« 冬のサクラ | トップページ | 2/24 「泳」 2150 »

2011年2月23日 (水)

中原の虹

Photo 『中原の虹』 全四巻 浅田次郎

 講談社文庫 単行本は2006-2007年刊

 
堪能した。

「蒼穹の昴」(全四巻)の続編。

どうせ読むなら蒼穹の昴から八巻まとめて読んだ方がいい。

清王朝末期以降の歴史もの。清王朝初期をクロスオーバーさせるところが上手い。慣れるまでは読みにくかったけど。

西太后、袁世凱といった教科書でしか知らないような人物が生き生きと描かれている。なんといっても張作霖がぱねぇかっこよさ。

歴史的事実だけを扱った歴史小説ではなく、主人公は架空の人物であり、ノンフィクションとフィクションを融合させたその世界及びストーリーの構築力は素晴らしい。

いや~、堪能した。

 
評価:10点

 

|
|

« 冬のサクラ | トップページ | 2/24 「泳」 2150 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のサクラ | トップページ | 2/24 「泳」 2150 »