« 4/13 「泳」 2150 | トップページ | 4/15 竜門 »

2009年4月14日 (火)

世界選手権出場断念

せっかく回ってきたチャンスだったが、今回は断念した。

1国あたり4人で総枠120人に届かない場合、5人目の枠が国別ランキングの上位から回ってくる、という変なルール。その5人目の枠が日本にも回ってきて、私に出場権が回ってきた。

諸般の事情を鑑みて今回の決断となった。いわゆる「大人の決断」。

最大の理由は、2週間以上会社を休むかどうか、ということ。このご時勢、さすがにそれは自制しておいた方がいいだろう、との判断。これまでがんばってリストラをなんとかかわしてきたというのに、自らそこに飛び込む愚は避けよう、と。もういい歳だし、会社でのポジションなんかを考えるとやむを得ない。

2001年に出場した世界選は勤続10年後に利用できるリフレッシュ休暇を活用した。
2007年(2006年度)のフォーブスは同じく15年後のリフレッシュ休暇を使った。

2011年には新設される勤続20年後のパワーアップ休暇を利用できる。正々堂々と2週間以上休める。ということで目指せ!モンテクッコ。冷静に考えると、海外のレースに出るにはこの5年毎の制度を活用しないと無理な気がする。この制度を使わずに2週間以上休むのは仕事で大きな成果を上げたら可能かもしれないが、それはハングで成績を出すよりも難しい。。

2年に1度の世界選に出るには10年に1回しかチャンスがないことになる。そのチャンスに成績を揃えないといけない。今年と来年でしっかりポイントを積み上げないと。先日の板敷のような不甲斐ない飛びをしていてはいけない。十分一はもっと集中していこう。

一から出直し。とりあえずは明日の竜門から。

 
世界選出場、サラリーマンフライヤーでもできるはず。

 

|
|

« 4/13 「泳」 2150 | トップページ | 4/15 竜門 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4/13 「泳」 2150 | トップページ | 4/15 竜門 »