« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

池田二日目

どんぐもり
TO→アピ→池田温泉→般若寺(牧場ふもと)→・・・ 36km

池田温泉まで取ったらミニマム。リョーヘーが般若寺目指してアウトサイドがトップ。ミニマム取れた人はベストポジション取ってメインラン。

ガスが下がってきて後半はテイクオフもできず。成立したかどうかはビミョー。
明日は雨100%予報。

 
追記
出席57人、飛べた人33人、ミニマム取れた人9人
→点数1点(ミニマム取っても取らなくても飛んだら1点)

成績は→こちら

 

| | コメント (0)
|

2009年7月30日 (木)

池田初日

ええ天気やん。
TO→池田温泉→牧場→寺内神社→城台山→さらじ→権現山→大平山(さらじ東)→なんとか工場(観覧車西)→GL3 60km

ゴールは出なかったけど、トップはやっぱりネ申。大平山手前まで、40km弱。城台山まで取れたのがスズキ、ヒラバヤシ、20kmくらい。寺内神社まで取れたのはリフライト含めて10人くらい?

私もリフライト組。この暑さで2本も飛ぶとバテバテ。予報に反してギラギラ太陽やし。

今日は予報のおかげで欠席者がいっぱいいたけど、そこそこ飛べてよかった。テイクオフすぐの上げがトリッキーでたいへんやったけど。

成績は→こちら

 

| | コメント (0)
|

2009年7月29日 (水)

7/29 「泳」 2150

1500+(Ba25+Fr25)×4本+Frキック50×4本+(Br25+Fr25)×3本+(Bu25+Fr25)×1本+ダウン50
=2150

1500は25分15秒。途中から後ろにぴったりついて泳ぐ人が現れ、そうなると気持ちが入り、しっかり引き離したった。練習後半には人が少なくなったのでBuも25だけ泳いだ。8月末の水泳部の試合は100個メを泳ごうかなと思っているので、8月に入ったら4種目ともまんべんなく練習しよう。

今日は驚きが一つ。
今まで使っていたゴーグルの鼻の部分のゴムが先日切れたので、今日はおニューのゴーグル。なんと視界のクリアなことか!つまりは、今までなんと悪い視界で泳いでたのか、ということ。コーティングも剥げ始めたキズだらけのゴーグル、何年前から使っていたか忘れてしまったくらいのねんきもの。やっぱり道具は定期的に交換しないと。

「飛」の大会前は筋肉痛を残したくないので普段は泳がないけど、明日以降は身体も腐りそうなので今日はしっかり泳いでおいた。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月28日 (火)

晴れマークが。。。

会社休んでネットカフェ引きこもりか?

昨年は週間予報にギラギラ太陽が出ていた

今年は、このありさま。。
Ws000000

昔、丹沢にマンフレッド・ルーマーが来た時、話するのは嫌いっぽかったけど。話を聞くのはあまり期待してなかったけど、この予報ではいっしょに飛べそうにないし、話聞くのがメインになりそう。いい話してくれるんやろか。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月27日 (月)

ゲリラゴ!

家族の日常会話の中で、次男坊が使っていた。

「ゲリラゴ」

ん?他の3人でなんのことやろうと前後の文脈から考えたところ、判明した。

ゲリラ豪雨のことらしい。単語は耳から覚える年頃のゆえ。

それ以来、我が家では強めの雨がくると、

来た! ゲリラゴ!!

けっこう気に入っている。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月26日 (日)

神戸市立須磨海浜水族園

「行こう!神戸」キャンペーンの入場料無料を今日もいただき。

ゲリラ豪雨が予想されるためインドアの須磨水族園を選択。
大人1300円、小人500円。家族4人で3600円のお得。
キャンペーンは8/16までやで~

海遊館の目玉がジンベエザメなら、ここの目玉はイルカショー。
日曜はAMに3回、PMは1回。サッカーの試合が終わってから向かったので14時のショーしか選べない。無料というのもかなり浸透しているみたいでものすごい人。開演20分前に到着した時点で立見もできないありさま。なんとか出口前の通路での立見を確保。目の前の柵の隙間からレンズを伸ばしてパチリ。
Photo_4

イルカショーはぜひ前から3列目以内で。

続いてのペンギンの散歩は座って見れた。
イルカを見て固まるペンギンたち

 
館へ戻って人混みの中、鑑賞。

大水槽ではエイに魅かれる、空飛んでるみたい。

タツノオトシゴ、いつ見ても不思議だ。

 
水族園の南出口を出たら海水浴場。
おそらく近畿圏ではもっともギャルが多い浜じゃないか。
ビキニギャルもちょっとだけ見れた。写真撮るわけにはいかんかったけど。

 

| | コメント (0)
|

今季初勝利

8-0、圧勝!

相手チームはこの蒸し暑さの中、2試合目。しかも10人しかいない。
エースのカイ君がハットトリック、ムラタ君、マエハラ君が1点ずつ、うちの長男坊もセンターバックながら1点。後半途中からその4人を含め主力メンバーをごっそり交代してもさらに2点追加。

80
試合終了後の挨拶。
右の方のビブスを着用しているのが途中からさがっていた主力メンバー。

今季初勝利どころか今季初得点の試合。
今季最後の勝利かもしれないのでここにも書き残しておこう。

 

| | コメント (0)
|

ナイトミュージアム、ショーシャンクの空に

TSUTAYAに行ったら、今夏のパート2の公開に向けてレンタル半額となっていた「ナイトミュージアム」をチビたちが選択。
Photo_2

 
レンタル100円コーナーから「ショーシャンクの空に」を奥さんが選択。
Photo_3

 
自宅にて2本立。

「ナイト~」はファミリー向けでおもしろかった。

「ショーシャンク~」はチビたちが寝てから自宅内レイトショー。
これが当たり! いや~良かったね~
評価:10点

 

| | コメント (0)
|

2009年7月25日 (土)

街頭演説

うちの駅に大物が来るというので見に行った。

2

民主党幹事長
Photo

家族4人とも握手した。ミーハーや。。

なるか政権交代?! 楽しみ~

 

| | コメント (0)
|

2009年7月24日 (金)

昨年の池田山カップのタスク設定についての考察③

つづき

task3
Task3
↓縦軸変更
Task32

地図、タスク距離=54.2km
Task3_2

1つめのグラフでは一定した傾きで右肩下がりなので、これだけでは一見、序盤から最後まで一定した難易度のタスクかと思いきや、2つめのグラフで示す通り、まったくそんなことはなかった。最後の2点の落ち込みが激しい。

大野橋を取ったのは25人、それが南へ行ってV字に北へ戻る20数kmのレグの後、ゴールに届いたのは3人。JR橋を取った人の内、20%しかゴールにたどり着けなかった。3日間の全タスクを通しての最低値。明らかにJR橋が遠かった。

最終日なのでゴール人数は増やしたかったが、タスクコミッティの想いは叶わなかった。最後のJR橋の設定は迷った。普通は焼却場で折り返す。task2では焼却場より1つ南のさぎた橋がクリアできた。エリアを拡げたいという想いから候補に上がったのが、さらに南のJR橋。

この焼却場以南はむずかしい。フリーフライトでも焼却場横のサブランに降りてしまったことは何度もある。それどころか北から南下して焼却場にたどり着けなかったことも何度もある。おそらく海風が入ってきて渋くなるのだと推測され、それがどこまで北上してくるかが読めない。この日のJR橋近辺は対流の弱い空気塊に完全に呑み込まれてしまった。早めにここをクリアできた人たちが先へ進めた。この折り返しポイントをもう少し北側に設定していれば、ゴール人数を増やすことはできただろう。

ただ、ゴールは出ているので失敗タスクではない。タスク設定における、エリアを拡げたい、という前向きな姿勢から出た結果なのでOKだと考える。ちなみにこのポイントを決定したのは競技委員長のマッスーであり、そのチャレンジングな姿勢は評価に値する。

 
■3タスクを通して、そして今年
そのエリアの、その時期の、その当日の、ポテンシャルを最大限に引き出すタスクを設定することはむずかしい。が、それを達成できたときはとてもうれしい。昨年のタスク設定はとてもよかったと思う。でも、そこで満足したら進歩がない。100%思い通りにいったわけではなく、こうすればよかった、ああすればよかったという思いは残る。昨年でいうと大野橋以東と焼却場以南の使い方。明らかにデータ不足であるため、今年はそこを事前に調べておきたかったが、この7月の長梅雨。全然練習させてもらえなかった。今週末もダメそう。。

今年はぶっつけ本番で!
いやいや、昨年のデータを活用していいタスクを組んでください
→タスクコミッティさん

 

| | コメント (0)
|

2009年7月23日 (木)

昨年の池田山カップのタスク設定についての考察②

つづき

task2
Task2
↓縦軸変更
Task22

地図、タスク距離=69.7km
Task2_2
(追記:2つめのパイロン=牧場をまちがえた、正しくはさらに西側)

2つめのグラフにおいてtask1の最低値より低い値が4点もある。
その4点についての考察。

1.片山寺→牧場
山は渋く、さらにこのパイロンの高度が高かったこともあり低い値になったと考えられる。どのエリアでもそうだが、高い位置にあるパイロンは要注意だ。条件が予報よりも渋くなったとき、そういうパイロンがそのタスク全体にとっての命取りになる。

2.寺内神社→さぎた橋
3.さぎた橋→大野橋
この2つはいっしょに考えた方がよいかと思う。寺内神社を取った32人の内、さぎた橋まで行けたのは半分強の56%、さらに大野橋までたどり着けたのはその半分強の56%。大野橋を取れたのは10人にまで減ってしまった。この北の山から南へ行って帰ってくる20km強の往復レグがこのタスクの肝となった。さぎた橋がちょっと遠かったか?

4.みぼう山→ゴール
このタスクの最低値33%、みぼう山を取った9人の内、3人しかゴールに届かなかった。ゴールが遠すぎたのではなく、みぼう山が遠すぎたと思われる。みぼう山の一つ前のごうど橋は、さらにその前の大野橋を取った10人全員が取れた。この設定は問題ないだろう。問題はやはりみぼう山だろう。

ゴールの場所が限られている場合、タスク設定の際、タスクの終盤はゴールから先に決めていくことになる。ごうど橋は大会前のフリーフライトにてクリアできたパイロンであり、自信を持って選択した。ただしフリーフライトのときはごうど橋でガツンとヒットしたが、大会本番ではここではリフトがなく少々ズレがあったが。みぼう山に関してはフリーフライトでトライしたことがなく、春にはクリアされているポイントだが夏にはクリアされた実績がなかったということで少々リスクテイクな採用となり、結果、ゴール人数を減らすこととなってしまった。

 
■task2全体を通して
タスクコミッティとしては、前日のゴール人数が20人を超えた、この日は好条件の予報が出ていた、という2点から、たとえゴール人数が減っても大きいタスクを組もう、という意思の下で組んだタスクなので、ゴール人数は少なかったが、それも想定内であり良かったと思う。いざ飛んでみると条件が渋くて、とてもゴールが出るとは思えなかったが、ちゃんと3人もゴールしてくれたしトップが2時間半を超えるというとてもタフなタスク(この時期としては)となり自分としては満足している。

これで最終日のタスクで再びゴール人数が増えたら申し分なかったが。。

つづく

 

| | コメント (2)
|

2009年7月22日 (水)

7/22 「泳」 2100

1500+(Ba25+Fr25)×3本+Frキック50×4本+(Br25+Fr25)×4本+ダウン50
=2100

1500は25分40秒。
今日は人が多くて思うように泳げず。月曜祝日の影響か?裏向いて泳ぐのは無理があったのでBaは3本で終了。人が多くてすぐに前につっかえてしまうので、腰痛がまだ引いていないが、いちばん遅いBrをメニューに入れた。

世界水泳が始まっているが、まだシンクロのみ。
競泳は7/26から。ローマなので決勝が日本では深夜というのがちとつらい。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月21日 (火)

昨年の池田山カップのタスク設定についての考察①

今年はさっぱり思うように飛べない池田山。
池田山が悪いわけではなく、天気が悪い。
今週末が大会前最後の練習のチャンスだが週間予報はよろしくない。
このままろくに練習できずに本番を迎えることになるかも。

そこで昨年の大会のタスクを振り返ってみた。
さらに突っ込んでいうと、昨年はタスクコミッティだったのでタスク設定について省みることにした。

各タスクについて、縦軸に「パイロンをクリアした人数」を置いて、横軸にTOからゴールまでのパイロンを置いて図示してみた。

task1
Task1

task2
Task2

task3
Task3

 
グラフの見方
task1を例にとって、TOした人数は59人、最初のパイロン「秋葉神社」を取ったのが57人、・・・「揖斐川河川敷」にゴールした人数は21人。task2ではゴールは3人、task3でもゴールは3人。

どのレグが、もしくはどのパイロンが難易度が高かったのか明らかにしようとしたが、これではよくわからない。

そこで縦軸をいじってみた。

task1
Task1_2
↓縦軸変更
Task12

地図も添付、タスク距離=47.2km
Task1_3

縦軸を「ひとつ前のパイロンをクリアした人数の内、次のパイロンをクリアした人数の割合(%)」とした。最初の点=TOした59人の内、秋葉を取ったのは57人なので57/59で97%。2つ目の点=秋葉を取った57人の内、次の小島(下)を取ったのは38人なので38/57で67%、・・・

つまり100%であるならそのパイロンは難易度が低いということになると推測される。焼却場を取った人全員が次のパイロンの寺内神社が取れている。フォローだったせいもあるだろう。task1においてこの指標の最低値は67%、この数字は3人中2人がクリアできたという数字。特に難所がなく21人という多めのゴール人数が出たと推測される。

問題は、ゴール人数が3人しか出なかったtask2とtask3。
その考察はまた次回。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月20日 (月)

7/20 池田

ぶっ飛び

西 晴れのち曇りのち雨

登頂する頃は晴れていたが、セットアップ中に曇ってしまい、ハングでは早めに出たイノウエさんだけチョロッとゲイン。後は風も悪くなりテイクオフするだけで精一杯。私は12時半頃テイクオフし、アピまでチョッカッて50回弱センタリングするも、まったくゲインなく30分もたずにランディング。今日は人も多かったが、みんな大同小異。おまけにランディングでだらだらしてたら雨にまで降られた。

なんとしょぼい3連休。ぶっ飛び1本のみ。
大会前の練習はいよいよ来週の土日のみ。
このままではネ申に勝てない。たっぷり練習できても勝てるわけないけどね。

 
行きは高速使って2時間半、高速代2200円。
帰りは途中まで下道使って、高速代1400円。しかし時間は5時間弱。
早めに高速のって渋滞する前に帰った方がいいわ。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月19日 (日)

神戸市立青少年科学館、もっこすラーメン

昼から雨の予報だったのでインドアを選択。

神戸市立青少年科学館、ポートアイランドにある。
目玉はプラネタリウムかな。なぜか7/17~8/16まで無料開放中。「行こう!神戸」キャンペーンのうちの一つらしい。いろんな施設が無料。これは利用しないと。

専用駐車場がないので、お隣のIKEAに駐車。無料。
展示室:大人600円小人300円、プラネタリウム:大人400円小人200円、すべて無料。プラネタリウムは2番組見た。家族4人で4200円のお得!

アトラクションとしてハンググライダーというのもあった。
人数限定だったので、チビたちに並ばせてまでして体験させた。

後ろから
Hg1

前から
Hgfront

目の前の映像が5つのパターンから選べる。
次男坊は立山黒部を選択、黒部ダムが見える
Hgkurobe_2

長男坊はオーストラリアを選択、オペラハウスが見える
Hgsydney

まあ、これは子供だましだが、科学館らしい展示が豊富で、そこそこおもしろく量もたっぷりあってすべては見きれなかった。

プラネタリウムの番組の1つは宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」。かなり原作に忠実に再現したとのことで、幻想的でちょっと宗教チックでおもしろいというようなものではなく、うちのチビたちと奥さんはすっかり寝てた。私はまあまあ気に入ったけど。でも宮沢賢治はむずかしいなあ。原作はまだ読んでない(以前読みかけて挫折した)ので読みたい本リストに加えておこう。

 
行きは時間節約のため高速使って行たが、帰りはお金節約のため下道使って2号線で帰った。プラネタリウム内が寒くてすっかり身体も冷えてしまい、ラーメンが食べたくなったので、久しぶりに「もっこす」に行った。2号線を神戸から大阪方面に走ってるとつい食べたくなるんよなあ。2号線沿いの石屋川店。細麺にこってりぎとぎとスープ。お腹いっぱいというか、こってりさに胸がいっぱいになった。

 

| | コメント (2)
|

2009年7月18日 (土)

飛行距離2009上半期

梅雨明けはまだか?
なんだこの3連休の予報は。。

チビたちは昼からサッカーの練習で、遊び相手もなくフライトログの整理など。

 
上半期(~6月)まとめ
31本のフライトで総飛行距離=1028km
平均=33.2km

比較対象として、昨年1年間まとめ
48本のフライトで総飛行距離=1173km
平均=24.4km

 
昨年の算出方法
・SeeYouのOptimizeで算出されるHGの3TPの距離
・10km以下は加算しない

今年はこれに足尾勢が採用しているルールを追加
・最遠区間10km以下のフライトは加算しない

 
今年は昨年と比較してよく飛べている。
竜門で日選に備えてエリアを拡げるチャレンジができたこと、板敷の大会でいっぱい飛ばせてもらったこと、大佐から数本クロカンできたこと、が効いている。

ただし竜門での計上できないフライトが多い。
最遠区間10km以下は計上不可、という足枷がきつい。
竜門平均=20.9km/19本。この19本のうち、ぶっ飛び2本、計上不可が7本。残り10本のフライト距離を19本で割り算しているので、実質はもっと飛べているが、決めたルールなのでしょうがない。下半期は竜門での距離をもっと意識しよう。

昨年は池田がそこそこ飛べたが、今年は今のところ天気が悪くてろくに飛べてない。大会までに実のある練習はできるのか?

梅雨明けはまだか?

 

| | コメント (0)
|

2009年7月16日 (木)

マンフレッド・ルーマー、竜門に!

トノエアの掲示板にも書かれていますが、以下、ミッチャンからの伝言です。

---
8月7日(金)フライト
8月8日(土)フライト
(土)晩19時~セミナーandbeerパ~ティー(ご馳走一杯)
損はさせません!

場所:桃源郷一軒家(大会での宿泊所)

パーティー参加費:1000円~1500円
宿泊:1泊500円(7(金)、8(土)共に宿泊可)

マンフレッド一家も桃源郷一軒家泊です。
もちろん鈴木夫妻も泊まります。
そしてイカロ試乗可!
---

夏の竜門を、ネ申はどう飛ぶのか?
興味津々~

  

| | コメント (0)
|

2009年7月15日 (水)

7/15 「泳」 2150

1500+(Ba25+Fr25)×4本+Frキック50×4本+(Ba25+Fr25)×4本+ダウン50
=2150

1500は25分40秒。
今使っている水着がかなり薄くなってきた。そろそろ替え時かも。
替えるといっても話題の次世代高速水着にするわけではない。着てみたいけど。

昨日の報道ステーションで次世代高速水着を取り上げていた。今や世界のトップはレーザーレーサーではないらしい。布0%、ラバー製やらポリウレタン製やら。。Jakedなんてメーカー全然知らんかった。

さて、7/19から世界水泳
目玉は、入江君vsピアソルの世界新記録をめぐる闘い。楽しみ~

 

| | コメント (3)
|

2009年7月14日 (火)

アムロちゃんツアー終了

先週の土日、上海で締め。
9月にライブDVD発売との噂。

Newsarean_a_n_a_anamieamuroinformat
Newsarean_a_n_a_anamieamuroinform_2
Newsarean_a_n_a_anamieamuroinform_3
Shanghai13
Shanghai21

噂の出所は確かで雑誌のインタビューにて。
年内にアルバムも出るかも、とのこと。その雑誌↓

「sweet」8月号(7/10発売)
Sweet0908_2
Sweet0908a Sweet0908d

 
「好きな顔」ランキングで男女ともに1位はアムロちゃん、というニュースも。

そうだろそうだろ。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月13日 (月)

ビッグニュースばっかりやん

帰宅して夕刊見てびっくり。
ヘッドラインニュースが3本も!所狭しと並んでた。

①解散総選挙8月31日
 石原都知事が麻生総理のことをKYと言ってたけど、まさしく。

②キリンとサントリーと統合
 サッポロファンとしては先行き不安。。

③「脳死は人の死」成立
 反対の人はドナーカード(意思表示カード)にてきっちり意思表明を。

 
これらを差し置いてのビッグニュースはKID失神KO。衝撃的映像だった。
魔裟斗はやっぱり強かったが、KIDはもうダメか?

 

| | コメント (0)
|

2009年7月12日 (日)

7/11 池田

くもり max1050

登頂中は晴れてたのにさあ飛ぼうという頃には曇り。
パラも浮かんでたのにハングがさあ飛ぼうという頃にはサバイバル状態。

いちおうタスクも組んでみた。
TO→野球場→焼却場ゴール

11:45テイクオフ。
少し前でパラが浮かんでたので右には行かずまっすぐ前へ。

後から出たマッスーがもう少し沖で上げ始めその下へ。
それからずっとマッスーの下面しか見れなかった。。

400~800、池田温泉~アピの辺り。
約2時間、マッスーとユアサさんと3人でたっぷりみがいた。

マッスーの上面を見ることを目標に飛び続けてたら最後に秋葉で1050まで上がり、マッスーに続いて沖へ向かって発射。マッスーは町の上でヒットしたが、コースがずれるのを嫌ってそれには寄らずまっすぐ三町大橋方向へグライド。そのままサクッと旧GL3にランディング。

2時間飛んだのに、最遠距離が9.7kmで、3TP=18.2kmは計上できず。。
でもいい練習になった。ミニマム6kmはクリアできた。

来週の3連休は池田合宿!

 

| | コメント (0)
|

2009年7月11日 (土)

MICHAEL JACKSON

どっぷりMTV世代なので高校生の頃よく見てた。
でもレコードを買うほどのファンというわけではなかった。

家族がマイケルのMTVを見たことがないというのでDVDを買った。
これは見ておくべきやろう。ついでにCDも買った。香典代わりや。

DVD
Dvd

CD
Cd_2

 
「THRILLER」が代名詞のようになっているが、
いちばんかっこいいのは「BAD」

 
個人的にいちばん好きなのは「BEAT IT」
BEAT ITあってのTRILLERでしょう

 
おまけ「EAT IT」、マイケルではない

 

| | コメント (0)
|

2009年7月 8日 (水)

7/8 「泳」 2150

1500+(Ba25+Fr25)×4本+Frキック50×4本+(Ba25+Fr25)×4本+ダウン50
=2150

1500は25分30秒。
まだ腰痛が引かず、今週もBa。そろそろBuやBrを泳ぎたくなってきた。

この時期の毎日のビール消費量と週1回の「泳」のこのメニューではつり合いが取れず、摂取カロリー過多。早く「走」も始めたいが、故障再発防止のためにもそれは自重。う~、腹が出る。。

 

| | コメント (0)
|

ハチはなぜ大量死したのか

Photo 『ハチはなぜ大量死したのか』

ローワン・ジェイコブセン 文芸春秋 09年1月刊

科学読み物としてはそこそこ売れている。原題は「Fruitless Fall」、直訳すると「実りなき秋」。環境問題を扱った本として、レイチェル・カーソンの「沈黙の春」はあまりにも有名。それを意識したタイトルであるがえらく意訳するもんだ。まあ、ハチのことを書いているし、結構インパクトある邦題だからこれはこれでいいかも。

北半球のミツバチが危ういらしいが、ハチのいろんな生態についてもとても興味深かった。

以下、抜書き。

・・・、ミツバチは摂氏15度以下では飛ぼうとしない。さらには、雨の日も飛ばない。朝も他の蜂に比べて比較的遅く、夕べも早々に引き上げる。リンゴ栽培の専門家である私の友人は、ミツバチは組合労働者だと言う。条件が折り合わないことがいくつかあると、その日の就業をやめてしまうから。

 
秋が殺風景な姿をさらすようになり、最後の花も姿を消すと、ミツバチのコロニーは幼虫を産み育てるのをやめ、巣の中央に身を寄せてかたまり、体を震わせ続ける。温かい中心部で守られているのは大切な女王だ。そして甘いものを食べ、体をくっつけ合って、厳しい日々を耐えしのぶ。発熱は、翅の筋肉を振動させることによって行う。そして凍死するようなことがないように、塊の内側と外側を常にローテーションし続ける。/この努力はしっかり実を結んでいる。外の気温がマイナス30度近くまで下がる北国の冬でも、ミツバチの塊の中心部は、蜂蜜パワーに駆動されて、アフリカ並みの摂氏35度前後を保つ。

 
・・・卵からかえったとたん、ミツバチ版の母乳である、たんぱく質豊富なゼリー(ローヤルゼリー)をふんだんに与えられる。これは、子育てに専従する育児蜂が花粉を消化して作る。三日月の形をした幼虫は迅速に成長する。その速さは、1日に2回、体重が倍になるほどで、6日目には、育房の隙間がほとんどなくなってしまう。

 
ミツバチは、餌と関連付けて学んだものなら、どんな匂いでも見つけ出す。・・・/地雷の探知は嫌な仕事だ。地雷に含まれる爆薬の匂いを嗅ぎつける仕事をよく押し付けられるのは犬だが、犬は訓練に時間がかかるし、広い地域をカバーすることもできないうえ、地雷に吹き飛ばされてしまうことも多い。だがミツバチは、順応性に優れた学習者で、餌に爆薬の副産物を少し混ぜるだけで、2日間のうちに学習を済ませてしまう。カバー範囲も犬よりずっと広く、決して爆死するようなことはない。/・・・実験では、ミツバチは97%の精度で地雷を発見し、見逃したのはただの1%だけだったという。これは、人間の地雷撤去作業員の精度と変わらない。

 
・・・雄蜂たちの群れは、・・・、ライバルを引き離し、素早い女王蜂を捕らえようと競う。ついに1匹が女王蜂に追いつく。一目ぼれだ。彼は飛びながら女王蜂の腹部を前脚で捕らえ、下腹部をすりよせて、男性器を彼女の中に差し込む。つかの間のあいだ、ふたりは愛に包まれて山の上を流れるように飛ぶ。だが、この関係はあっという間に冷めてしまう。/文字通り人生のクライマックスを迎えた瞬間に、雄蜂の下腹部に途方もない空圧が高まって爆発が起きるのだ。そして数百万の精子と切り取られた男性器を女王蜂の体に竜巻のような勢いで押し込んだあと、雄蜂は地面に落下して命を終える。・・・/けれども女王蜂は、まだ肩慣らしをしただけだ。他の雄蜂が追いかけてくると、もっとも早い数匹を選び、一度に一匹ずつ交尾して、体を離すたびに、雄蜂をデススパイラル飛行に追いやる。女王蜂がようやく交尾をやめるのは、数回の飛行で10匹から36匹におよぶ求婚者の貢物を手に入れたあとだ。/浮気者だと責めないでほしい。この飛行は、彼女が巣の外に出られる唯一のチャンスなのだから。・・・この数日間の朝の飛行が終われば、また巣に戻って、一生涯子供を産み続けなければならない。

 
蘭のほんとうにすごいところは、虫をだます手管が豊富なことだ。食べ物以外で虫をおびきよせるとしたら、他にどんな方法があるだろう?避難所の提供もそのひとつ。実際、蘭の中には、隠れ家を提供するものもある。香りもしかり。これは蘭にとっては得意中の得意だ。そして、もうひとつ、食べ物や飲み物に勝る究極の誘引策がある。/セックスだ。オフリス属の多くの蘭は、発情した雌の蜂やカリバチの擬態を芸術の域にまで高めている。このような蘭の下部の唇弁は、見かけも匂いも、そして感触さえも、柔毛で覆われた雌が誘惑している姿にそっくりだ。雄は急降下すると「雌」の上にまたがって、ことにはげむ。昆虫学者はこの行為を「擬似交接」と呼ぶ。パートナーに脈がないことを発見した蜂は、憤懣やるかたない思いで次々と蘭の花を訪れる。そして無駄な努力に疲れ果てた頃には、かなり効果的に蘭の集団を他家授粉してしまっている。

 
ハワイのカウアイ島。海上450メートルの断崖から一人の植物学者がぶらさがり、雄のブリグハミアの花から花粉を採取して、雌の花に移している。「先端にキャベツがついたボーリングのピン」のようなこの1.8メートルほどの多肉植物は、ハワイの絶壁にしか生えない。唯一の花粉媒介者だったスズメガが消えてしまったため、野生のブリグハミアはここ数十年間自力では繁殖が行えないままになっている。すでにラナイ島とマウイ島では絶滅し、カウアイ島に残る数も100本を切った。

 
メキシコ。バニラ農園の農民が、淡い緑色をしたバニラ蘭の柔らかい花弁を引き裂き、花粉を爪楊枝でかき出して柱頭に移している。受精した花柱は、成長してバニラの莢になる。1年に1度しか開花しないバニラの花には花粉を保護している蓋があるが、その蓋の開け方を知っているハリナシミツバチの「メリポナビー」は森林伐採のために消滅してしまった。ほかにこのトリックをマスターした授粉昆虫はいない。今日、世界中のバニラ蘭は、人間の手で受粉されている。

 
イチジクが頼りにしているのは、たった1種類の花粉媒介者、・・・イチジクコバチだ。イチジクコバチの人生のビッグイベントはすべてイチジクの中で生じる。・・・/イチジクの面白い特徴のひとつは、そのヘソにある。例の、太いほうの端にある楊枝であけたような穴だ。このヘソのなかには、・・・入り組んだ一連の壁がある。この迷宮の中を進めるほど小さくて意思が強い昆虫は、このごく小さなイチジクコバチしかいない。・・・/雌のイチジクコバチが地球上で唯一産卵する場所は、イチジクの実の内部だ。雌蜂はヘソを通ってイチジクの内部に入る。・・・無事内部に到着すると、雌花に卵を産みつける。・・・/産卵を終えると、イチジクコバチは死んでしまう。数週間後、イチジクの実が熟すにつれて、卵が羽化してくる。雄蜂が生まれるのは雌より一日早い。雄蜂はケラのように醜悪だ。雌より小さく、翅もなく、ほとんど目が見えず、体の半分近くにもおよぶ巨大なペニスと異常に大きくて頑丈な顎がある。この2つの体の特徴は、彼らが世に生を受けた目的をよく表している。羽化した瞬間から、雄蜂は交尾を始める。まだ羽化していない雌蜂を保護している殻に顎で穴をうがち、ペニスを差し込んで授精する。これが終わったら、最後の仕事が残っている。イチジクが熟すとヘソが閉じ、出入りは不可能になる。そこで、雄蜂は、・・・ヘソの周囲に結集し、直径6ミリほどの脱出トンネルを切り拓く。雄蜂には、イチジクの外の世界で暮らすすべも、そうしたいという気持ちもない。雄蜂があごを使ってトンネルを切り拓くのは、純粋に雌蜂への奉仕だ。トンネルが完成すると、雄蜂はイチジクの内部に戻って命を終える。雌蜂はトンネルの中を腹ばいになって進み、その過程で腹部を雄花の上で引きずって、自分でも気づかないうちに花粉を体につけるわけだ。雌蜂は自由な外の世界に這い出し、今度は自分の卵を産むために、まだ受精されていないイチジクを求めて飛び去ってゆく。

 
ハチミツは、地球上に存在するもっとも強力な抗菌物質のひとつで、細菌や真菌などの微生物を殺す力を持っているのだ。ハチミツが備えている武器はひとつではない。まず、ほかの糖類とおなじようにハチミツには吸湿性があるため、細菌群の上にハチミツを塗ると、ハチミツが細菌の水分を吸い取る。その結果、細菌は縮んで死んでしまう。ハチミツの脱水作用から逃れえた細菌も、ハチミツの酸にやられるか、あるいは水分を吸収するときに生成される過酸化水素にやられてしまう。・・・/・・・ご存知のように、抗生物質はもはや、必ずしも効果のある薬ではなくなってきている。西欧諸国の病院では、抗生物質が効かない感染症が猛威をふるって年間数万人も殺しているし、アフリカやその他の発展途上国でも流行病を引き起こしている。そんな中、ハチミツはこのような感染症の多くに効果を発揮するだけでなく、入手の難しい抗生物質などよりはるかに安く、手に入りやすい。だから、いまふたたび、創傷被覆剤としてハチミツを使う医師たちが増えてきている。

 
さて、では、アメリカやヨーロッパの状況はわかったけれど、日本のミツバチは大丈夫なのだろうか?日本にいるミツバチも大量失踪したり、大量死したりしていないのだろうか?・・・/・・・現在のところCCD(蜂群崩壊症候群)に苦しむ北半球のセイヨウミツバチのなかにあって日本のセイヨウミツバチはそれほど大きく影響をうけていないようにみえる。

 
ニホンミツバチはオオスズメバチに襲われると、巣から出て反撃するということをせず、巣門近くに働き蜂が集まる。巣のなかにオオスズメバチがはいるやいなや、いっせいに働き蜂が飛び掛かり、何十匹もの体で蜂の球をつくりそのなかにオオスズメバチを閉じ込めてしまうのだ。蜂球の働き蜂は飛翔筋による発熱で蜂球内の温度を一気に48度まで上昇させ、20~30分加熱してオオスズメバチを蒸し殺してしまうのである。

 
池田山カップ、今年は協賛がつかなかったけど、ミツバチ大丈夫かなあ。

 
評価:8点

 

| | コメント (0)
|

2009年7月 6日 (月)

池田エントリー

今日エントリーした。
ついつい〆切り間際までほったらかしてしまう。
マッスー、ごめんね。

〆切は7月12日(日)。
振り込みのタイムラグを考えると木曜には振り込まないと。

4度目の世界選優勝を逃したとはいえ、ネ申であることに異論はないでしょう。
せっかくのネ申といっしょに飛べるチャンス。
ハンググライダーやってる人はエントリーしないと。
エントリーは→こちらから。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月 5日 (日)

世界選の動画

世界選が終わってしまいちょっとさびしい。

いろんな動画がいろんなところでアップされているが、2つほどご紹介。

①Task1のゴールシーン

Task1のWinnerであるJeff O'Brienがゴール後に撮った映像。

彼のブログから写真も拝借。

Task3の第2ターンポイント近くの絶壁?
Photo
雲がかぶさっているのでその隙間を通り抜ける?

Photo_2
この雲底の下、絶壁の横をグライド?

う~ん、楽しそう。

②そのTask3のファーストゴール

場内を沸かせるゴールシーン。かっこい~

動画ではゴールラインを切るところがちょっと乱れているけど、連続写真ではバッチリ。その連続写真はイタリアチームのサイトで。他の日とか見ていくと日本チームの面々も写ってる。

 
日本チームの皆さん、おつかれさまでした。
毎日、楽しませてもらいました。

 

| | コメント (2)
|

今日は自主キャンセル

朝起きたら天気予報変わってるやん。悪い方に。

ということで池田行きキャンセル。

竜門の予報はもっと悪い。

今週は飛べんかった。。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月 4日 (土)

7/4 池田

南西 雲底1000

今日は奥さんの番なので見聞録。
朝から雲底が低いもののパラがソアリング。それが11時前からタレてくるも秋葉あたりで生き残りのパラが浮んでおり、11時過ぎからハングも出始める。今日は奥さんもテイクオフはばっちり、よく走りました。車を下ろすと浮んでいたハングも続々とランディングへ。南西がしっかり入ってきたみたい。天気はいいのに。。本日唯一のコンペ組であるタッカーも沖へ出る気満々だったが、ハーネスロープのトラブルがあったみたいでトラブル回復後には南西風につかまりランディング。12時過ぎには誰もソアリングしていないという早過ぎる展開。天気はいいのに。。

こういう条件のときは、いきなり沖のパイロンでタスクを始めないといけない、難しいなあ。
明日は私の番。池田の予報も晴れマーク出てるし、タスク組んでの練習相手募集。
マンフレッド様もタコることがわかったし、池田の大会ではそれを期待しよう。

 

| | コメント (0)
|

池田に変更

朝起きたら天気予報変わってるやん。

ということで急遽池田に変更。

今からだとちょっと遅刻かなあ。

でも池田。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月 3日 (金)

明日は竜門

宴会も1次会だけで帰ってくると、残業して帰る日よりも早く帰宅できる。

今日の宴会は大阪城を見下ろせる景色のいいところ。
Nec_0033
アップにしないとよくわからんので、

Nec_0034
ライトアップした大阪城をアップにしてみた。

現時点での予報では池田には行けないなあ。
気象庁は晴れマークを出しているがウェザーニュースは曇りマークだけ。
この時期の予報は当日にならないとわからないけれど、奥さんが飛ぶ番だし、明日は竜門かな。
池田はあさってに期待。

 

| | コメント (0)
|

2009年7月 1日 (水)

7/1 「泳」 2150

1500+(Ba25+Fr25)×4本+Frキック50×4本+(Ba25+Fr25)×4本+ダウン50
=2150

1500は26分0秒。
先週に引き続き、身体が重かった。腰痛も引かないし、BrとBuはおあずけ。
身体は重かったが、泳ぎ終わると楽になってた。これぞストレス発散。

残業で遅くなるか、飲んで帰って遅くなるか、でブログ更新も滞りがち。
帰宅してから、飛べない世界選の様子をチェックしながら落ちる毎日。
明日も残業、明後日は部署の宴会。やれやれ。

唯一、定退日は泳いで帰宅してまともな時間にブログ更新できて健康的。
ただし「泳」ネタはあまり望まれてないようでアクセス数低いけど。
気にしない気にしない。

 

| | コメント (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »