« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

憂鬱でなければ、仕事じゃない

Photo 『憂鬱でなければ、仕事じゃない』

 見城徹×藤田晋  講談社 2011年6月刊

見城氏は幻冬舎社長、藤田氏はサイバーエージェント(アメーバが有名)社長。

タイトルに惹かれて購入したが、タイトルと本の内容はあんまり関係なかった。

見城氏がすごい人だということはよくわかった。が、自ら語っているため、自慢話ばかりでうんざり、という評価が多い。仕事で成功している人の自慢話にはそれなりの価値がある、と私は思う。

以下、抜書き。

 
○藤田氏
ネットのようなデジタルな世界で仕事をしていると、つい合理性だけを突き詰めて人間関係が希薄になりやすい。・・・しかし、ビジネス社会は人間社会であって、お互いの信頼、信用なくしては成り立ちません。実際、仕事は人間的で泥臭いものであり、義理や人情抜きで成功することはありえない。

 
○見城氏
かけた電話を、先に切るやつが信じられない。かかってきた電話で、「ガチャッ」という音が受話器から聞こえると、もうこの野郎とは、二度と口を利くものかという気になる。/・・・/電話をかけることは、断りもなく、人の家にあがるのと同じくらい、自分勝手なことだ。切る権利はいつでも向こうにあり、こちらにはない。なのに、こちらから切るのは、主客転倒もはなはだしい。

 
○藤田氏
何事でも、「結果ではなく、プロセスを評価してほしい」という人がよくいるけれど、僕はこれを聞くたび、ただならぬ違和感をおぼえます。/・・・プロセスを評価してほしいと本人が考えているとしたら、一体どこに焦点を合わせて仕事をしているのか心配になります。そういう人が結果を出したのを、僕は見たことがありません。/結局、仕事とは勝負なのです。勝とうとしなければ、勝てるわけがない。プロセスというのは、結果論で得られる副産物に過ぎないのです。/結果を出せる人は、見た途端にわかります。目つきが違う。それは獲物を狙う、タカのように厳しい。初めから、勝ちに行こうとしている。そこにプロセスを評価してほしいという甘えはありません。

 
○見城氏
ふつう人は、憂鬱なこと、つまり辛いことや苦しいことを避ける。だからこそ、あえてそちらへ向かえば、結果はついてくるのだ。/楽な仕事など、大した成果は得られない。憂鬱こそが、黄金を生む。/マルクスは、人間を受苦的存在と規定した。ドイツ語で受苦とはパッション、つまり、情熱を意味する。苦難と情熱はワンセットなのだ。人間は苦しいから、情熱を感じ、それを乗り越えてゆけるということである。

 
○見城氏
トレーニングは、決して楽しいことではない。始める前は、憂鬱でしようがない。でも僕は、自分を苦しめていない奴はだめだと思う。自分を追い込み、憂鬱なことを乗り越える。そうすることが、仕事をする時の姿勢に、大きな影響を及ぼす。/そもそも仕事とは、憂鬱なものだ。

 
評価:8点

 

| | コメント (0)
|

2011年9月26日 (月)

新・堕落論

Photo_2 『新・堕落論 ―我欲と天罰―』 石原慎太郎

  新潮新書 2011年7月刊

相変わらずの石原節。
文章も難しく、この人は頭いいんだろうなあ。

 
以下、抜書き。#は感想。

○日本人は世界で未曾有の原爆体験をしたせいで、こと原子力に関しては強いトラウマを抱えています。それはこと戦略のための原子力使用にせよ、産業のためのエネルギー使用にせよ、原子力という名がつくだけで思わず身構えてしまう節がある。/しかし現実に国家の利益を左右する交渉の背景に、実は、今では使われる可能性のほとんどない核兵器の保有が巧妙に使われている皮肉な実態への不認識。あるいは地球の温暖化が進み人類の存在そのものが危機にさらされている今なのに、今回の東日本の大災害で福島の原発が破綻すると、すぐに原発廃絶という声が高らかに起こってくるヒステリックな現状。そして政治はすぐにそれに媚びて、太陽エネルギーなどへの大転換を謳い上げてみせるが、もう少し腰を据えて我々を取り囲む状況の実態を見据えたらいい。/そんな効率の悪いエネルギーで、北欧諸国のようなコンパクトな国ならともかく、日本のような巨大な産業経済社会がまかなえるものでありはしません。/原子力発電は、要は管理の問題なのに、その次元での反省や努力も無しに原子力という人類にとって画期的な技術を、管理も含めて自らのために完璧にものにすることなしに廃棄するのは愚かなことでしかない。管理に関してはフランス人が行っている管理を、なぜ日本人が出来ないというのか。/もう少し落ちついて、周りの現実状況を見澄まして我がことの利益がいかに獲得され得るかを頭を冷やして考えたらいい。トラウマは在っても、それがただのセンチメントとなってことを阻むのなら過去に払われた犠牲は浮かばれまいに。

#じゃあ、東京に原発を造る勇気があるのか?

 
○コンラッド・ローレンツはその動物行動学論の中で、「幼い時期に肉体的苦痛を味わうことの無かった人間は長じて必ず不幸な人間になる」といっています。肉体的苦痛とは決して家庭内での暴力や学校でのいじめのことではありません。あくまでしつけの中で、彼等の意思に反してでも強いられる肉体的制約のことです。つまり優れたアスリートを生むための、大学や高校における体育会と同好会の本質的な相違の問題といえます。健全な精神は健全な肉体にこそ宿るというが、そこで培われた健全な精神こそが、さらに長じて後の人生において衰えた肉体を支えて守るのです。

 
○我々はアメリカという統治者によって巧みに造成された戦争への被虐的な原罪感が造成した、自らの歴史をもすべて否定するという現実性を欠いたセンチメントと、それに依るマゾヒスティックな卑下の自己満足から自らを解放し、いたずらな依存によって保たれてきた平和などではなしに、自らの努力、自らのこらえ性によって形成されていく本物の「平和」と安全の確立をこそ求めて努力しなくてはならないのです。

#主義主張が煮詰まった一節。あくまでも「NOと言える日本」という姿勢。

 
○どうも今日では言葉で綴られた資料なるものは最早情報として余りインパクトを持ち得ない。都の幹部の会議でも担当の局長たちはその度誰に作らせたのか、いつも分厚い資料を持ちこんできて読みあげていましたが、その量が多いほど説明を受ける側の理解は遠のいて行く。だからいかに重要なものだろうとも必ず一枚の紙にまとめてくるように命じ、それが出来ないなら当人の能力の限界と理解するといい渡した結果、会議の能率は極めて向上しました。

 
○ある者がこの宇宙に地球ほどの進んだ文明を持つ惑星は幾つくらいあろうかと質し、彼(ホーキング)は言下に二百万ほどと答えました。さらに誰かが、高度な文明を備えたそれほどの数の星がありながら、なぜ我々は実際に他の惑星の生物や彼等を運ぶ宇宙船を目にすることがないのだろうかと質問しました。/彼の答えは極めて冷ややかなもので、現在の地球ほどの文明を保有してしまうと、そうした惑星は自ら正当な循環を狂わせ環境を破壊しつくし、文明の主体者たる生物は内面的にも極めて不安定な状況をきたして、彼等の惑星は宇宙の時間の総体に比べればほとんど瞬間的に自滅してしまうということでした。天才とはいえホーキングは神ならぬ者でしかないが、私としては彼のその一方的な予告を印象的かつ暗示的に聞いたものです。/で、さらに私が挙手して、宇宙時間で瞬間的というのはこの地球時間では何年ほどのものかと質したら、言下に百年と答えました。

 
○人間の存在を明かす人生の出来事である恋愛、その以前の男と女の出会いや関わりにおいてすら、ケイタイの出会い系サイトが証すようにことの本質が欠落し、仮象化しています。/それを表象するのが若者たちに人気の村上春樹の小説だと思う。江藤淳が生きていたら彼独特の表現で、フォニィと評しただろう彼の小説の特性は、いわば無国籍、無人格な、どこかが欠落しているような登場人物ばかりで、その恋愛も性行為にも一向に心身性が感じられない。故にも最近の若者たちに安心して読まれるのかも知れないが、私には何かが決定的に欠落しているようにしか感じられませんが。

#へー、村上春樹きらいなんや。都の条例で禁止したりしてw

 
評価:7点

 

| | コメント (0)
|

2011年9月25日 (日)

フレンチ・コネクション

『フレンチ・コネクション』 1972年

午前十時の映画祭、20回目。(もう20本も観たのか。。)

アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、脚色賞、編集賞を受賞。
主要部門を押さえただけのことはあり、とてもおもしろかった。

ジーン・ハックマン、かっこよかった
Photo

カーチェイスといえば、私の中では「ブリット」だったが、この映画でのカーチェイスもすごかった(カーチェイスといっても車同士ではないけど)。CGなしでのアクションシーンというのは実にいい。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月24日 (土)

9/24 竜門

北北東 晴れ max1150(1200上がった人も)

1番機トノヤンタンデムがちょっとゲインしたのを見てからハーネス着て、13時半頃TO。竹房L上空350切ってから、ちょい西にトンビ、というトノヤンの無線に助けられて上がり始める。

その後、バルジェが頑張ってくれたのでいっしょに頑張って生き残り、TOして1時間半かけて1000を超え、2時間かけてmax1150。

東は高圧線まで、北はパナソニックまで、西は井阪まで。
そんな狭い範囲を2時間半グルグルぐるぐる。

疲れた。。

ランディングで両膝を強打したのは2時間半頑張って疲れたから、ということにしておこう。

3TP=26.4㎞(最遠区間距離=10.1㎞・・・ギリギリ)
5TP=34.5㎞

 

| | コメント (0)
|

2011年9月23日 (金)

長男坊 運動会2011

昨年は天気が悪くて平日に延期されたので観れず、中学校の運動会は初観戦。

小学校は山の上にあるが、中学校は谷底。
Photo

優勝を狙う長男坊のクラスが最も力を入れてメンバーを決めたというスウェーデンリレー。100、200、300、400と距離が延びていく4人のリレー。クラスで走るのが早い順に4人選んだらしく、4番目の長男坊は第一走者の100担当。

100はトラック半周、スタート直後の密集状態でカーブをこなさないといけないので誰かこけるやろうなあ、と思っていたら、見事に我が子がこけた。。

この後、他の3人が追い上げ、7クラス中2位でゴール。
惜しかったね。

 
出し物としては3年生の組体操のみ見応えがあった。
3

 
来年も観に行こうかな。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月22日 (木)

日本選手権 エントリー

足尾、エントリーした。

エントリー〆切は9/27火曜、お忘れなく。

エントリーは →こちらから

休みの申請は来週の課題。。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月21日 (水)

大佐山フライイン エントリー

10/1-2、大佐へ。

オークのBBSからコピー


---
大佐山はクロスカントリー飛行で213Kmの日本記録、毎年4月には150Kmオーバー、夏にも1000mゲイン等西日本屈指のエリアです。また秋は緩やかなサーマルでのんびりフライトするには最高のエリアです。そこで、今年もフライインを開催させて頂く運となりました。楽しく大佐山の素晴らしさが堪能出来る大会になればと思っております。
皆様の参加をお待ちしております。

大佐山フライイン!開催要項
開催日:2011年10月1日(土)~2日(日)  AM10:00集合大佐山山頂集合
開催地:岡山県新見市大佐町大佐山
主催:大佐山HG友の会
後援:(社)日本ハング・パラグライディング連盟
協賛:トノエアー、バーズアイビュー、トップエアー
協力:参加選手全員
募集人数:約30名
参加資格:JHFフライヤー会員登録有効、技能証P級技能証取得以上
      フライト経験豊富でメンタル頑強で健康な人
競技内容:パイロン& 滞空時間(ディレーション)
必要装備:グライダー、緊急用パラシュート、適切な防護ヘルメット、携帯電話
参加費用:大佐山HG友の会会員5000円、他8000円(当日でも可)
       (エリア使用料、宿泊、食事付)
振込先:備北信用金庫 大佐支店  口座番号0044030
名義:大佐山HG友の会 坂東 耕陽(ばんどう こうよう)
締切り:9月30日
申込方法:メールにて受付(oaktimeout@gmail.com
       当日エントリー用紙に記入
問い合わせ・郵送申込先:〒680-1241 鳥取県鳥取市河原町長瀬38-1
                OAK HG SCHOOL
                TEL090-7379-0511
                Email:Gmail: oaktimeout@gmail.com
皆様のご参加お待ちしております!!!!!!
---

 

| | コメント (0)
|

2011年9月20日 (火)

原発はいらない

Photo 『原発はいらない』 小出裕章

  幻冬舎ルネッサンス新書 2011年7月刊

「原発のウソ」が6月刊なので、その後に書かれた本。そのため前著より情報量は多いし、よりわかりやすくという意図のためか図版も多い。

原発はいらんね。

以下、抜書き。

 
○東京電力が原発事故以降に実施した「計画停電」は、「原発がないと困る」と消費者の不安をあおる宣伝だと私は思っていますが、実際は日本中の原発を即刻止めても、電力量不足にはなりません。東京電力の原発依存度は32.1%とそれほど高いとは言えず、休業している火力発電所を稼働させれば、供給電力量は不足しないというのが、私の判断だからです。

 
○六ヶ所再処理工場では年間800トンの使用済み核燃料を処理する計画ですが、仮に計画通り40年間、順調に工場が稼働したとしても、処理できる使用済み核燃料は3万2000トン、1トン当たりの再処理費用は約4億円になります。これまで英国やフランスに再処理を委託してきましたが、その費用は1トン当たり2億円でした。つまり、六ヶ所再処理工場は、もともと海外に委託する場合の2倍もの再処理費用がかかることになります。

 
○福島第一原発事故から得た教訓は、「政府や電力会社は、なかなか情報を公開しない」ということです。一番怖いのは、事故を過小評価して避難指示などを意図的に遅らせることではないでしょうか。/たとえば風速4メートルであれば、放射能は1時間に14キロメートル流れるので、避難指示が遅れれば、近くに住む方々は、指示があってからすぐに避難したところで追いつかれてしまいます。こうなれば、急性放射線障害から逃れることができなくなるかもしれません。

 
○SPEEDIとは、文部科学省が主管(福島第一原発事故以降、原子力安全委員会に移管)する緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムのことです。原発事故が起きた場合、気象観測情報、アメダス情報と放出核種、放出量などのデータを総合して、放射性物質が各地域にどのような影響を及ぼすかを「素早く教えてくれる」ものです。住民の方にとっては逃げる場合、どちらの方向が安全かを判断するための非常に大切な情報にもなります。/このシステムは莫大な予算を注ぎ込み、20年くらい研究してようやく実現化したのですが、政府(原子力安全委員会)は事故当初、その情報を公表しませんでした。いろいろと批判された結果、事故から2週間経って、「実はこうだったんですよ」と発表しましたが、それは2週間前の天気予報を聞かされるようなもので、何の役にも立ちません。/公表しなかった理由を政府はいろいろと言っていますが、「下手に発表すると、住民がパニックになる」ことを恐れたのでしょう。これは情報を隠蔽する時の常套句ですが、情報がないからこそ、パニックになるのです。パニックを防ぐ唯一の道は、正確な情報を迅速に公開し、政府が人々から信頼を得ることです。

 
○プルトニウムを再処理しながら、核燃料サイクルをぐるぐる回しながら、エネルギー源にするという構想の中心にあるのが高速増殖炉です。1968年に計画された時には、1980年代前半に実用化するというプランでした。ところがその計画は挫折、今では2050年に1基目の高速増殖炉を完成させるところまで、計画は大幅に後退してしまいました。/10年経って目標が10年先に逃げるプランは、絶対にたどり着けません。しかし、日本の高速増殖炉計画は、10年経つと20年先に目標が逃げてしまっています。そんな計画は絶対に実現しません。/しかし政府は、「もんじゅ」という高速増殖炉の原型炉だけでも、すでに1兆円もの金を捨ててしまいました。「できる、できる」と期待を持たせながら、結局はできないと言うなら、これは詐欺みたいなものです。・・・経済産業省や原子力安全委員会などで、「もんじゅ」に関わった人が何人いるかは、私は知りません。しかし、誰も責任をとっていないことだけは明らかです。

 
○東京電力に賠償をきちんとさせるという意見は政治家にも強いようですが、本当の被害額は、東京電力が何度倒産しても間に合わない規模になります。日本国が破産覚悟の賠償をしても、まかない切れないかもしれません。/事態がそれほど深刻であることを、多くの日本人はいまだに気づいていないように、私には見えます。

 
○福島第一原発事故で、福島県民のみならず日本全国の人々、そして世界の人々に甚大な損害と犠牲を与えながら、まだ原発を再稼働させようと画策するのはなぜでしょうか。その理由は大きく4つあります。
①独占企業である電力会社は、原発を作れば作るほど、稼働すればするほど儲かる仕組みになっている。
②原子炉の製造を三菱重工、東芝、日立などの大企業が担い、そのまわりに「原子力村」の住人である政治家、官僚、地方自治体、関連企業が群れ集まり、原子力利権を分け合う構造を手放すことができない。
③「原子力開発=核兵器開発」であり、日本の政府は一貫して核兵器をいつでも製造できる態勢を維持することに努めてきた。その国策を、「たかが原発事故」くらいで変更はできないと思っている。
④悲しい事態だが、原発交付金、補助金などによって財政の首根っこを押さえられている地方自治体は、雇用の問題もあり再稼働を容認せざるを得ない。

 
○海上保安庁に勤める公務員でありながら、四日市公害を告発した田尻宗昭さん(故人)は、「社会を変えていくのは数ではない。1人です、2人です、3人です」と述べています。自分に加えられる危害を容認できるかできないか、あるいは罪のない人々に謂れのない危害が加えられることを見逃すか見逃さないかは、誰かに決めてもらうのではなく、一人ひとりが決めることです。/一人ひとりのみなさんが今後、自らの内部からわきあがる思いに従って、それぞれの個性を発揮して行動してくれるなら、日本だけでなく世界中の原発を廃絶させることができると私は思います。

 
ひとこと所感:
どじょう首相は増税する気満々だが、まず原発推進関係の無駄な投資をやめてもらわないことには、肯けないな。

 
これもまた1人でも多くの人に読んでもらいたい。

評価:9点

 

| | コメント (0)
|

2011年9月19日 (月)

ライフ

久しぶりに古くない映画を観た。
シネマイレージのポイントがけっこう貯まってて、タダで観た。

トーホーシネマのシネマイレージ、6回観たら1回タダ。おすすめ。

 
セレクトしたのは動物もの、『ライフ』。

子供のころ毎週欠かさず見ていたTV番組は「野生の王国」。
今でも大河ドラマの前の「ダーウィンが来た」は見ているが、「野生の王国」のドキュメンタリータッチなところがとてもよかった。この映画も雰囲気そんな感じ。

 
チーターはやっぱりかっこいい
Life06

ザトウクジラ、人の世も同じ?
Talk_humpback_whale

やるな、コイシガエル
Photo

 
とってもおもしろかった。

評価:10点

 

| | コメント (0)
|

9/18 池田

南東 曇りのち晴れ 雲底1000

1機ずつぶっ飛んでいくのを見ながら、ぶっ飛びかなあと思った矢先、オーガが右尾根で上げ始め、あわてて12時過ぎにTO。

右尾根で上げ、秋葉で上げ、ガレ場で上げ、その先の大垣市街の手前で上げてるときにオーガ離脱。

大垣市街には雲がなくなり、東方向へ行きたかったが狙った雲で上げれずリターン。上限が1000だと、狙いを1発外すといきなり低くなってしまう。帰る途中で上げ直して再チャレンジといきたかったが上げ直せず、そのままランディング、50分。

Ws000000

変な台風のせいで飛べない3連休かと思っていたが飛べてよかった。
おまけにソアリングもできてよかったよかった。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月17日 (土)

ダーティハリー

『ダーティハリー』 1972年

午前十時の映画祭、19回目。

今までなぜか縁がなかったダーティハリー。
映画館で観ることになろうとは。

クリント・イーストウッド、かっこよかった
Dirtyharry

 

| | コメント (0)
|

2011年9月16日 (金)

原発のウソ

Photo 『原発のウソ』 小出裕章

 扶桑社新書 2011年6月刊

これを読めば、原発は0へ、という考え方になるだろう。

以下、抜書き。

 
○チェルノブイリ事故後、放射能の拡散を防ぐために投入された人員は膨大な数にのぼりました。事故後数年にわたって、動員された「リクビダートル」(清掃人)と呼ばれる軍人・退役軍人・労働者たちは、累計で60万人に及びます。/彼らが猛烈な被曝をしながらボロボロに崩れた4号炉を「石棺」で覆ってくれたことによって、さらに大量の放射能が出る事態は防がれました。しかし、この石棺もすでに25年経ってあちこちに損傷が生じており、外側にもっと大きなシェルターを作ることになっています。まだ事故処理は終わっていないのです。

 
○・・・原子力発電をやればやっただけ、原発を建てれば建てただけ、電力会社は収入を増やすことができる。とにかく巨費を投じれば投じるほど電力会社が儲かるシステムです。そのため、夢中になってこれまで原子力を推進してきました。/当然ですが、・・・電気料金に上乗せされるので、私たちの支払う分はどんどん高くなっていきます。そうこうしているうちに、今や日本の電気料金は世界一高くなってしまいました。

 
○今日の標準的な原子力発電所の発電量は100万kWですが、それは電気になった部分だけの話です。実は、原子炉の中では全部で300万kWもの熱が生み出されています。そのうち、わずか3分の1だけを電気に変えて残りの3分の2は捨てているのです。/どこに捨てているのかというと、海です。海水を原子力発電所の中に引き込んできて、それを温めてまた海に戻すことで原子炉の熱を捨てています。どのくらいの量かというと、1秒間に約70トン。1秒間に70トンの海水を引き込んで、その温度を7℃上げ、また海に戻しています。/・・・川の流量は全部で(1年間に)約4000億トンです。/・・・では、日本には現在54基の原子力発電所がありますが、それらから流れてくる7℃温かい水がどれくらいあるかというと、約1000億トンです。/これで「環境に何の影響もない」というほうが、むしろおかしいと思いませんか。現に日本近海は異常な温かさになっているのです。温暖化が地球環境に悪いというなら、このような「海温め装置」こそ、真っ先に廃止しなくてはいけない。

 
○世間では「エネルギー危機」が叫ばれ、今にもエネルギー資源が枯渇するように宣伝されていますが、石炭を使い切るまでには1000年かかります。・・・/一方、多くの人たちが「未来のエネルギー」との幻想を抱いているウランは、利用できるエネルギー量換算で石油の数分の一、石炭に比べれば数十分の一しか地球上に存在していません。石油よりかなり前にウランが枯渇してしまうことはもはや明らかです。「化石燃料が枯渇するから未来のエネルギーは原子力しかない」という宣伝は、全くの誤りでした。

 
字が大きめで行間も広くてすぐに読み終われる。内容も難しくない。
1人でも多くの人に読んでもらいたい。

 
評価:9点

 

| | コメント (0)
|

2011年9月14日 (水)

水曜日折り返し

最近お気に入りのCM、矢沢永吉が走るプレミアムモルツ

まさしく水曜日は折り返した感じ
Ws000000

 
目指せ、金曜のゴール

 

| | コメント (0)
|

2011年9月13日 (火)

テンペスト

Photo 『テンペスト』 全4巻(文庫版)

  池上永一 角川文庫

単行本は上下2巻、2008年刊。

現在、NHK-BSで仲間由紀恵主演で放映中ドラマ(次の日曜が最終回)の原作。映画化も決定し、2012年1月公開予定。

ちなみにドラマの主題歌はアムロちゃんの「Tempest」。この本に手を出したのもそこがきっかけかな。

 
19世紀末の琉球王国が舞台。沖縄の歴史については全く予備知識がなかったので楽しく読めた。

歴史ものではあるが、あまりに文体が軽く、漫画の活字版のような感じ。ストーリーもとっても漫画ちっく。

沖縄には行ったことがなく、とても行きたくなった。
首里城とか見に行きたい。

 
評価:8点

 

| | コメント (0)
|

2011年9月11日 (日)

Live Style 2011

アムロちゃんのライブに行ってきた。
ヤフオクで遊び半分で入札してたら落とせてしまった。

5年ぶり2回目のライブ参戦。
前回は前から14列目だった。

今回は18列目。神戸ワールド記念ホール、アリーナB2ブロック。
花道があるので、前後方向では花道の先端辺りのポジション。

とってもよく見えて感激。

もうすぐ34歳、ステージ上では貫禄出てきた気がする。

感想をひとことだけ言うなら、ロック・ユーを生で見れてよかった。
ワンダー・ウーマンの歌いっぷりがよかった。

 
今年の衣装の写真

05_2

ネタばれなので、後は見たい人だけどうぞ

 

続きを読む "Live Style 2011"

| | コメント (0)
|

2011年9月10日 (土)

第三の男

『第三の男』 1952年 英

午前十時の映画祭、18回目。

前回観たのはたぶん25年くらい昔。
やっぱりストーリーは全然覚えてない。

午前十時の映画祭という企画だが梅田では1日中上映していて、昼過ぎに満腹状態で行ったせいか前半は眠かった。

それが、オーソン・ウェルズが出てきていきなり目が覚めた。
Photo

評価が高く名作とされている。
でも前半眠かったし、感動する作品でもないし、もう観ることはないかな。
約60年前の映画だからこその評価かな。

テーマ曲も超有名。エビスビールの曲。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月 8日 (木)

9/8 「泳」 2150

1500+(Bu25+Fr25)+(Ba25+Fr25)+(Br25+Fr25)+Fr50+Frキック50×4+(Bu25+Fr25)+(Ba25+Fr25)+(Br25+Fr25)+Fr50+ダウン50
=2150

1500は27分40秒。
数えまちがえて多く泳いだな。

池田四日目に人知れずクラッシュしておまけにカメになった時、左肩にダメージを受け、まだ痛い。なので今日はスローペースで泳いだ。いつものメニューをこなせたので大事はないが、違和感は残ったまま。脱臼したわけではないけど、筋肉を付ける必要があるかも。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月 4日 (日)

情婦

『情婦』 1958年

午前十時の映画祭、17回目。

「情婦」というタイトル、主演がマレーネ・ディートリッヒ、ということからドロドロ色恋もの?という印象を受けるが、全然そんな映画ではなく、超一級の法廷サスペンスもの。

Photo

老弁護士役のチャールズ・ロートンがいい。

この邦題はちょっとひどい。
原作はアガサ・クリスティの「検察側の証人」。

監督ビリー・ワイルダー得意のユーモアも効いてた。

おすすめ。

 

| | コメント (0)
|

2011年9月 3日 (土)

カサブランカ

『カサブランカ』 1946年

午前十時の映画祭、16回目。

かなり昔に観たけど映画館で観るのは初かな。
ストーリー、全然覚えてなかった。

名作中の名作。
名セリフいっぱい。

君の瞳に乾杯
Photo_4

ハンフリー・ボガートは渋いし、
イングリッド・バーグマンは美しい。

久しぶりに見たけど、やっぱり美しいなあ、惚れ惚れ。
Photo_5

主題曲もいい、「as time goes by」
貼れなかったのでリンクのみ →こちら

いや~、いい映画だった。

 

| | コメント (0)
|

ルパン三世

ルパンvs複製人間 1978年

サッカーの後、また観てしまった。
実に33年前の映画。昔のルパンはいい。

これは子供の頃に映画館に観に行った、おかんに連れて行ってもらって。
まさか、おかんが観たかったわけではなく、そのときの同時上映がなんと実写版「ベルサイユのばら」。どんな組み合わせやねん。

冒頭で変なハングが出てきた
Photo

ハーネスも変
Photo_2

 
不二子ちゃんのお色気もいいね
Photo_3

 

| | コメント (0)
|

2011年9月 1日 (木)

引き続き、ちょっと宣伝

プレスリリースは1ヶ月ほど前だったが、本日発売。

ハリを与え、うるおいのある肌へ
Sa92

詳細情報は →こちら

 
3月まで電動ハブラシしてたけど、4月から担当商品が変わったこともあって、連日の宣伝。

 

| | コメント (0)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »