« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

3/30 次男坊 6歳

今年の誕生日は妹宅にて。
ケーキも妹夫婦作。
Photo

ケーキに刺さっているのはこれ↓
Photo_2
まめだな~

で、プレゼントを入れている袋がこれ↓
Photo_3
もちろん、お手製。
まめなのは妹の旦那さん。素晴らしい!

 

| | コメント (0)
|

2008年3月29日 (土)

チビたち

長男坊、表彰された。
チームに1人表彰されるらしい。
年間通じてセンターバックをやらされ続けてきたが、MFを希望してただけに、最後に表彰状とメダルをもらえて報われた。うれしそう。「あなたはは」なんて印刷ミスはやり直してくれたらいいのに。。
Photo
来年度は上の学年の6年生が塾とかで人数が減ってしまい、6年5年合同チームになりそう。そうなると登録は6年生ですることになる。5年になる長男坊にとっては、センターバックから解放されそう。しかし、レギュラー争いや、試合ともなれば体の大きい相手と当たるわけだし、試練だな。しかし、上のレベルの中でもまれるのはいいことだ。

 
次男坊、卒園前の幼稚園でのお誕生会での記念品
Photo_2

大きくなったら、何になりたいか。
Photo_3

まじかよ。。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月27日 (木)

3/27 「泳」 2150

1500+Fr100×2本+Frキック50×4本+Fr50×4本+ダウン50
=2150

2週間振り。
1500は26分10秒。

まだバタは封印。腰痛再発は避けたいため。
このシーズン、体調はしっかり管理しておかないと。

まあ、今週末は雑用のため飛べないけど。。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月25日 (火)

日本選手権

伝言です。

「日本選手権、締め切りを守りエントリーしていただいた方々には申し訳ございませんが、参加状況が悪く申し込み締切日を延長することになりました。
休日も無い日程になってる事が原因と想像できますが、もっともフライト条件が期待できる時期との事をご理解下さい。

3月24日締め切りを4月1日まで延長することになりました。

宜しくお願いいたします。」

 
板敷参加の皆様も不完全燃焼ではないでしょうか。
私は全然、全~然、飛び足りません。
春の条件で、もっとレースしませんか。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月24日 (月)

板敷最終日

板敷最終日

雨。

1ダイモンさん
2ユージ
3ミノル
4トノヤン
5ムラマツ
6イタサン

私の順位は、、忘れた。

総合成績は→こちら

石岡の締めはやっぱり、がんこやの岩のりラーメン。

さあ、次回がんばろう。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月23日 (日)

板敷四日目

TO→富谷山→益子駅→井頭公園→仁井田駅ゴール 46kmタスク

ゴール25人以上?

私はスタートを2回遅らせる作戦が、後2分がこらえきれずに中途半端にスタートし、オーヌマさんと2人寂しく飛ぶことになり、ゴールも最後の2人。。

ダメだぁ〜

成績は→こちら

| | コメント (0)
|

2008年3月22日 (土)

板敷三日目

TO→下館カントリー→新鬼怒川橋→善エモン橋→新利根川橋 50.6kmタスク

北東予報なのでジグザグに南西に向かうタスク。

なのにカバから西へ出ると、南が強いやんか。。

下館取った後はグライドして終わり。

明日はたっぷり飛べますように。

成績は→こちら

| | コメント (0)
|

2008年3月21日 (金)

板敷二日目

雨は止んでるが、朝から暴風警報が出ていた。
台風じゃないのに警報が出るなんて珍しい。

さっそくやってきた。
昨日は6時間。今日は何時間いることになるんやろ。
メンツはサダボン、リョースケ、アキ、ザイゼン、私。
サダボン以外は昨日から連荘。

明日も北風予報なんやけど。。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月20日 (木)

20世紀少年

Photo 『20世紀少年』 浦沢直樹 小学館

全22巻+『21世紀少年(上・下)』

やっと読了した。

2006年5月に21巻を読んで以来、2年近く空けて残り3冊を読んだ。まあ最終巻が刊行されたのは07年10月なのでなかなか読む機会がなかったんだが。

今度、実写による映画化ということで、すでに豪華キャストも発表されてるし、楽しみ~

やっぱり浦沢直樹はおもしろい。

巷ではいろいろ意見が分かれるようだが、

評価:10点

 

| | コメント (2)
|

板敷初日2

邪魔も入らず、と書いたらすぐにお出掛けしていたみんなが戻ってきて、横でTVとか見られるとつい見ちゃうし、夜の運転が効いて眠くなってくるし、、そんなときにリョースケからお誘いのtel。明日もたっぷり時間はあることだし、お仕事は今日のところはこれくらいにして、学生メンバーとネットカフェへ。石岡の快活CLUB、ここでは初のフラットシート、めっちゃ快適や~。明日はここへパソコン持ち込んで仕事しながら漫画読みながら仕事しながらネットしながら仕事しながらうつらうつらしながら、、できたらええなあ。もちろん飛べればいちばんいいんやけど。。

 

| | コメント (0)
|

板敷初日

板敷初日

もちろんキャンセル。

バンプにて、持ち帰ったお仕事。邪魔も入らず、快適。

| | コメント (0)
|

2008年3月19日 (水)

板敷へ出発

雨の中、現在大津SA。
明日も明後日もダメそうやん。。

今日の出発をやめて、明後日の夜発の夜行バスで行こうかと、昼過ぎ頃から企むも、よかっぺ号残席なし。残念。とりあえず、会社のパソコンを持っていくことに。

今回のメンツは、トノヤン、ミッチャン、ミサトちゃん、フーちゃん(犬)、サノさん、ミクちゃん(サノさん娘)、私。なんてファミリーな。。現地でエモG、イデさん、マヨマヨが合流。なんて女子比率の高い。。

| | コメント (0)
|

2008年3月17日 (月)

卒園式

今日AMは次男坊の卒園式。
休めるような状況ではないので昼出社にして参加。

卒園証書
Photo

お母さん方はあちらこちらでボロボロ。
幼稚園の先生方もボロボロ。
お父さん方はビデオやデジカメ片手にお仕事。
でも、涙腺のゆるいお父さんはちょっと感動してウルウル。
みんな大きくなって。。

いい式だった。

この制服も今日で最後
Photo_2

 
次は入学式が4/8。

4/9から足尾で日本選手権。
(水)(木)(金)と休むので、(火)は休めないし昼出社もムリ。
なので入学式はごめんなさい。

重ね重ね、迷惑な日程だ。。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月16日 (日)

新宿鮫

Photo 『新宿鮫』 大沢在昌 光文社文庫

(単行本は90年刊)

3日前から紹介している、このミス20年間ベスト・オブ・ベストでは5位、読者が選ぶランキングでは1位。

おもしろかった~

私の読書時間は通勤(帰り)の電車の中。
降りる駅に着いた時、あ~続きがまだ読みたいと思わされたのは久し振り。

ハードボイルド刑事小説。
第一印象は池上遼一の漫画のようだったが、主人公はそれほど完璧な男ではない。そこがまた良い。

シリーズもので現在文庫はⅧまで、単行本はⅨまで。新宿鮫Ⅱは20年間ランキングでも10位に入っている。とりあえずⅡは読んでみようっと。

評価:10点

 

| | コメント (2)
|

3/15 竜門

東 max800ちょい 山頂トップアウト数名

本日はケンイチheartマヨマヨの3次会のため賑々しい。
KPでは月例会をやるということで関選さながらの大会セットも山頂へ。

ブルーだが天気はいいし予報は北のち北西だったので、タスクを大きくセット。
T→北山→井阪橋→九度山→岩出橋→竹房ゴール の60kmオーバータスク。

しかし東風が変わらず誰もろくに上がらず、タスク変更。
T→Lタン→小学校→北山→松下→岩出橋→竹房ゴール の40km。

状況は良くないが14時を回ったのでTO。
すぐに左にとられそれをなかなか戻せずツリーランも覚悟したがぎりぎりセーフ。びっくりした。

いい当たりがなく、竹房橋越えて西側でようやくヒット。東風に流されながら800くらいまで。これが本日最高。ヘリポ前まで戻ってから先に出ていたサダボンや久し振りのマッチャンマンと合流。その後、ミノル、ワダッチ、ハヤシデラたちも加わって延々と上げては流されを繰り返す。けっきょく竜門にとっつけず、約1時間半耐えて終了。

その中で数名が竜門右尾根回り込みするも上げたのはマッチャンマンのみ。Lタンとって小学校までとり本日トップ。TOすぐ右尾根回り込みで上げるのに成功したのはナカノとアキ。Lタンゲット。得点者は以上。

春らしく低い所からも上がったが、高い所まではまったく上がらん条件だった。
その後風向きが北寄りに変わったようで、プカプカと高くは上がらんなりにほとんどみんなソアリングできる日となった。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月15日 (土)

このミス20年 読者が選ぶベスト・オブ・ベスト

昨日紹介したランキング、もう1つある。
「このミス」の読者が選ぶランキング。
こちらも20年間のベスト・オブ・ベストが同時に発表された。

 
1  新宿鮫               大沢在昌     91年1位

2  火車                  宮部みゆき   93年2位

3  ホワイトアウト      真保裕一      96年1位

4  白夜行               東野圭吾      00年2位

5  模倣犯               宮部みゆき   02年1位

6  マークスの山       高村薫         94年1位

7  レディ・ジョーカー  高村薫         99年1位

8  亡国のイージス    福井晴敏      00年3位

9  黒い家               貴志祐介       98年2位

10 半落ち               横山秀夫       03年1位

 
こっちのランキングの方が一般的だ。全作品3位以内だし。

こっちは1位以外はすべて既読。ちなみに読書ログではすべて9点か10点。
1位を読んでないのですぐに読まなくては。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月14日 (金)

火車

Photo 『火車』 宮部みゆき 新潮文庫 (単行本は1992年刊)

「このミステリーがすごい!」が20周年を記念して、2月に過去20年のベスト・オブ・ベストを発表した。

その1位がこれ。

 
以下、解説から抜粋。

ローン地獄に落ちる人など、自分とは無縁だと思っている人でも、「火車」を読めば、きっと、そうした人を身近に感じるだろう。そして、現代の日本にパックリと口をあけている、その地獄の淵の深さに戦慄するに違いない。・・・/深い淵に落ちないために、この作品を読んでほしいという思いは、いよいよ強い。

 
おもしろかった。92年刊だからちょっと古くなったという印象は否めない。
おもしろかったけど、20年間の1位というほどでも。。

評価:10点

 
ちなみに、ベスト・オブ・ベストは以下のとおり。

 
1  火車                  宮部みゆき   93年2位

2  生ける屍の死       山口雅也     90年6位

3  私が殺した少女    原尞            90年1位

4  魍魎の匣            京極夏彦      96年4位

5  新宿鮫               大沢在昌      91年1位

6  ダック・コール       稲見一良      92年3位

7  空飛ぶ馬            北村薫          90年2位

8  双頭の悪魔         有栖川有栖    93年8位

9  レディ・ジョーカー  高村薫          99年1位

10 白夜行               東野圭吾       00年2位

10 毒猿                  大沢在昌       92年2位

 
あまり一般的でないような気がする。
しかもそれぞれ過去に1位を取った作品ばかりが並ぶかと思いきや、3作品しかない。
よーわからんランキングだ。

読んだことあるのは、高村薫と東野圭吾だけ。
まあぼちぼち読んでいこう。

 

| | コメント (2)
|

2008年3月13日 (木)

虫眼とアニ眼

Photo 『虫眼とアニ眼』 養老孟司 宮崎駿

新潮文庫 08年2月刊 (単行本は02年刊)

養老孟司は好きじゃない。「バカの壁」なんて何にも印象に残っていない。ちなみに過去の読書ログを見ると6点付けてた。もっと低い印象だったが。。

宮崎駿は好き。空飛ぶ人でこの人を嫌いな人はいないんじゃないだろうか。

ということで、宮崎駿にひかれて読んだ。
「もののけ姫」後の対談と「千と千尋の神隠し」後の対談。

以下、いつものように抜書き。#は私の感想。

 
蝶は飛ぶときに、好き勝手に飛んでいるわけではなくて、「蝶道」と呼ばれる道に従ってヒラヒラ飛んでいるんですね。以前はぼくの家の前にその蝶道があったんです。ところが家の裏に建て増しをしたら、その蝶道が消えてしまった。つまり蝶という生き物は、かなりデリケートに周囲の環境を把握していると思ったんです。その後ベトナムに昆虫採集に行って一番驚いたのは、今度はその蝶道がハッキリ見えるんです。つまりあまりに蝶が多いものだから、その蝶道に沿って白い線になっている。

#さすが虫眼。虫は好きなのでこういう話はついチェックしてしまう。

 
もうそろそろ考え方を変えてですね、永年勤続じゃなくて仕事の間に休みを長くとるようにしたらどうでしょうね。週休二日は働く上ではかえってつらいんです。二日なら木曜と日曜を休みにしたほうがいい。その上で、10年たったら半年は休むとか、30年たったら1年休むとか、そういうのが常識の世の中にならないかなって思うんです。60歳から突然趣味を始めるなんて無理ですよ。せいぜい植物や野仏の写真撮って歩くとかね、まあツマラナイとは言いませんよ、本心はそう思っていても(笑)。そうだとしてももっと前から始めなきゃ。

#休みのとり方に関してはほんとに何とかならんかと思う。よく休んでる奴が何を言うかと思われるだろうが、もっとフレキシブルになってほしい。うちの会社ではこの春闘で夏休みの13~16が固定になってしまった。時代に逆行してるやろ、しかも組合からの提案、、理解できんわ。。

 
パヒューマーという職業的に匂いをかぎ分ける人たちがいるんですけれど、その人に赤ん坊がいて、田舎に帰ったとき、寝ている赤ん坊のすぐそばをでっかいムカデが歩いていた。そうしたら、その瞬間にパッと自分の体臭が臭った。/自分の体臭が瞬時に変わったのがわかったと。/・・・自分の恐怖でゲジゲジがパッと動きを止めたと言うんですね。向こうにもなんかヤバイということが届いた。

#匂いはけっこう奥深いと思う。閾値以下の濃度でも無意識下では検知してるとか、研究したら面白そう。

 
―「千と千尋の神隠し」は10歳の子どもの視点で語られていますね。
たまたま、目の前に10歳ぐらいの子どもたちがいて、ぼくはこの子たちのために映画を作っていないなって思ったから、作ろうと思ったんですね。/・・・/この子たちのためにアニメーションをと思っても、その前に、気の毒だなあ、苦労しそうだなあって思わざるをえない。でも、やはりその子たちが生まれてきたことを「間違っていました」とは言えないでしょう。/・・・/生まれてきてよかったねって言おう、言えなければ映画は作らない。自分が踏みとどまるのはその一点でした。そこで映画を作るしかないと。

#うちの長男坊も10歳、もう1回見たくなってきた。

 
知的所有権などというものは、特殊な時代の、特殊な世界の産物である。独創性とか、個性とかいうが、真の独創なら、他人はそれを理解できない。他人に理解できるなら、それはべつに独創ではない。いずれだれかが考えるはずのこと、それをたかだか最初に思いついたというだけのことだからである。個性もまた同じ。まったく個性的ということは、他人の理解を超越することである。

#いかにも哲学者って感じ。こういう物言いが好きじゃない。

 
評価:7点

 

| | コメント (0)
|

2008年3月11日 (火)

3/11 「泳」 2150

1500+Fr100×2本+Frキック50×4本+Fr50×4本+ダウン50
=2150

3週間振り。
1500は26分30秒。遅い人がいてペースが乱れたからこんなもんか。

いつも泳ぐ直前は何も食べないが、今日はうっかり定時後にお菓子を食ってしまった。
案の定、泳いでる最中に上がってきた。久しぶりに胃液の臭いを嗅いだが、くっさかった~

腰痛は治まったが、念のためバタはやめといた。

 
腰痛、通夜と葬式がきつかった。
お辞儀を500億万回くらいしたから。。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月10日 (月)

板敷全日程OK

3/21の会議がトップの都合により延期。
したがって高速バス帰阪作戦の必要がなくなった。
一応バスのチケットも抑えておいたがキャンセルや。

これで3/21はフォローが吹くこともなく、風向きも南風になったことやろう。
その南風に乗って郡山か?
4月に足尾日選もあることやし、今年の足尾板敷は盛り上がってるみたいやし、そろそろ行きっきりタスク復活か?
集計係をマツがすると聞いているが、マツはエライから選手が遅くに帰ってくるのを待っててくれるやろう。

足尾板敷の盛り上がりの火付け役、シゲトのブログをリンクしてなかった。
気になるあの人たちの今日の飛びは?にリンク追加。

 

| | コメント (2)
|

2008年3月 9日 (日)

胆のう癌

おかんは胆のう癌だった。

昨年11/2、四国の三加茂に飛びに行っている時に母から電話、月曜に入院することになったから会社休んで連れて行ってくれと。それまでいたって元気だったので何のことやら。おまけに医者から、息子さんがいるなら話があるので連れてきてくれと言われたと。これはただ事ではない。後から聞いた話だが、この日、白い便が出たのでかかりつけの医者に行ったところ、あわてて大きい病院を紹介されたとのこと。

11/5、病院にて説明を受ける。胆のう癌だと。

胆のう癌について(ネットの情報より)
日本は世界的にみて頻度が高い。60歳代に最も多く、男女比は1:2から1:3と女性に多い。胆のうは肝臓など腹部にある他の臓器の後ろにあるため発見されにくい。胆のう癌の初期の段階では顕著な症候は認められない。胆のう癌は症状が出にくく、発見が難しい癌の一つ。40才を越えたら、人間ドックや健診などで、年に一回の腹部超音波検査による定期検診を。また胆石症、胆嚢ポリープのある方はかかりつけ医での定期的な経過観察と必要時の治療を。

 
検診で早期発見しないことには手遅れに。
おかん(66歳)のように白い便が出て判明したなんて状況はすでに手遅れ。

これを読んだ皆さん、定期的な検診を受けて下さい。
身内の方、お知り合いの方、検診を受けてもらって下さい。
超音波検査のあるちゃんとした検診を。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月 7日 (金)

板敷エントリー

エントリーした。
主催者には申し訳ないが、昨秋以降はいつもぎりぎりエントリー。
やむを得ない状況だったので、いたしかたない。

エントリーはしたが、出れるのか?
今週は(火)~(金)まで休まざるを得なかった。
今週の休みは年休とは別計算。
年休(年次有給休暇)は年度〆の4/15まであと5日。
うちの部署ではなんとか頑張って休まないといけない。
板敷と足尾日選でちょうど数が合う。

しかし、仕事の都合がつくのか?
ここがサラリーマンフライヤーの頑張りどころ。

付け足し:
板敷は出れるとしても3/21は休めない。
昨年同様、高速バスで帰阪作戦。
なので、3/21はフォローが吹くだろう。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月 6日 (木)

初モシュ

親父のときはいろいろ事情があって葬式は出さなかった。
なので、今回が初の喪主。

Photo
おかんは花好きだったので祭壇が花で埋まってよかった。
なんとか無事に終えることができた。

お決まりの挨拶、「お疲れが出ませんように」。

よく実感できた。これは疲れる、、
まだまだこれからやらないといけないことが山のようにあるけど。。

 

| | コメント (2)
|

2008年3月 2日 (日)

3/2 竜門

南西 max1100 サダボン1250

今日はケンイチheartマヨマヨの日なので、ガラガラ。。
ランポウさんに山頂まで上げてもらうが、昼前から高層雲で白い空に。。

でもパラがぼちぼち上がってたし、TO前でトンビ先生も上げ始めたので12時20分頃オーガ発射。赤屋根コースから上がり始め、続いて12時半TO。南西風に流されるサーマルとしばらく格闘するも1100でせいいっぱい。サダボンは1250から南西方向へ飛んで行った。私は結局TOで高度を下げてパラタンへ。ここでどっかから戻ってきたサダボンと合流。変電所向こうくらいまで行ったらしい。

2人で950まで上げて西方向へグライド。2発目に出会わず船戸手前の川までも届かず。戻って寺山でパラまみれになりながらも再度800程度上げるもこれが最後。それでも1時間40分と思った以上に飛べた。

けっこう春っぽい空気を感じた。
ぼちぼち気持も上げていくか。

 

| | コメント (0)
|

2008年3月 1日 (土)

それでもボクはやってない

今日TVで観た。
痴漢冤罪の法廷モノ。

昨年、映画賞を総ナメ。
日本アカデミー賞最優秀作品賞は逃したが、キネマ旬報ベストワンはとった。
映画ファンとしてはキネ旬1位は要チェックだ。

周防監督は前作「Shall we ダンス?」から10年振りにメガホンをとったとのこと。
もちろん「Shall ~」もキネ旬1位。素晴らしい。

おもしろかった~

これから満員電車に乗る時は両手を上に上げておかないと。。

 

| | コメント (0)
|

WHAT A FEELING

3/12発売のNew Single「60s 70s 80s」の80sが今日初オンエアーされた。

「WHAT A FEELING」

 
1983公開の映画「フラッシュダンス」の主題歌、Irene Cara の「What a feeling」のリメイク。
オリジナルのPVはこれ↓映画のダイジェスト版になっている。

当時は高校生。ロードショーでも観たし、当時、時期遅れの映画を2本立て3本立てにする映画館でこの映画が入ってると損はないなということでついでに観たりして、何回観たことか。

背中でくるくる回るブレイクダンスにはびっくりした。確かこの映画から広まったはず。

 

| | コメント (0)
|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »