« 授業参観と図工展 | トップページ | 甥っ子誕生 »

2011年11月20日 (日)

山猫

『山猫』 1964年 イタリア/フランス合作

午前十時の映画祭、26回目。

ルキノ・ヴィスコンティ作品を観るのはかなり久しぶり。「山猫」は初めて。
ヴィスコンティといえば「ベニスに死す」だと思っていたが、これもすごい映画だった。

カンヌ映画祭グランプリ受賞作。

主人公の存在感といい、舞台がシチリア島ということもあり、「ゴッドファーザー」と似たような印象を受けるが、こちらは絢爛たるイタリア貴族の世界。

監督のヴィスコンティも名門貴族出身。後半の舞踏会シーンは一見の価値あり。
これは後世に残すべき芸術作品だと思う。

28歳のアラン・ドロンが男前すぎる
Photo
クラウディア・カルディナーレとの美男美女カップル

 
そしてなんといっても、バート・ランカスターがとってもダンディ
Photo_2

 
バート・ランカスターもアラン・ドロンも姿勢がすごくいい。

姿勢、大事やね。

 

|

« 授業参観と図工展 | トップページ | 甥っ子誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 授業参観と図工展 | トップページ | 甥っ子誕生 »