« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月28日 (月)

あのヒョードルがタップ!

世紀の番狂わせ!

 
W杯でも世紀の番狂わせがありますように。
パラグアイ戦のことではなく、その次のスペイン戦のことね。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月27日 (日)

次男坊 また2戦2敗

次男坊のサッカー応援。

前期リーグ戦(6/6のつづき)
第一試合 0-4 負け
第二試合 2-4 負け

出場機会は、第一試合は前半のみ、第二試合は前半の途中から後半の途中まで。
相変わらずボールに積極的にいかない。親と兄貴からいろいろ言うんだが。。

これで5チームからなるグループリーグでぶっちぎり最下位。
でも2点取れたのが良かった。うちの次男坊は全然からんでないけど。

1回だけゴール前でいいクリアしてた。
守るのではなく攻めろよなあ。

なかなかボールにからまないのでいいのが撮れない

 
試合で疲れないので、家族ジョギングに参加してた。なんでやねん。
奥さん、次男坊:1往復
長男坊:2往復
私:お休み

メモ:25'08" 40'43"

 

| | コメント (0)
|

6/27 「泳」 2150

約1500+(Bu25+Fr25)+(Ba25+Fr25)+(Br25+Fr25)+Fr50+Frキック50×4本+(Bu25+Fr25)+(Ba25+Fr25)+(Br25+Fr25)+Fr50+ダウン50
=2150

約1500は約27分30秒。
「約」がついてるのは、同じコースに超遅い人がいたので追いつくとコースの真ん中辺りでターンしたりしてたから。それを調整してたら1往復くらい余分に泳いだかな。

泳ぐのは1ヶ月以上ぶり。
5月末の試合に出れず、6月の組合の日は金曜の定退日とかぶったので泳ぎに行けず。今週はもう泳ぎに行く予定はないので、5月も6月も月2回という目標未達、残念。

 
自宅に置いていた試合用のあんまり使っていない水着を持って行ったが、なんと、虫食い発見。ショック。。今年は水泳部でも水着を揃えないので買う予定もなく、まともなのは1着のみとなってしまった。彦根での練習時はいつもプールには子供しかいないので、虫食いを気にせず練習用として使うかな。

 
本来なら、飛びに行かない曇りの日は格好の「走」の日となるところだが、今週は自重し「泳」を選択。脳震盪から2週間後に4㎞走った時はなんともなかった。が、3週間後の8㎞で頭痛復活。一時的なもんだろうと翌日も8㎞。その後、1週間頭痛がとれず。頭痛といっても、頭を振ると頭の奥、左目の奥の方?が痛い。頭を振らなければなんともない。これは脳震盪直後の1週間にあったもの。ジョギングの振動が頭に伝わるのが良くなかったんだろうなあ。ふさがりかけた傷が開いたような、乾いてきたかさぶたをはがしてしまったような感じ。当面、「走」はお休み。

今日、泳いでる時、耳に入った水を出すために何気に頭を振ったら痛かった~
なので、頭を傾けるだけで耳から水をだら~っと出してた。
なので、まだ耳には水が入ったまま。(ちょっとウソ)

 

| | コメント (0)
|

2010年6月25日 (金)

アディダスのサングラス

3月の日本選手権入賞でゲットした協賛品=目録「アディダスのサングラス、どれでもOK」

協賛いただいたのは「OAK Hangglider School
ランポウさん、ありがとうございます!

今日、自宅に帰ると届いてた。

かっこえ~

A10203_415_shiny_black

サングラスは、MADE IN AUSTRIA
レンズクリーナーを兼ねたソフトバッグは、MADE IN CZECHIA
ハードケースは、MADE IN ITALY

なるほど、値段も高いはずや。

早くこれで飛びた~い

 
さて、グループリーグ屈指の好カード、ブラジルvsポルトガル、始まる~

 

感想:
なんちゅうつまらん試合や、完全なる消化試合。
スペインvsチリ、なんでTVでないねん。チリvsスイスはおもろかったし、見れないのが残念。。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月24日 (木)

梅雨時は飛べないのでYouTube

梅雨時期はYouTube見て飛んでるつもりになる。

モンテクッコ、楽しそう。
今年は行かないが、来年行けますように。

↑の中からアレックスの給水のみ。

 
ランディングのイメージはこんな感じで。

 
米のジェフ・オブライエン、BGMもいい。

やっぱりこれくらいグライダーを扱えないとあかんよなあ。
しょぼいランディングしてクラッシュしてる場合じゃない。

 
飛びたくなってきた!
気合入ってきたー!

まずは、がんばれニッポン!

ドラマ見てもうた、、寝なきゃ。。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月23日 (水)

日本人なら富士山に登ろう!

Photo_2 『日本人なら富士山に登ろう!
  ―初心者のための安心・安全登山術―』

 田部井淳子 アスキー新書 10年6月刊

今年は富士山に登りたいなあ、と昨年言ってて、そろそろ調査、計画するかなあ、というときに本屋で目に付いたので。

著者はエベレストに女性世界初登頂した人らしい。

特におもしろい内容ではなく、得るところも少ないが、まあ気持ちを前に進めるぐらいにはなったかな。

調査、計画のためには別手段で調べよう。

抜書きは以下2ヶ所のみ。

毎年7/1~8/31の2ヶ月間に富士山八合目でカウントした登山者の数は、2005年は約20万人でしたが、2006年が約22万人、2007年が約23万人、2008年には約30万人、天候が不順だった2009年も29万人以上だったそうです。

#数字を見るとうんざりする。登るとしてもご来光はやめとこうかな。

 
自分の体力を見極め、「ここまでなら大丈夫」と判断する力は、女性の方が勝っているのではないかと感じることがよくあります。山で、女性が「もう限界です」というときは、本当の限界ではなく、実はまだ体力を残していることが多いのに対して、男性が「もう限界」というときには、本当に動けなくなって倒れてしまうことが多いのです。

#私は早いうちから、もうあかん、と言い続ける方やな。

 
評価:6点

 

| | コメント (0)
|

2010年6月22日 (火)

リンク追加

ついにリンク許可をいただいた。
私の最近一押しのブログ。

→ 青い空

キマチさん、ありがとうございます。
アキちゃんもありがとう。

W杯、現地レポート!

TVカメラを通してではなく、一旅行者の視点が興味津々。
そのうち、PFCメンバー限定の話題、ドバイレポートも出てくるかな?

 
必ず復活するだろうから、気になるあの人たちの今日の飛びは?にリンク追加。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月21日 (月)

技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか

Photo 『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか 
       -画期的な新製品が惨敗する理由―』

 妹尾堅一郎 ダイヤモンド社 09年7月刊

うちの本部長が管理職に推薦した本。私は管理職ではないが、この種の本はそういう推薦でもない限り手に取らないので読んでみた。2400円もした。。

ひとことでまとめると、インテルになりなさい、アップルになりなさい、ということ。

もうちょっと詳しく言うと、
インテル・インサイド型:基幹部品主導で完成品を従属させる
アップル・アウトサイド型:完成品イメージ主導で部品を従属させる

もう少し具体的に紹介すると、以下の「三位一体」戦略が繰り返し書かれていた。
①研究開発:製品特性(アーキテクチャー)に沿った急所技術の開発
②事業戦略:「市場の拡大」と「収益確保」を同時達成するビジネスモデルの構築
③知財戦略:独自技術の権利化と秘匿化、公開と条件付きライセンス、標準化オープン等を使い分ける知財マネジメントの展開

以下、抜書き。#は私のコメント。

・まず、あとがきより。
私は、本書を一種の啓発書として書きました。教科書としてではありません。必ずしも、学術的に定説になったことを体系的に整理したわけではないからです。・・・新たな学術書を書く前に、啓発書として内容を世に問うという側面を持ちます。なぜそうしたのか。それは、一刻でも早く、この「技術で勝り、事業で負ける日本」について、あるいは「科学技術大国ではあるが、科学技術立国できていない日本」について、企業の事業関係者、知財関係者、また官庁の政策担当者の皆さんと共に、真剣に考えたいからに他なりません。その意味では、本書を鵜呑みにするのでもなく、また批判対象としてでもなく、これを起点にして議論をしていただきたいのです。

#読書とは本来そうあるべきだと常々思っている。鵜呑みにしてはいけない。考えるきっかけになればいい。

 
・グローバル市場で大量普及が始まると、我が国は例外なく市場撤退への道を歩む―イノベーションの成果/知財が競争力に寄与できていない― DRAMメモリー、液晶パネル、DVDプレイヤー、カーナビ、太陽光発電セルのシェアの経時変化グラフ:すべて2007年には20%以下に、液晶パネルは1995年100%から2005年10%へ、カーナビは2003年100%からの2007年20%へ低下

#ちょっとひどい。

 
・最近のイノベーション競争を先導しているIBMのサミュエル・パルミサーノ会長がプレゼンテーションのときに使う資料には、「ゲームのルールを変えた者だけが勝つ」と書いてあります。これはまさに本音であり、かつ最も象徴的なエピソードではないでしょうか。

#ゲームのルールが変わった時は要注意、そういう意志がはたらいている、とみなすべきやね。

 
・真空管の研究は、半導体を導きません。固定有線電話の技術をいくら磨いても、携帯電話の技術にはなりません。新しい技術は外からやってくるのです。/これは製造業に限らず、サービス業も同様です。郵便小包の生産性を上げればクロネコヤマトが生まれたでしょうか?街の雑貨屋の業務を徹底的に効率化したらセブン‐イレブンが生まれたでしょうか?喫茶店の生産性を上げたらスターバックスになるでしょうか?いずれの答えもNOのはずです。/新しい技術、新しいモデルは常に外からやってきます。そのモデルにやられたくなければ、自ら変身するしかありません。生物学者チャールズ・ダーウィンが言ったと伝わるように、「強い者が勝つのではなく、常に変わり続けるものが生き残る」のです。

#上の抜書きと併せると、ルールが変わった時、自ら変身するしかない、ということね。

 
・彼ら(米国)は留学生に手厚くすると見返りがあることを、経験から学んでいました。中国とインドで大活躍している人の多くは米国留学帰りです。優秀な中国人やインド人には米国内で適切なポストを得る機会を与えると共に、本国に戻った者たちともツーカーで話ができるようになっているわけです。/一方、日本は、・・・日本に来る留学生は一部では欧米に行けなかったレベルの者だとか、とにかくアルバイトをしたくてという学生が多いとさえ言われてしまっています。実態として優秀な学生も多いのですが、しかし日本に慣れた者が日本の産業と共に国際的に活躍するということは極めてまれだと言わざるをえません。そして何より悲しいのは、かなりの留学生が日本嫌いになって帰国してしまうと聞くことです。

 
・標準はいったん決まってしまうと、その後の研究開発から知財マネジメント、事業戦略まで、多大な影響を与えてしまいます。そこで、日本も国際標準化を先導することが必要なのですが、技術大国の割には国際標準をリードした例は多くないと指摘されています。JPEGという画像ファイルの技術仕様は日本が先導して決めた数少ない国際標準の例です。

 
・科学者は急所を探すという発想をしがちですが、実務家の場合は、むしろ急所・要所をつくるという発想をしたほうが良いように思えます。

#簡単な表現だけど、難しい。そして大事なことだと思う。

 
・皆さんよくご存じの<コカ・コーラ>。あの味がどのようにつくられるのか?実はこの製法に関しては、いまだ特許がとられていません。/1831年に薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が開発して以来、その処方は謎なのです。専門の研究者が原液をいくら調べても、解析ができないと聞きます。もちろん、何の成分がどのくらい入っているかは分かるのですが、何をどう混ぜどのようにつくればあの味に仕立てられるのか?それはもう想像の世界でしかないようです。/もし仮に特許をとろうとすれば、その技術を明るみに出さなければなりません。しかも特許には、通常20年という期限があります。その期限が切れたら、誰でも同様のコーラをつくってもかまわないことになります。そこで<コカ・コーラ>は、あの味の出し方について特許をとらずにノウハウとして秘匿しているのです。

#なるほど、どうりでペプシはどうもコカコーラと違うわけだ。タカナミには悪いけど。

 
・例えば、A社がある技術の特許を持っていたとします。きちんと特許庁へ出願して、それが認められたものです。あるときB社が新製品を出したので、それを調べたら明らかにA社の特許技術と同様の技術を使っていることが判明しました。そこでA社は、B社に「権利侵害ではないか」と警告状を出します。B社の反応が悪いときは、訴訟を起こします。この場合、訴えられたB社はどうするか?通常、3つのパターンがありえます。
一つ目は、「この技術は、A社の特許技術と違う」と主張することです。この場合、専門家の判断を仰いで、特許の出願書類の解釈を巡って論争が続くことになります。
二つ目は、「うわっ、いけない。ごめんなさい。うっかり同じ技術を使っていました。ご勘弁ください。今までの分の賠償金をお支払いしますし、これからの分は適切なライセンス料を払いますので、どうぞ今後も使わせてください」というものです。これに対して、A社がそれを受け入れるか、あるいは「困るなぁ、賠償金は受け取るけど、もうダメだよ、二度と使うなよ」とするかは、そのときの状況いかんです。
三つ目は、「確かに我が社の技術はA社と同様の技術ではあるが、この技術は別に特許に足るものではない。そもそもこの技術が特許になっていること自体がおかしい」と主張することです。特許の場合は、こういった主張ができるのです。特許が無効であると特許庁に対し「無効審判」と訴えることになります。さらに裁判所に侵害訴訟を起こされたとすれば、特許権の無効理由として「無効の抗弁」を行うことができるのです。この結果、B社が侵害したか否かという論点と、A社の特許がそもそも適切ではなかったのではないかという論点と、両面で判断がなされることになります。

#研究所にいるときは特許は出願するだけだったが、事業部に来てからこの種のことが身近に。。

 
・新幹線の先頭車両の鼻部分の形状。これも流体力学の粋を集めた技術の塊ですが、それも特許と意匠権の両方で押さえています。意匠権は、技術を保護するのに、特許権とタッグを組んで相乗効果をもたらすものなのです。

#これも研究所では関係なかった。やっぱり研究所にいるだけではいろいろ足りないね。

 
・かつて、中国でオートバイの模倣品対策に手を焼いていたホンダは、最も高度な技術力を持っていた模倣品メーカーを外注先にしてしまいました。一石二鳥。これなどは、問題の解決ではなく問題を解消する方法でしょう。

 
・知財マネジメントは、知的創造サイクル観から見たときは「知的財産を生み・育て、それを権利化あるいは秘匿した上で、それらを活用するという一連のプロセスをマネジメントすること」でした。これはどうしても後追いです。しかし、事業創造サイクル観から見ると、「自社の特徴を活かした事業を創出・継続できるように、自社・他社の知的財産(権)群を構成し、それを調達する一連のプロセスをマネジメントすること」とも言えるでしょう。

 
・パソコン市場はもっと明快です。パソコン市場は成熟?とんでもない。先進国だけがパソコン市場ではないのです。NIEs/BRICs、さらには発展途上国を見てください。数十億台のパソコン需要が潜在的に存在するのです。そこへの普及を考える発想を日本企業はあきらめてしまったように見えます。/日本はナショナルイノベーションが得意です。しかし、グローバルイノベーションにはつながらない。グローバルなマーケットを見ながらイノベーションを考える人々と、国内市場だけでローカルイノベーションをやれば良いと思いつつ仕方なくグローバルに出て行く人々では差があります。日本はやっぱり「内弁慶」にどどまってしまうのでしょうか?/新興国を市場として真剣に考えている経営者はどのくらいいるのでしょうか?極めて少ないように見えます。

#はたしてうちの会社は?仕方なくグローバルに出て行く、、耳が痛い上層部が多いのでは?

 
・グーグルの検索サービスの裏側では相当数の先端的な数学モデルが動いていると言われています。しかし、数学的なサイエンスの進展があったからグーグルサービスのビジネスモデルができたのでしょうか?そうではないはずです。ネット検索に関する新しいコンセプトを創ったので、それを可能にする数式モデルを開発したのです。普通はサイエンスからテクノロジーが生まれるのですが、そうではなくて、テクノロジーからサイエンスにさかのぼる発展というものもあります。科学技術もそういった時代に入ってきたのです。

#とはいえ、「はやぶさ」みたいなサイエンスはとってもいい。

 
評価:8点

 

| | コメント (0)
|

2010年6月20日 (日)

6/20 「走」 8㎞

連日の2往復。

往路①:12'20"
復路①:10'58"
往路②:12'18"
復路②:10'54" 計:46'30"

ほぼイーブンペース。
往路と復路のタイム差は高度差のため。
3月には41分半で走れてた。そのタイムが当面の目標。

昨日、痛みが出なかったのでアイシングをさぼってしまったからか、今日は膝に少しだけ違和感が出た。アイシングまで含めてジョギングとしないといけない、反省。

今日は家族全員参加。
長男坊と次男坊は1往復。いつもどっかで歩いてた次男坊は初の完走。
そして奥さんは初の2往復。

 
今日はニューウォッチのデビュー。
New
モデルチェンジ前か?30%引きで入手できた。50ラップメモリー。
これまで使ってたのと同じアディダスなのでボタン操作の仕様が同じで迷わず使えた。

先月まで使ってたのはこれ↓
Old
けっこういいやつで200ラップメモリー。
ただ「START/LAP」ボタンがタッチ式でよく暴走してイケてなかった。

ベルトが引きちぎれてしまったので買い替えたが、ベルトが引きちぎれるってけっこうな衝撃。左手首が無事だったのはこいつのおかげやな。

 
メモ:55'40"

 

| | コメント (0)
|

2010年6月19日 (土)

6/19 「走」 8㎞

近所2往復。

先週走ったのが効いたのか、今日は膝に痛みが出ず。
1往復の4㎞ではもの足りないので、2往復できてよかった。

長男坊と奥さんは1往復のみ。
スタートは同時だが各自のペースに基づきすぐにばらばらに。
ちなみに次男坊は今日はサッカーの練習があったのでパス。

 
サッカー1試合で約7~8㎞走るという記事を目にするが、同じだけ走ってウォーミングアップ完了。あとはピッチに立つだけだ。私のピッチはTVの前。多くは望まん、勝ち点1でいいよ。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月17日 (木)

長男坊 22位

中学に入って初のマラソン大会、3km。

結果、奮わず。

同じ小学校出身の中でも8位。
5年、6年と2位だったから、大きく後退。

毎日の部活で疲れが溜まってるから?
それを言うと他のみんなも部活してるけどなあ。

学期に1回あるらしいので、次、頑張れ。

 
1、2位がぶっちぎりだったらしい。
同じ小学校出身で3年から4連覇したナカゾノくんが2位。
西宮市内でも3位の強者だったのに。

トップはお隣の小学校出身で、Jリーグチームのユースに所属していて中学のサッカー部には入っていないらしい。こんなに走るのが速いのにポジションはキーパーとのこと。

上には上がいるということ。

 
(強引に話をつなげるが)その一番上にスペインがいると思ってたら、大番狂わせ。
土曜の夜も大番狂わせがありますように。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月16日 (水)

4月以降のアムロちゃん

2ヶ月半ぶりのアムロちゃんネタ。
アムロちゃんファンの皆様、お待たせしました。

4月からツアーがスタートしたアムロちゃん。
ツアー専念のためかしばらく露出がなかったが、最近チラホラ出てきたのでまとめてご紹介。

①World Music Awards 2010
BEST ASIAN ARTISTを受賞!
1 2 21677 21679
23980_wimheitinganl_wordpress_com_n 24000_wimheitinganl_wordpress_com_n 216728 27358_wimheitinganl_wordpress_com_n
27380_wimheitinganl_wordpress_com_n 27422_wimheitinganl_wordpress_com_n 216721 216722

ライブ動画はこちら↓

 
②MTV WORLD STAGE VMAJ 2010
「FAST CAR」が最優秀女性アーティストビデオ賞受賞!
受賞のコメント↓

 
③雑誌「BLENDA」7月号(6/7発売)
Blenda
Blenda1
Blenda2 Blenda3

 
④タツノコプロとコラボ
「ヤッターマン」「みつばちハッチ」なんかで有名なタツノコプロ。
コラボのキャラはコカコーラゼロとクッキーに。残念ながらツアーグッズに限定。
21874
21871 21872_2

 
⑤NEWシングル7/28発売
両A面「Break It / Get Myself Back」
「Break It」はコカ・コーラ ゼロ TVCMソング
「Get Myself Back」はツアー披露済みのミディアムナンバー
どちらもMusic Videoがあり、アムロちゃんブログによれば昨日今日と石垣島で撮影中とのこと、楽しみ~

 

| | コメント (0)
|

2010年6月14日 (月)

カンブリア宮殿3

3 『カンブリア宮殿 村上龍×経済人3
      そして「消費者」だけが残った』

 日本経済新聞出版社 09年12月刊

TV番組を本にしたもの。
「・・・1」は以前書いた「・・・2」も以前書いた
この本に収録されたのは以下の23人。

カルロス・ゴーン―日産自動車
丹羽宇一郎―伊藤忠
森稔―森ビル
田川博己―JTB
天坊昭彦―出光興産
似鳥昭雄―ニトリ
山田昇―ヤマダ電機
柳井正―ファーストリテイリング
羽鳥兼市―ガリバーインターナショナル
野口実―ABCマート
木村皓一―ミキハウス
三木谷浩史―楽天
鈴木敏文―セブン&アイホールディングス
安藤宏基―日清食品ホールディングス
伊東英幸―ダスキン
高原豪久―ユニ・チャーム
吉村俊秀―チェルシージャパン
鳥羽博道―ドトールコーヒー
岩田弘三―ロック・フィールド
中島武―際コーポレーション
窪山哲雄―ザ・ウィンザーホテルズ・インターナショナル
長谷川浩一―はせがわ酒店
橋本浩―キョウデングループ

 
以下、抜書き。#は私のコメント。

○ゴーン氏
コスト削減というのは利益を出すためにやるわけではないのです。投資のために節約をするんです。

#なるほど。利益を出すためと思っている人が多いのではないだろうか。

 
○森氏
(今ではビジネスマンの多くの方が、アジアの中心都市は将来、東京ではなくて上海になると予想しているそうです。)に対して、
・・・東京は文化レベルは高いし、ホスピタリティー・レベルも高いけれど、国際的な視野を欠いているし、スピードがまるで違うんです。再開発をすると言っても、何倍も時間がかかる。このペースでやっていったら、追いつかれ追い越されてしまう感じは明らかにあります。企業の進出にしても、日本はすぐに外資がもっていっちゃうと言うけど、中国はどんどん入ってきてくれというスタンスです。我々だって上海で一番いいところに、一番大きいものを作らせていただいていますが、それを彼らは自分のもののように歓迎してくれる。

 
○似鳥氏
・・・価格を上げたり、高い商品を置いて、成功した企業というのはないということです。逆に下げ続けるところほどお客様に支持される。・・・社内では価格凍結宣言をして、いくら赤字になっても商品の値上げをしてはならないと言っています。こういう時こそ、日本人の暮らしを守るんだという固い決意で、逆にこれからも下げ続けようと思っています。

#えらい人だ。

 
○柳井氏
個性があるのは人のほうで、その人が服を選んで組み合わせるから、個性が発揮されるのだと思います。

#服に個性があるわけではない、という話。ユニクロの服でも着る人次第ということね。

 
どんなに優秀な経営者でも、連戦連勝なんてことはありえないでしょう、新しいことをやっていったら、失敗して当然です。1勝9敗でもいいくらいでしょう。実は連戦連勝というのは、自分たちが新しいことをやってないっていうことでもあり、失敗した原因を分析してないということなんです。商売をやっていたら、いかに冷静に失敗した原因を追及していくか、それが次の成功につながると思うんです。ですから優秀な経営者は連戦連敗だと僕は思っているのです。

 
○羽鳥氏
先ほどからプラス思考、プラス思考といっていますが、これは訓練で慣れるんです。社員たちにもよく言うのですが、例えばここでグラスを落として割ってしまったとします。そのとき、「あ、割ってしまった」ではなくて、まず最初に「よかった、よかった」と言いなさい、と。何かやってしまったら「よかった、よかった」、怪我した時も「よかった、よかった、これだけで済んだ」と。これを訓練していくと、身内の不幸といったようなこと以外、何が起きてもプラスになります。プラス思考に慣れてしまうんです。

#中古車買うならガリバーだな。
#よかった、よかった、むち打ちだけで済んで。
#プラス思考も、結果を出している人が言うと説得力があるが、プラス思考を通り越して能天気の域にまでいってしまうのはどうかと思う。どっかの国のサッカーの監督のように。

 
○高原氏
高原は、全社員に細かいスケジュール管理を課している。これがユニ・チャームを蘇らせた経営改革、〝SAPS(Schedule,Action,Performance,Schedule)〟である。毎週金曜、社内ではそこかしこで、社員たちがSAPSシートに次の週の予定を書き込みはじめる。シートにはまず、次の週の目標を具体的に設定しなければならない。そしてその目標を達成するために1週間をどう過ごせばいいか、細かく作戦を立てる。30分刻みで、目標達成へ向けた計画を書き込む。自分で計画し、実行、達成、結果の検証、そしてまた計画・・・この繰り返しにより、自ら設定した毎週のノルマを、確実に達成できる社員を育てるのだ。

 
○岩田氏
私はみんながやりはじめてしまった、いわゆる多数派には価値がないと思うんです。私の伯父が、タケノコを掘るとき、地上に出てしまったタケノコには価値がないというんです。地中にあって、土が少し割れて微妙なふくらみが感じられるタケノコが香りがあっておいしんだと教えてくれました。もう地上にでてしまったもの、顕在化したものの後追いをしない。できるだけ、半歩先でマーケティングしていくということが大事という思いがあります。

 
○長谷川氏
・・・口に含んだ瞬間、衝撃が走った。それは最高の米で作られた大吟醸。当時(15年ほど前)はコンテスト用にごく少量つくられるだけで、店頭には並ばない幻の酒だった。売ってもらったそれを長谷川はソムリエやシェフに勧めて回った。そのうまさが口コミで伝わった。その酒の名は「酔鯨」。長谷川が見出して以降、売り上げは倍増、今や高知を代表する高級日本酒として知れ渡っている。

#知らない、飲んでみたい。

 
「・・・1」は10点、「・・・2」は9点、そしてこれも、

評価:9点

 

| | コメント (0)
|

2010年6月12日 (土)

6/12 「走」 4km

走るのは2ヶ月半ぶり。
泳ぐのも1ヶ月してないし、久しぶりの運動。

脳震盪の後遺症はないようだし、むち打ちは治るのに時間がかかるようだし、とりあえず走ってみたが、全然大丈夫だった。走ってるとき身体のあちこちがかゆくなった。血行が滞ってる箇所がいろいろあって、その血行が促進されたのだろう。やっぱり定期的に運動しないとな。

近所1往復のみ。
もう1往復したかったが、右ひざに違和感を感じたのでやめといた。

タイムなし。
例のクラッシュのとき、左手首にしていたウォッチのベルトが引きちぎれたため。
ウォッチの調子も悪かったし、新しく買おう。
そしてもっと走ろう。

 

| | コメント (0)
|

オープンスクール

今日は長男坊の中学でオープンスクールだった。
オープンスクールとは、小学校での授業参観に相当。
朝から平日扱いで授業があり、放課後は普通にクラブ活動もあり、そのすべてが見学可能。

この中学は駅伝にえらく力を入れているらしい。
教室内にも校舎内にも貼り出されていたマラソン十訓をご紹介。
Photo
学期に1回マラソン大会があるらしく、とりあえず1回目のマラソン大会が来週あるらしい。

 
AMに社会の後半と国語の前半を見学。
1クラス当たり数人の親しか来てなかった。
来年以降は来てくれるなとか言われるんかな。

PMはクラブ活動を見学。
サッカーコートで練習しているのは3年生。コートの外でちょろちょろ練習してるのが2年生。1年坊主はほったらかし。1年生どうしで狭いスペースでかろうじてボールに触ってる感じ。練習開始1時間後くらいから2年生にかまってもらってちょっと練習っぽいことも。

そんなのを見ててもしょうがないので3年生の練習を見てたが上手いもんだ。この中学は西宮でもそこそこ強いらしい。うちの長男坊が2年後にそのレベルになれるかどうかは本人の頑張り次第だな。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月 7日 (月)

知らないと恥をかく世界の大問題

Photo 『知らないと恥をかく世界の大問題』  池上 彰

 角川SSC新書 09年11月刊

発売されて半年経つが今でも売れてるみたい。
うちの奥さんが買ったのを横取りして読んだ。2ヶ月前に読了したが、奥さんはまだ読んでる、とばらすと怒られるけど。

知らないことだらけで、自分用のメモとしていつものように抜書きすると恥をかくことになるけど、恥をしのんで、以下、抜書き。

 
・サブプライムローンとは、信用力の低い人や低所得者を対象に、高い金利で貸し出す住宅ローンのこと。「プライムローン」が一般の人向けの住宅ローンであるのに対し、「サブ」は〝準ずる〟という意味ですから、普通より条件の悪い「格下のローン」、言うなれば、消費者金融の住宅ローン版のようなものです。

 
・今や68億人・・・/国連は、2050年には世界の人口は90億人に達すると予測しています。/日本だけのことを考えると、「少子化が問題」ということになりますが、世界全体で考えると「人口の急激な増加が問題」ということになるのです。

 
・インフルエンザウィルスにはA型、B型、C型の3種類があり、A型は人間も動物も感染します。このA型のウィルスには、HとNという2種類のタンパク質の突起があります。Hは「ヘマグルチニン」、Nは「ノイラミニダーゼ」の頭文字をとったもの。/ウィルスはHの突起で細胞に取りつき、細胞の中で自分のコピーを大量に生産。Nの突起を使って細胞膜を破り、外に出ていきます。/Hは16種類、Nは9種類。つまり、組み合わせによって144種類のA型ウィルスがあることになります。/新型が心配されていたウィルスは「H5N1」型。これが「鳥インフルエンザ」です。

 
・イランは、イラク戦争を見て「イラクがアメリカから攻撃されたのは、イラクが核兵器を持っていなかったからだ。核兵器を持っていれば、アメリカも報復を恐れて攻撃できないだろう」と考え、核兵器製造までを視野に入れているのではないかとみられています。「核のない世界」を掲げるオバマ大統領が、イランに対する経済制裁を発動するとなれば、日本にも協力を呼びかけてくるでしょう。/日本は伝統的にイランと友好関係を築いてきました。日本が輸入している原油の15%近くはイランからです。イランの石油は日本の生命線。さて、日本はどうするべきか。/イランの核問題とは、実は日本の問題でもあるのです。

 
・中央・南アメリカはアメリカにとって「裏庭」。過去には左派政権が誕生すると軍事介入をしてでも政権をひっくり返してきたのですが、そんな時代も終わりです。/ベネズエラとボリビア、キューバによって、反米ネットワークが形成されました。ベネズエラは経済危機に苦しむキューバを資金面で援助し、キューバはレベルの高い医療技術を生かしてボリビアに医師を派遣。ボリビアはそのお礼に、農産物を供給しているのです。/さらにチリ、ペルー、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、ニカラグアにも左派政権が誕生しています。/一口に左派政権といっても、すべての国が社会主義路線を歩む反米国家ではないのですが、中央・南アメリカでの左派政権誕生は、貧富の差を拡大させたアメリカ型「グローバリゼーション」に対するアンチテーゼでした。

 
・最近になって厚生労働省は、実質経済成長率が今後、長期にわたってマイナス1%前後で推移すれば、積立金は2030年に枯渇して制度が破綻するという試算結果をまとめています。・・・/保険料を払っていない人もいるので、まじめに年金保険料を納めてきた人が損をすることのないような、しかもリタイアしたらみんなが必ず年金がもらえるようなシステムをつくるには、十数年かかるといわれています。/しかし、今のうちに制度設計をしておかないといけません。これは一刻を争う問題。長妻昭厚生労働大臣には期待したいものです。

 
・なぜ橋下知事は「国は詐欺集団」とか「ぼったくりバー」とか言うのかというと、これは国の直轄事業のことです。国が決めた公共事業に対し、地方が一定割合を支出する「負担金」があるのです。その負担金は、地方自治体が工事費の3分の1、維持管理費の45%を負担する仕組みです。道路、河川、ダム、港湾などの事業に分かれているのですが、この負担金の内訳を明示しない国の支払い要求を「ぼったくりバーみたいな請求書」と言ったのです。

 
・地方も早く国からの独立を目指したほうが健全です。/そうすれば役人の数は減ります。これまで、日本でさまざまなモノの値段が高かったのは「役人が多かったから」という部分があります。役人が天下り組織をつくり、その関連会社や社団法人を養っていくための「費用」がモノの値段に上乗せされるのですから。ETCにしても携帯電話にしても、そうです。天下りがなくなるだけで、いろいろなものが安くなります。/天下りがなくならないのは、役所のシステムに問題があります。霞が関では、30代まではほぼ一斉に昇進するのですが、40代から出世レースが始まり、たったひとつの「事務次官」のイスを争います。この戦いに敗れた人は、身を引かなければなりません。・・・/役所の中でピラミッドを維持するために、みんな外へ出て行く。その人たちを養うために天下り先があるのです。天下りに流れている税金は年間で約12兆円。/民主党は天下りを廃止すれば、6.1兆円の資金が浮くと言っています。/天下り役人を民間企業に受け入れてもらうには限度があります。そうなると、天下り法人に受け入れてもらおうとします。また国は、そこがきちんとやっていけるように補助金を出したり、いろんな仕事を発注したりします。もちろん、そのお金は税金です。役所が効率的な運営ができる分、そのコストが社会にかかり、それは、われわれにのしかかってくるのです。/民間企業では、同期から取締役が出たからといって辞めたりしませんね。役所もそうすればいいのです。定年まで雇用する。そうすると、役所のコストはこれまでよりかかりますが、その分、社会的なコストは大幅に削減できます。/人口が1億人を超えている国で、こんな中央集権の国は中国とロシアくらいのもの。

 
・日本は会社員の場合、確定申告をする必要がありません。会社が従業員に代わって所得税の計算をし、納税までしてくれます。1年間に会社が社員に払った給料について税金を計算し、会社がまとめて税務署に払ってくれているのです。/このシステムは一見、親切なようですが、自分がいくら税金を払っているのか無関心になってしまいます。/アメリカの場合は、会社員も含めて所得のあるすべての人が確定申告をしなければなりません。おのずと税金を「払っている」という自覚が生まれます。「タックスペイヤー」つまり、納税者ではなく「税金を払っている者」としての意識が生まれるのです。/そもそも税金は、「納めるもの」ではなく「払うもの」。だから、政府が税金の無駄遣いをしたら、厳しい目を向けられるようになる。

 
・民主主義国家における政権交代とは、「無血革命」です。戦場で銃弾が飛び交うのではなく、人々が投票することで、権力が移動するのです。「革命」は、それまでの政権によって利益を受けていた集団が利権を失い、政権から見放されていた人々が利益を受けるようになること。民主党政権になって、鉄とコンクリートの公共事業に投じられていた税金は、子育てや授業料の負担軽減に投入されることになりました。/選挙とは、「私たちの税金の使い道を決める人」を選ぶ過程でもあります。私たちの税金の使い道が、大きく変わりつつあるのです。

 
評価:8点

 

| | コメント (1)
|

2010年6月 6日 (日)

次男坊 2戦2敗

次男坊のサッカー応援。

前期リーグ戦
第一試合 0-13 負け
第二試合 0-2 負け

出場機会は、第一試合は前半のみ、第二試合は後半のさらに半分のみ。
弱いチームでさらにレギュラーじゃないと応援に行っても疲れる。。

ぼーっとしてると親から怒られるし、一応走ってた
Photo

ボールに触れないとこれまた親に怒られるし、来たボールには足が出てた

背番号22は兄貴から受け継いだもの。
兄貴のようにキャプテンになれとは言わないが、まあ、少しずつ頑張っていこう。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月 5日 (土)

ウッドデッキ メンテ

ウッドデッキのステイン塗り。
しばらく塗ってないなあ、前回いつ塗ったかなあ。
自分のブログで検索してみると約2年半前、07年11月だった。
かなりさぼりすぎた。

まだ頭痛が軽く残ってるので、今週末は飛びは自粛。
大会でもないし、クロカンシーズンでもないし、そんなに無理する理由はない。
梅雨入り前の貴重な晴れだけどしょうがない。入梅前の晴れは、乾いた空気の高気圧に覆われての晴れなんで条件いいんよなあ、残念。。

めちゃめちゃ天気いいときに家にいるなんてありえない。
こういうときこそ、この仕事。

before
Before

after
After

今回は2度塗りまでした。

満足して休憩してたら、次のミッションが。。

明日のAMは地区のクリーン大作戦。
明日は次男坊のサッカーの試合もあるし、時間が足りないだろうから、今日から着手。
ということでうちの奥さん主導で草抜きも。

 
一応、負傷者なんやけど、かなりこき使われた。。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月 4日 (金)

1000 PIECE

完成

1000

妹夫妻から次男坊への誕生日プレゼント、1000ピース。
半分くらいは兄貴に手伝ってもらったらしいが。

今、一番好きなのはドラゴンボール。
何をするにもやる気が感じられないが、自分が好きなものだとコツコツ頑張れるらしい。

誰に似たんだか。。

 

| | コメント (0)
|

2010年6月 2日 (水)

頭痛はいつまで?

日曜朝に行った病院でもらった痛み止めは3日分。

今日は薬なし初日。
軽い頭痛を抱えた1日だった。

いつまで頭が重いんやろ。やれやれ。。

せっかくなので、早めに退社する理由に使わせてもらおう。
今日も久しぶりにナイター中継見れてるし。
あっ、金本の同点タイムリー!
おっ、新井の勝ち越し犠牲フライ!

鳩山よりも阪神や。

 

| | コメント (0)
|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »