« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

9/30 「泳」 2150

1500+Fr50×4本+Frキック50×4本+Fr50×2本+BuBaBrFr25ずつ+ダウン50
=2150

1500は27分。どうやら数えまちがえて1往復多かったようだ。
3週間ぶりだがそこそこ泳げるもんだ。しかしなぜか右ひじが痛く、最後は50を4本泳げなかった。なので個メの順番で4種目泳いでみた。苦手のBaはやっぱりおぼれた。Baきらい。

ところで、なんで右ひじなんて痛くなるのかわからん。。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月29日 (月)

足尾エントリー

10/10-13 EJC2008

いつものWEBエントリーと勝手が違うのでめんどくせーなあと思ってギリギリまで放置してた。
めんどくせーなあ、なんて書くとまた怒られてしまうが、エントリーに関してはいつもそう思う。
名前となんかの番号だけ入力すればOK、というようなシステムに誰かしてくれんかなあ~

現時点で45名エントリーとのこと。
〆切は明日9/30。忘れてる人は急がないと!

 
今週末もエントリー
10/4-5 八上姫レディースカップin霊石

もちろんエントリーはうちの奥さん。たまには大会に出てもらわないと。
私は子守&回収(&賞金おこぼれ希望)。女子のエントリーが少ないのでチャンスか?
(9/29 23:30の時点では)

 

| | コメント (0)
|

2008年9月28日 (日)

蓬莱峡

前日まで飛びに行く気満々だったのに、朝の予報では曇り。
で、予定変更して、先日下見した蓬莱峡へチャレンジ。
座頭谷をさかのぼるコース。

出発はハイキングっぽい。
Photo

が、すぐにコースは探検っぽくなる。
Photo_2

巨大な壁の横を通過。
0

そろそろ奇怪な岩が出現しはじめる。
Photo_11

いくつか堰を越えるが、最後の堰は横の岩山を登って越える。
この岩が花崗岩でボロボロ崩れる。
Photo_5

なんとか越えた。
Photo_6

バッドランドと言われる景観。
観光地化されておらず誰もいないのが、なんかもったいない。とても珍しい景観だと思うが。
写真ではなかなか迫力が伝えられないが、いくつか紹介。
Photo_7 
Photo_9
Photo_12

バッドランドの突き当たりからは林を登りながら抜ける。
Photo_13

けっこう登った後、車の走る道へ出て、その道路を近くの集落まで下り、バス停着。
バスに乗って、車を停めたポイントまで戻って終了。

歩いた時間としては1時間半ほど。
バッドランドではポツポツ雨に降られたので、岩を登ったりするのは今回はパス。
次回は岩に登ったりして探検気分を味わいたい。
最後の林を抜けた後は違うコースもあるようだし、まだまだ楽しめそう。

このコースは超おすすめ。

 

| | コメント (3)
|

2008年9月27日 (土)

小学校運動会2008

天気良し。
以前、竜門の月例会をこの日にすると言ってたが、変えてくれて助かった。
あやうくオーガ様に運動会を中止にされるところだった。

5年と1年、今年は兄弟そろっての運動会。1日で済むから助かる。

まずはラジオ体操で始まる。
体育委員の長男坊はみんなの前で体操、緊張気味。
Photo

5年6年合同で騎馬戦。長男坊は上。
勝ち抜き戦では6勝してチームに貢献したが、紅組は白組の大将を引っ張り出すこともできなかった。
Photo_2

リレーでは3年連続アンカーだったが、バトンを受けた時点で大差のビリ、まあしょうがない。
Photo_3

5年単独のダンスはう~ん、いまいち。
来年は組体操になるが、この学校の組体操はいまいち。最近はどこもこんなものか?

 
小学校では初運動会の次男坊。
幼稚園の運動会ではやる気が感じられなかったが、今日は予想外にちゃんと踊ってておもしろかった。
Photo_4

1年2年のリレーは往復コースであんまり盛り上がらん。
でも早い奴はやっぱりわかる。うちの次男坊は、、来年以降に期待。
Photo_5

 
今年一番良かったのは4年生のダンス。
使った曲も良ければ、小道具も良し。なによりみんな楽しそうだった。
4年担当の先生の企画が成功ということだろう。
4

ちなみ使用曲はビギンの「島人ぬ宝」
4年生では今年、沖縄について調べたらしい。

 
運動会はいい。
子どもたちが頑張ってる姿には感動させられる。

来年以降もハングの大会とかぶりませんように。
あっ、竜門の月例会とも。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月26日 (金)

9/26 「走」 9周

64分

涼しかったので汗もかくそばからすぐに乾いて不快感はなかったが、風が強かった。タイムが悪いのは向かい風のせい、にしておこう。今日は右膝もそんなに悪くはなかった。でもきっちりアイシングして来月からはちょろっとペースアップしてみよう。

今週は「泳」はお休み。うちの会社では9月は期末になるので、ただでさえ書類作成に追われるところに祝日のある週はさすがに時間を作るのはたいへん。「泳」は2週休んだので次はバテそう。。

 
ところで、この記事、ブログ初めて1000件目。
別に、それだけ。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月25日 (木)

風塵抄

Photo 『風塵抄』 司馬遼太郎 中公文庫

 単行本は91年刊

産経新聞に月1回掲載されていた随想を本にしたもの。なので1つ1つが短い。短すぎて個人的には好みではない。読みかけで放ったらかしてたものを引っぱり出してきて読了した。

あとがきに、以下のように書いている。
一冊の本になってみれば、一章ずつの枚数が少ないこともあって、書いていることがしばしば象徴化してしまい、読みにくいものになっていることに気づいた。

謙遜で書かれているのだろうが、実際読みにくかった。

以下、一つだけ抜書き。

四十の関所
・・・/三十代までは使い走りでもできる。人のためにたばこを買いにゆくことができるし、タクシーが見つからねば雨の中を一キロも走って目あての時刻の電車に飛び乗ることもできる。まことに軽快で、小気味いい年代である。/四十男は、そうはいかない。/管理職にさせられたりして、ちょっと重々しくなる。/人や仕事を管理する能力など、本来稀有なもので、まず徳がなければならない。徳など、若いころから自分を無にして他者や仕事に奉仕できるように自分を訓練してきた人にしてはじめてできるもので、年功序列がその徳をつくるものではない。/私の経験では、組織のなかのしごとというのは、変な会社の場合、組織の秩序維持のためにある。ひとびとはつねに無用の放電をしていて、よほど徳のある上司を得ないかぎり創造への意欲など充電されずに減ってゆくものである。/・・・/私は、初対面の四十代の人には、心から、大変ですな、と思ってしまう。/・・・/人は四十代で人格ができあがるようである。よき四十代の人が、六十、七十になった場合、ただ存在しているだけでひとびとの心をあかるくするにちがいないし、老齢化社会についての問題の一部も解決するかもしれない。/四十代で鬼相を呈しはじめる人もある。むやみに権力好きになったり、また自己の利益にとらわれて他が見えなくなっている人がいる。・・・/以上のように見てくると、四十の関所というのは、容易ならざるものらしい。

いくら司馬遼太郎のファンとはいえ、つまらなかったものを他人に推薦するわけにはいかない。つまらない本を読む時間ほどもったいない時間はない。低い点数もしっかり書いていきたい。

評価:3点

 

| | コメント (0)
|

2008年9月24日 (水)

王監督

今日は福岡ドームでの最終戦。
ファンへの挨拶があり、見てると泣けてくる。
というより、松中や小久保が泣いてるのを見てもらい泣きしてしまう。

子供の時から阪神ファンであり、アンチ巨人ファンだが、王貞治は別格。
努力の人、王貞治とかいう大人向けの本を読んで以来、尊敬する人の欄には王貞治と書いていた。当時10歳、756号の記念バスタオルを部屋に貼り、王貞治のサインを練習していた。
20040802sekaiousain
今でも書けるで。

長嶋の現役時代は知らないが、王は知っている。
そういう世代にとっては、一つの時代が終わったと感じられ、寂しい。

おつかれさまでした。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月23日 (火)

サッカー応援と蓬莱峡ちら見

①サッカーの試合。
行きは子どもたち全員、コーチや世話役の車で一緒に行くが、帰りは現地解散。それぞれの親がお迎えに行く。今日は兄弟共に試合で場所が別々なので親が別れて担当。

①-1.長男坊
3-0で勝ち。今日はMF、ダブルボランチの一人としての起用。本人もMF希望なのでうれしいみたい。サイドにパスを出すように、という指示をもらっていたようでその役目は果たしていた。応援に行ってる親からしたら、もっと攻撃参加してほしいけど。。
数少ないゴール前、22番↓
Photo

次男坊の方が車でないと不便なところなので、こっちは電車。
初めて阪急甲陽園線に乗った。先日脱線したやつ。。こういう機会でもないと乗らない。

①ー2.次男坊
1年2年合同チーム。初試合。いきなり3試合。
0-4で負け、1-4で負け、2-1で勝ち。1つでも勝ててよかった。
しかし、低学年の試合はおもしろい。とにかくダンゴになる。
スローインに両チーム全員集合↓
Photo_2
グランドをもっと広く使いましょう。

ちゃんとコーチの言うことを聞いてるか?
Photo_3

 
②蓬莱峡予備調査
先日観た「隠し砦の三悪人」、ロケ地が蓬莱峡だったらしい。
Kakushi
この蓬莱峡、近所。
サッカーの試合後、ちょっと見に行った。
観光地化されてないし何も調べてなかったのでサンダル履きのまま行き当たりばったりで。

わずかに車を停めれるスペースを見つけて探ってみた。
入口はこの橋。ここから川をさかのぼって行くとたどり着けるみたい。
Photo_4

ちょっと分け入ってみたが、半ズボンサンダル履きでは無理かな。
子どもたちも試合終わった後で疲れてるだろうし、、あんまり疲れてないみたい。。
一番疲れてるのは奥さんみたい。日を改めてトライしようということで、途中から引き返し車で渓へ下りる道などを探りに。。ついでに写真なんかも。
こんな感じ↓
Photo_5
Photo_6

帰宅してからネットで調べてみたら、アイゼントレーニングやクライミングの練習で有名なところらしい。そんなトレーニングをするつもりはないが、次回ハイキングとして行ってみよう、近所やし。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月22日 (月)

西の魔女が死んだ

Photo 『西の魔女が死んだ』 梨木香歩

 新潮文庫 単行本は94年刊

帯に、最後の3ページ、涙があふれて止まりません、と書いてある。が、そんなことはない。泣き虫の私はそれを期待していたが、肩すかしをくった。

お話は少女もの、ええ歳のおっさんが読むような本ではなかった。舞台が自然にあふれた場所で、それはいい感じだった。

評価:6点

 

| | コメント (0)
|

2008年9月21日 (日)

誕生日が9月20日の時の人

①安室奈美恵
7/30に発売したベストアルバム「BEST FICTION」が6週連続1位でメディアにもかなり取り上げられたし、時の人と言っていいだろう。なんと31歳、見えないね。

「BEST FICTION」のCM動画(VSのCM付き)

 
②麻生太郎
噂ではもう決まりだとか。
毎日新聞が載せた、野中弘務・元自民党幹事長の麻生評がおもしろい。
リンクしておこう→これ
大丈夫か?この人で。
 

| | コメント (0)
|

2008年9月20日 (土)

9/20 竜門

東? max1100ちょい?

今日は奥さんの番なので、見聞記。
明日の月例会を控え、オークチームもいっぱい。
メンツもそろってるのでタスクを組んでた。
TO→小学校→北山→岩出橋→桃山工場→長田中学校→竜門L 約42km

天気はいいが風向き悪くリフトラインも沖。
トップは北山そばまで行ったマツとサノさん。

で、明日の月例会本番。やっぱり中止。
これで5回連続。

どんなからくりがあるのか、オーガ様。
「様」を付けてやるよ。

 

| | コメント (0)
|

9/20 21:00 隠し砦の三悪人

「隠し砦の三悪人」

黒澤明の名作。めちゃめちゃおもしろい。

以前ここでも書いた今年5月にリメイクされたやつは観ていない。あんまり観る気もない。

C3por2d2

21:00からBS2で。久し振り、楽しみ~

 

| | コメント (0)
|

2008年9月18日 (木)

9/18 「走」 9周

62.5分

月曜:発熱、火曜~木曜:胃痛。自ら診断、ウィルス性胃腸炎。
今週は「泳」は休みとして、今日は胃痛もだいぶましになったので走った。
やっぱり病み上がりでしんどかったが、ゆっくり走ったので大丈夫。
それより右膝がよろしくない、違和感というよりもこれは痛みかな。
10月からはペースアップしたいのでしっかりアイシングしよう。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月17日 (水)

近江散歩、奈良散歩

Photo 『近江散歩、奈良散歩―街道をゆく24』

司馬遼太郎 朝日文庫

ブログを書き始めて司馬遼太郎の本を書くのは初めてと思う。以前に近江散歩だけ読んで放ったらかしにしてたのを思い出したように奈良散歩を読んだ。

ちなみに私の最も好きな作家は司馬遼太郎。残念ながらすでに故人になってしまったので、新作が出てこないのが残念。読み残してる作品はもったいないので少しずつ読もうと思っている。

この街道をゆくシリーズもけっこう未読があって今後の楽しみ。

久しぶりに抜書き、#は感想。

日本語には、させて頂きます、というふしぎな語法がある。/この語法は上方から出た。ちかごろは東京弁にも入りこんで、標準語を混乱(?)させている。「それでは帰らせて頂きます」。「あすとりに来させて頂きます」。「そういうわけで、御社に受験させて頂きました」。「はい、おかげ様で、元気に暮させて頂いております」。/この語法は、浄土真宗(真宗・門徒・本願寺)の教義上から出たもので、他宗には、思想としても、言いまわしとしても無い。真宗においては、すべて阿弥陀如来―他力―によって生かしていただいている。三度の食事も、阿弥陀如来のお陰でおいしくいただき、家族もろとも息災に過ごさせていただき、ときにはお寺で本山からの説教師の説教を聞かせていただき、途中、用があって帰らせていただき、夜は九時に寝かせていただく。この語法は、絶対他力を想定してしか成立しない。それによって「お陰」が成立し、「お陰」という観念があればこそ、「地下鉄で虎ノ門までゆかせて頂きました」などと言う。相手の銭で乗ったわけではない。自分の足と銭で地下鉄に乗ったのに、「頂きました」などというのは、他力への信仰が存在するためである。もっともいまは語法だけになっている。

#近江にも奈良にも関係ないが、こういう雑学的なところがちょこちょこ出てくるのもまたいい。

 
現存する塔のなかでもっともすばらしいのは、「凍れる音楽」などといわれる薬師寺の東塔(建立は730年とされる)だが、・・・

#すぐに思い浮かべれる人はどれくらいいるんだろう。今度は薬師寺に行こう。

 
死者に戒名をつけるなどという奇習がはじまったのはほんの近世になってからである。インド仏教にも中国仏教にもそんな形式も思想もない。江戸期になって一般化したが、おそらく寺院経営のためのもので、仏教とは無縁のものといっていい。戒名がさほどの歴史性もなく、仏教の教義にも関係がないというのは、わが国最古の過去帳をもつ修二会がそれを証明している。

#させて頂きますも、薬師寺も、戒名も、すべて近江も奈良も関係なかった。。

でも、この本を読んで阿修羅を見るために興福寺に行きたくなって実際に行ったのは事実。

評価:8点

 

| | コメント (0)
|

2008年9月16日 (火)

発熱

昨日の夕方からなぜか発熱。
なのに、無理して「ベン・ハー」3時間40分を鑑賞。
観終わったら38℃になってた。

夜中は熱でうなされながらも気合いで朝には熱も下がり出勤。
でも、体調崩した状態での睡眠時間5時間は少なかった。
一日中眠くて仕事にならんかった。

なんで発熱?
遊び過ぎ、と横から突っ込みが入ったが、金曜10km走って、土曜若草山登って降りて、日曜2時間飛んで、それくらいで熱を出すようなやわな身体じゃないはず。

まあ、どうでもいい。
今日は早く寝るために早く帰ってきたし、早く寝よう。

 

| | コメント (2)
|

2008年9月15日 (月)

9/15 20:00 ベン・ハー

「ベン・ハー」

1959年アカデミー賞11部門受賞

Photo

今晩20:00からBS2で。おすすめ!

 

| | コメント (0)
|

2008年9月14日 (日)

9/14 竜門

東 max1250

マツやオーガの岩屋へ行くという計画も、予報がそんなに良くないためにキャンセルになったらしく、こちらもおとなしく竜門へ。

予報は問題ないし、正午頃まではパラも上がってていい感じ。が、高層雲が張り出し、今日は終わったかという雰囲気に。。そんな条件に負けじと、プレ月例会としてオーガ競技委員長がトノヤンの意見を入れつつタスクセット。

ツノありは、TO→小学校→Lタン→松下→竹房L
ツノなしは、松下の後→北山→井阪橋→竹房L 約40km

ツノなし一番機はイデ女王、ちょっと早すぎたみたい。
13時半すぎて、サノさん右尾根へ、続いてサダボン南西側へ、どちらもダメなのを確認してTO。沖にはコンバージェンスと思われるクラウドストリートあり。それには届かないが、場の風が南東風であり、なんでもいいからリフトを引っ掛けたらそのストリートへ吸われていくかも、と期待してまっすぐランディング方向へ向かう。サノさんとサダボンが下でがんばり始めたら、できるだけ高度を持ってその上にかぶさろうという下心もあり。

予想通り、サダボンが竹房でがんばり始めたのでその上へ。東風に流されながらもなんとか1000弱まで。TOして一直線に真下に突っ込んできたフーミン、けっこうがんばってたが上げきれず、残念。でもいい突っ込みだった。オーガも同じタイミングのTOだったから2機で来ればなんとかなったかも?

小学校をとってコカコーラ上空の雲へ向かう。リフトはあるもなかなか上げきれず、松下上空の雲に移動。ここはよかった。1200弱まで上げてLタンへ、南がらみの東風のため落とされたが800でとり、すぐに山から逃げ竜門L上で弱いリフトに500でヒット。次の松下へ流されながら800弱まで戻し、650で松下ゲット。東へ向いてすぐにヒット、1100弱まで戻して粉河寺上空の雲を目指す。これはハズレ、川まで戻ってヒット、本日一番1300弱まで。でも雲はもっと高かった。

まっすぐ北山へ向かい900弱でリターン。すぐに川まで戻り800から1000弱まで戻し西へ。パラがたくさん寺山で浮いているので弱いながらも北が入ってきたのを確認。そのまま井阪へ。450でリターンし竹房150で到着、ゴール!2時間かかった。。

Ws000000

結果的にナイスタスクやった。
月例会もこれくらい飛べたらいい、おっとその前に晴れてくれないと。
どうやら9/21(日)に決定したらしい。どうなる?オーガ伝説。

 

| | コメント (2)
|

9/13 奈良散歩

司馬遼太郎「街道をゆく」シリーズの「24奈良散歩」を読んでいて久しぶりに阿修羅が見たくなり、奈良へ。読み終わってから行くのが望ましいが、思い立ったが吉日、若草山の山開きも本日9/13からということなので、決行。

興福寺
まずは五重塔で記念撮影
Photo

お目当ての阿修羅はここ興福寺の国宝館にいる。
国宝館内は撮影禁止、なのでネットから拾った画像を。
Asura

国宝館内には他にもいい仏像がいっぱい。
阿形と吽形。これもネットから拾ってきたので、大きさが違うのはしょうがない。
A Un

 
東大寺
奈良まで来たら大仏を見ないわけにはいかない。

まずは南大門。
Photo_5
この左右に金剛力士像がある。ここも阿形と吽形。
Photo_2 Photo_3

そしていよいよ大仏殿。何度来てもその大きさには圧倒される。
Photo_4
なかなか写真では大きさが表せない。
ちょっと違ったアングルで。
Photo_6

そして大仏。ここでは写真OKなのがありがたい。
Photo_7

もちろん、お約束の柱のくぐり抜けも。
Photo_8

 
③奈良公園
お約束と言えば、鹿せんべい。
Photo_9
次男坊はこわがってファインダーに入らず。。

 
④若草山
子どもの頃、学校の遠足で来て友だちとふざけあってつい上から走ってしまい、止まらなくなってしまったことが懐かしく、息子たちにもそれを体験させたくて連れてきた。ゲートのおばちゃんから、下りるときには絶対に走らないで下さいね、という注意がありますます走りたくなったが、鹿のフンが半端じゃない、、走る気が失せた。。
Photo_10
342mの山頂まで登り切り、遊歩道を通って下山。

 
春日大社
ついでに立ち寄る。さすが世界遺産、外人がいっぱい。
石灯籠がたくさんあるのが印象的。
Photo_11

 
散歩というにはたっぷり歩いてかなり疲れた。
午後だけでこれだけ回るのはちょっと多かったかも。。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月13日 (土)

9/12 「走」 9周

61.5分

まだ右膝の違和感が消えない。ペースを上げれない。
まだ今日も暑かったが、そろそろ気温も下がってくるはず。
ペースを上げないと練習にならない。そのための慣らしも早く終わらせたい。
さぼってないで、ちゃんとアイシングしよう。
酔っぱらってるけど、腰を上げよう!

 

| | コメント (0)
|

2008年9月11日 (木)

猛虎復活!

3戦連続サヨナラ勝ち。
そのうち2つは押出しサヨナラやけど。。
しばらく貯金を食いつぶしてたけど、これで大丈夫やろ。

Photo_2

今岡も帰ってきたし、後は久保田さえ出さんかったら安心や。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月10日 (水)

陰日向に咲く

Photo_3 『陰日向に咲く』 劇団ひとり

幻冬舎文庫 単行本は06年1月刊

単行本は100万部突破。でもハードカバーを買う気にはならず文庫化を待っていた。で、文庫になったので読んでみたが、やっぱりハードカバーを買わなくてよかった、後悔せずにすんだ。

けっこう評価されているし、読みやすいし、うまいなあと思うところもあるが、やっぱり芸人が書いたということで注目され評価されているのだと思う。読後、特に何も残らない。

評価:5点

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 8日 (月)

9/8 「泳」 2150

1500+Fr50×4本+Frキック50×4本+Fr50×4本+ダウン50
=2150

1500は25分50秒。1500を泳いだのは1ヶ月以上ぶり。
気楽にFrだけにした。のんびり泳ごうかと思っていたが、つい力が入り疲れた。。

昨日久しぶりに3時間飛んだのであちこち筋肉痛。
明日はこれに水泳による筋肉痛が加わる。
明日は研修、眠くなるやろうなあ。。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 7日 (日)

9/7 竜門

北西→北 max1500弱

久しぶりに竜門を満喫した。北が吹くとバカチョンだ、このエリア。

昨日、七人の侍を観て、日本代表の試合も観て、明らかに寝不足。
昼過ぎの大きい雲による陰りの中、ランチャーの上で寝てたらいつの間にかサノさんが上がってたのであわてて13時過ぎにTO。目の前で上がり始めたオーガの下でじわじわ上げ、このときの雲底は1100。一足早く寺山で雲底に付けていたサノさんはすでに桜池まで行って戻ってきた。とりあえず西方向へ向かい、JRの雲で戻しながらどこへ行こうか検討するも西も北も雲がない。南西方向のパフを目指してみるも空振り。山頂に戻ってやり直し。

ウッシーやフーミンと上げきって、先にパラが集団で向かっていった北方向へ。パラを追いかけるとはちょっと情けない。沖の雲底は高く1300。たくさんのパラと、イデ女王、オーガ、フーミン、エンドー君と上になったり下になったり先に行ったり行かれたりしながら前山へ向かうもタッチレベル。引き返してきて川の上で再び雲底に付け、東方向の雲を味見しに行く。ここでエンドー君と1500弱まで上がり、エンドー君、東へ発射。14:45、今から九度山行くの?と思うが見送るわけにはいかないので追っかける。

谷を渡ってから2人で1300まで戻して九度山赤白パラボラへ。1000でリターンしたら、高くついてきたエンドー君、ちょい手前でリターン。なにっ?あとはダミーをさせられた。。谷渡りの手前で700切ってからヒット、900まで。谷渡って北山を廻り込んで600切ってからヒット、1000まで。これで帰れる、ホッとしながら久しぶりの満足感。

あとはぶらぶら、降りようと思って井坂橋まで行って帰ってきてMLで150。パラがたくさんいるしリフトも上がってくるのでランディングいややなあ、と上げ直してしまい、山頂まで行きリフライトのトモエさんにしばしお付き合い。北から黒っぽい空域が近付いてきて、トノヤンからの忠告もあり、松下方向へグライドして高度落としてからフーミンに続いてランディング、ちょうど3時間。竜門らしく飛べたのは4月以来。オーガ、悪Bは近大に行ったらしい。予想以上に飛べてよかった。そろそろ秋か?

 

| | コメント (0)
|

十一人の侍

七人の侍、おもしろかった~

やっぱり、黒澤明はすげえ。

 
さて、次は十一人の侍。

観戦後、おもしろかった~と言わせてもらえるか?

とりあえず、前半はおもしろかった。

相変わらずヤットのPKはイケてた。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 6日 (土)

9/6 20:00 七人の侍

キターーッ! 「七人の侍」、名作中の名作!
Photo_2 

今晩、BS2で20:00から放送

まだ観たことない人は観ないといけない。

BSだしCMないし、HDDに録画や。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 5日 (金)

ぶどう

9月に入ったのにいつまでも向日葵ではおかしいので、グレープ。

サイドの色がなかなかいい。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 4日 (木)

ハリー・ポッターと死の秘宝 上・下

Photo 『ハリー・ポッターと死の秘宝 上・下』

J.K.ローリング 静山社 08年/7月刊

遂に最終巻、おもしろかった。

残念なのは、一番の感動ポイントが、訳者のあとがきを読んでから本編の該当部を読み直して気付いたこと。ここの工夫がなんとかならんかったものか。。

これまでの伏線から、この人物に関しては何かあるだろうと思っていた。

 
全7巻、4巻目からは上下2冊ずつの大河ドラマ。
おそらく今後古典となるだろう名作だと思う。だからこそ買って読んでいた。

ちなみにこのシリーズの映画は観たことがない。
おもしろいかどうか知らんが、原作を超えることはありえないだろうから今後も観る気はない。

評価:10点(シリーズ通して)

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 3日 (水)

9/3 「走」 9周

64分

右膝と右足首に違和感。
膝はよくあることだが、足首はあんまり記憶にない。

こんなことでは、まだまだペースを上げれない。

 
残業してから走ったので帰宅が遅くなりまたもやラジオ英会話できず。
9/1はテキスト買い忘れ、9/2は23:40直前に落ちてしまい、9/3は上記のとおり。
9/1から心を入れ換える予定が、、明日こそ。。

 

| | コメント (0)
|

2008年9月 2日 (火)

今週の「泳」

「泳」はお休み。

今週は、宴会2、出張1、研修1。
定時後に時間を作れるのは1日のみ。
「泳」「走」どちらもは無理、どっちにするか。
「泳」は試合も終わったし、これからは「走」のシーズンだし、「走」にしよう。

宴会は2日とも部署の歓迎会。半分仕事や。
仕事は山積みだが、1日くらい定時後に時間作ってもいいだろう。
平日とはいえ、仕事に追われるままなんてのはやなこった。

 

| | コメント (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »