« 今年のサンタさん | トップページ | Shut Up & Baby Don't Cry »

2010年12月27日 (月)

もしドラ

Photo 『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』
 岩崎夏海  ダイヤモンド社 09年12月刊

2010年最も売れた本、ということで遅ればせながら読んでみた。

一風変わったビジネス本ということで、一風変わった自己啓発本である「夢をかなえるゾウ」が思い出されたが、「~ゾウ」の方がはるかにおもしろいかな。とは言え、多くの人をドラッカーに触れさせたという点では意義が大きかったと思われる。

ドラッカーの「マネジメント」は読んだことないが、別の著作は読んだことあるし、社内研修とかで出てくるような内容だし、知識としてはわかっているが、問題は実践できるかどうか。

1ヶ所だけ抜書き。

「試合にあって練習にないもの」は何か―
・・・
1―競争。
試合には、他人と競争することの魅力があった。
・・・
2―結果。
試合には、「結果が出る」という魅力があった。
・・・
3-責任。
試合中の選手には、大きな責任が課せられていた。
・・・
練習を、もっと競争を楽しめ、結果がすぐに出て、責任を感じられるものにする・・・

#毎フライト、タスクを組んでみんなで飛ぶ、というのはこれからも続けたい。

 
評価:8点

 

|
|

« 今年のサンタさん | トップページ | Shut Up & Baby Don't Cry »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のサンタさん | トップページ | Shut Up & Baby Don't Cry »