« 2009世界選手権 | トップページ | 11/14 「走」 10周 »

2008年11月13日 (木)

とてつもない日本

Photo 『とてつもない日本』 麻生太郎

 新潮新書 07年6月刊

昨年出版された本で、総理大臣になる前、外務大臣のときに書かれた。タイトルがいまいちだなあと思う。前々総理の「美しい国へ」も変なタイトルだった。内容は安倍晋三よりはかなりましだと思う。「美しい・・」はかなりひどかった、と個人的には思っている。

定額給付金、かなり世間をにぎわせているが、お金くれるのは正直ありがたい。他にもっと大事なことがあるやろう、とは思うけど。。

その他に最近メディアにつつかれているのは、漢字が読めないこと。「踏襲」「頻繁」「未曾有」、、漫画ばっかり読んでるから漢字読めんのやろ、と思われないように、原稿書く奴が振り仮名ふっといてあげないと、、かりにも一国の首相なんやから。。

以下、抜書き。#は感想。

反日感情が高まって、中国の重慶のサッカー場ですごい騒ぎになったのとほぼ同じ時期に、谷村新司さんは上海で十万人を集めて野外コンサートをやった。エンディングで歌ったのが「昴」。観客の90パーセントが、スタンディング・オベーションをしながら、日本語で歌ったという。騒ぎを起こしたのも中国人ならば、「我は行く~」と大合唱したのも中国人である。/当時、日本のマスコミは重慶ばかり報道していたけれども、こちらの話も扱ってくれないと公平さを欠くのではないだろうか。冷静に世界を眺めてみると、実は日本文化というのがとてつもない力を持っているということが分かる。

#確かにメディアは公平さを欠いていると思う。なんとかならんもんか。。

 
『ライオン・キング』の「元ネタ」が手塚治虫の『ジャングル大帝』なのは有名な話である。映画『マトリックス』の製作者も日本のマンガの大ファンだそうだ。/・・・/サッカーのワールドカップで活躍したフランスのジダンやイタリアのトッティがインタビューで、「あなたは何をきっかけにサッカーを始めましたか?」と聞かれて、二人とも同じことを言っている。/「きっかけは『キャプテン翼』だ」/彼らは、日本のアニメを見て、サッカーをやるようになったというのである。

#さすがマンガ好き。こういう話をこういう本に書くことも麻生ならでは。

 
靖国神社は、・・・本来の神社ではない。したがってその設立趣旨、経緯から、靖国は神社本庁に属したことがない。伊勢神宮以下、全国に約八万を数える神社を束ねるのが神社本庁だが、靖国神社はこれに属していないのだ。

#靖国は宗教法人だとは恥ずかしながら知らなかった。宗教法人であるなら、政治家が参拝するたびに問題になるのは当たり前。政教分離の原則というものがあるのだから。

 
この本を読んで私の中ではちょっと評価が上がったが、世間的には定額給付金にまつわるごたごたで評価下げてるし、口が悪いようだから口から身を滅ぼすような気がするなあ。

評価:8点

 

|
|

« 2009世界選手権 | トップページ | 11/14 「走」 10周 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009世界選手権 | トップページ | 11/14 「走」 10周 »