« 脳震盪とむち打ち | トップページ | 葬式は、要らない »

2010年5月30日 (日)

5/29 竜門

晴れ 北北西 雲底1500

サノ女王もドイツより竜門にご帰還、いろいろとおつかれさまでした。

一応セットしたタスクは、
TO→北山→川辺の湯→近大→竹房

12時前に1番機ヒローカ発射。じわじわ上げていくのを見て12時20分にTO。続いてマッチャンマン。1200くらいでマッチャンマンとヒローカが北山へ。山頂には雲はないが、遠くにある雲はもっと高かったので、もっと上がるはずと2人を見送り、次に上がってきた女王にかぶさる。

結局そんなに上がらず1200ちょいで北山へ。ここでヒット。
上には雲もでき始めいいタイミング。雲底1500まで上げ、北山から前山へ向かったマッチャンマンを追いかける。時間をかけて雲底へ。マッチャンマンと追いかけてきた女王は上げ切れず前山裾をサーチ状態。

北山から前山へ向けて積雲がちらほらあるが、前山の尾根筋には雲がない。尾根筋より南側でパフができ始めそれが流れてくる感じ。ここまで来たからには尾根筋まで行きたかったので弱いリフトにしがみつきながら雲ができるのを待ったが、状況は変わらず、あきらめて西へ。

粉河町以西は雲なし、グライドしてみてもまったく静穏。
スプログいじった後だったので100km/hグライドとかしながら国分寺(近大と井阪橋の中間)まで行ってやり直そうとリターン。その後は1200が上限といった感じで、上げては西やら北西やらに向かったりするも何の進展もなかった。

竹房からはリフトが上がっており、パラもわんさか浮かんでおり、隙間をぬって16時前にランディング。3TP=42.6km、5TP=54.3km

スプログの調整について。
試乗機の状態から内側4周、外側2周。100km/hグライドも前回より楽になったけど、まだ下げれるなあという手応え。下げ過ぎるのも良くないという情報を最近ちらほら聞くし、こんなもんかな。もうちょっと下げた状態も経験しておこう。

Ws000000

さて、問題のランディング。
東から侵入してくる高度が高かった(リフトが上がってきており想定してたほど下がらなかった)ので右ターンで落として北へ向こうとしたところ、その右ターンが右にとられてしまい、立て直すのがけっこうきつく、立て直し終わったら進行方向が北に対して右方向へズレてしまってた。ここでサイドフォローを背負ったようやけど認識はできてなかった。そろそろ持ち替えないと、というときに落とされてベースバーを持ったまま地面にドン。ノーズはつかずいわゆるベースバーボディラン。頭を地面で強打したみたい。グライダーのダメージはベースバーとアップライト2本とハートボルト。

ファイナルターン前の高度が高い、持ち替えのタイミングが遅い、というのが今回の致命的なミスかな。ランディング、精進します。

 

|
|

« 脳震盪とむち打ち | トップページ | 葬式は、要らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳震盪とむち打ち | トップページ | 葬式は、要らない »