« 3/26 竜門 | トップページ | エスプリーク »

2011年3月28日 (月)

3/27 竜門

晴れ 北 雲底2100

TOから西方向の雲の雰囲気が良く、最初のタスク案は、
TO→智弁和歌山高→和歌山IC→九度山→竜門L。
これの距離が70㎞に満たず、昨日より短いのは物足りない、とタスク設定やり直し。

TO→智弁和歌山高→五條IC→竜門L 95㎞ のチャレンジタスクに決定。

智弁(和歌山)―智弁(五條)の100㎞タスクは今度みんなで飛ぶためにとっておいた。

Ws000001

参加は、女王、スナマン、ナカノ、私の4人。
12時半頃、ナカノを先頭にゲートオープン。私は3番手で12:45にTO。

目の前のナカノとスナマンの上がりが渋そうだったので沖の雲を狙ったら思ったより遠く、いきなり200を切り今日一番のピンチ。竹房を越えてなんとか弱いリフトに出会い、大事に育てて雲底1800で西へ発射。最初のピンチが効を奏して、山頂で上げてた3機をリード。

雲が豊富で途中でちょっと刻んで1300智弁リターン。すぐ後ろに女王、その後ろの2機は低い。2回しっかり上げ戻した後、船戸東で1900弱。好条件のため、この辺りでは我々4機以外にもいっぱい飛んでた。

ここから沖コースも山コースも雲があったが、沖コースを選択。この後ずっと沖コースで行った。ピラミッド沖で上げた後、橋本北側のゴルフ場で900切ってからヒット。このときの高度が一番低かったくらい条件良かった。

2000オーバーまで上げて五條ICを1600でリターン。また同じポイントまで戻って同じく2000まで戻して西へ。このとき後続とすれ違う。スナマンは雲底にいたが、あとの2機はかなり低い。結局この2機は五條手前でアウト。

橋本で2100を越え、ここからファイナルグライド。
と、思いきや九度山沖であまりにもバリオの音が景気良かったのでつい上げ足してしまい、高度をいっぱい余らしてゴール、15:30にランディング。

スナマンは帰りの九度山で400切ったりしたそうだがこれも高度を余らしてゴール。

こんなに好条件な竜門は私が経験した中ではいちばん。
まだまだ飛べたし、タスクが小さかった。

このフライトはチャリティフライトとして9500円をJHFに預けよう。

 

|
|

« 3/26 竜門 | トップページ | エスプリーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3/26 竜門 | トップページ | エスプリーク »