいってないときはすぐにそうなってしまう。

 
評価:7点

|
|

« 勝った勝った | トップページ | 7/23 「泳」 2350 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝った勝った | トップページ | 7/23 「泳」 2350 »