« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

空飛ぶタイヤ(上・下)

Photo Photo_2

『空飛ぶタイヤ(上・下)』 池井戸潤

 講談社文庫 単行本は2006年9月刊

著者は昨年「下町ロケット」で直木賞受賞。「下町~」を読んでみたいがハードカバーにはなかなか手が出ないので、文庫化されていて直木賞候補にもなり評価が高い「空飛ぶ~」を読んだ。

読み応えたっぷりで、かなりおもしろかった。

2002年の三菱自動車製大型トラックの脱輪による死傷事故と三菱自動車によるリコール隠しを下敷きとした小説。

2009年にドラマ化されたがスポンサー云々の事情で地上波ではなくWOWOWで放送されたらしく、ドラマの評価もかなり高い。そのうちDVDを借りて観たい。

どこまで事実に近いのかわからないが、三菱の印象はまちがいなく悪くなる。三菱側からのクレームはなかったのか?それとも事実に近いからOKなのか?

 
評価:10点

 

| | コメント (0)
|

2012年1月30日 (月)

紀の川スカイグランプリ2012 エントリー

ようやくエントリーした。

〆切は明日1/31、エントリー忘れている人 →こちらから急いで

 
以下、注意点
HGシリーズに未登録の人はゼッケンNoが大きい数字になる。
シリーズ登録してから大会エントリーする場合、タイムラグが生じる。

 
今日のミーティングでようやく休みを申請した。
仕事が遅れている時は、休みを言い出すのが気まずい。
とりあえず大会までは残業残業やな。。

 

| | コメント (0)
|

1/29 竜門

北東 晴れのち曇り 雲底1400

北 晴れ時々曇り という予想をもとにセットしたタスクは、
TO→九度山→パナ→北山→船戸→竜門L 60㎞
デパーチャーは九度山10㎞手前、12:30から10分×4回

九度山から帰ってこれたのはタナカさんのみ。
ハマグチが九度山からLタン沖まで。
私が九度山からピラミッドふもとまで。
あとは三谷橋辺りにいっぱい。

Ws000000

下層は東、天気も14時頃にはオーバーキャスト。
これでは、セットしたタスクは無理。

タスクセットのためにも、もうちょい気象情報がほしいところ。。
ガラケーで活用してたウェザーニュースの雲底予報、スマホ版できないかなあ。

 
12時20分頃、マツを先頭にTO開始。

ゴルフ場北側でいまいち上げ切れず、沖に出してみて正解。
雲底に付け、東へ。山コースの機体が低かったので沖コースを選択。
もっと沖へ出すべきだったか?

ほとんどワングライドで終了。

約40分 3TP=21.5㎞ 5TP=21.6㎞

 
うちの奥さんがTOで動画を撮ってたのでアップ

ワダッチ

リョースケ  シンガポールへ飛んで帰った

ヒローカ  消えた

アキ

サダボン

ハヤシデラ

アカリちゃん  おニュー

アキヨシさん  おとうちゃん、がんばれー

マッツン

カマタさん

タナカさん  みんなのTOランチャーをして、今日のトップ賞

 

| | コメント (0)
|

2012年1月28日 (土)

1/28 「泳」 約2150

約1500+Fr50×4+Frキック50×4+Fr50×4+ダウン50
=約2150

約1500は25分0秒。
同じコースにとっても遅い人がいて、しかもゆずらないようなばばあ人だったので、しょうがなくターンのときに5m手前でUターンというのを何度もさせられたので、約1500。当然時間も短いわな。。

泳ぐのは1週間ぶり。
腰痛がまったく引かないので今日もFrのみ。

なんとか1月はノルマをクリアできた。
しかし、平日に泳ぐことでノルマをクリアしたいところ。

平日に早く退社するためにも、今の仕事をとっとと軌道に乗せないと。。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月25日 (水)

第二回 午前十時の映画祭 終了

1/20で「第二回 午前十時の映画祭」が終了した。

昨年1年間で、28本、観た。
こんなに映画館に足を運んだのは高校~大学のとき以来。

赤の50本では、12本。

鉄道員
天井桟敷の人々
フォロー・ミー
ある日どこかで
ゴッドファーザー
男と女
カサブランカ
第三の男
ライトスタッフ
パピヨン
ブリット
アラビアのロレンス

 
青の50本では、16本。



ディーバ
ナバロンの要塞
サウンド・オブ・ミュージック
シャレード
素晴らしき哉、人生!
ゴッドファーザーPARTⅡ
ドクトル・ジバゴ
情婦
ダーティハリー
フレンチ・コネクション
荒野の七人
大いなる西部
山猫
タクシードライバー
 

私の家からでは、西宮と梅田となんばが範囲内。
天気の悪い週末には3劇場からチョイスできてとてもうれしかった。

赤の50本はこれで終了。
私にとっては赤の方が好きな映画が多く含まれていたので残念。。

青の50本は「第三回・・・」として3/3からスタート。
西宮となんばは対象外になったが、梅田は残った。

昨年ほどは観に行かなくなるだろうが、楽しみ~

 

| | コメント (0)
|

2012年1月24日 (火)

飛行距離2011

総飛行距離(3TP)=1602km
フライト本数は46本だが、ルールにのっとり計上できたのは31本
31本での平均=52km

そのルール:
・SeeYouのOptimizeで算出されるHGの3TPの距離
・最遠区間10km以下のフライトは加算しない

5TPの距離も算出(全フライトを計上)
総飛行距離(5TP)=1975km
フライト本数46本での平均=43km

感想:2010年の1808㎞より減。2009年の1686㎞よりも少なかった。
7月にイタリアでたっぷり飛ぶ予定だったのに。。
3TP平均値が昨年の46㎞より延びたことでよしとしよう。

抱負:2012年の目標は5TPで一昨年の2355kmを上回ること。
最低でも昨年は上回りたい。

 
以下、データいろいろ(3TP)。

100km~:2本(大佐、Mtクッコ)
80km~100km:2本(竜門、Mtスバシオ)
50km~80km:7本(竜門6本、足尾)
40km~50km:9本(西富士2本、竜門5本、池田1本、三加茂1本)

竜門平均(3TP)=52.1km/14本(23本中)

 
ちなみに2010年は、
100km~:0本
80km~100km:1本
50km~80km:13本
40km~50km:10本
竜門平均=45.8km
 
感想その2:
2011年は100kmオーバーが2本あったが、
2012年もクロカンで100㎞オーバーを複数記録したい。
ホームエリアの竜門では一昨年から平均距離が延びている。今年も意識しよう。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月23日 (月)

エアタイム2011

2011年のエアタイム=88時間 本数は46本

エアタイム履歴のグラフを更新
2011

エアタイムはここ3年で最も少なかった。
本数がここ7年で最も少なかったからか。昨年は天気が良くなかったかな。

あったかい竜門でのぶっ飛びが多く、1本平均2時間を切った。
寒くないときは他のエリアか?

4時間フライトは1本、3時間半オーバーは3本(うち2本はイタリア)。

長けりゃいいってもんでもないが、クロカン記録更新のためには長時間にわたる集中力の持続が必要。そのためにも長時間フライトを心掛けよう。

 
2011年の飛行距離についてはまた次回。

 

| | コメント (0)
|

1/22 竜門

北東後北北西 曇りのち晴れ 雲底1000弱?

今日は奥さんの番。
誕生日特権を発動することも考えたが、予報ではそんなに良さそうでもなかったので順番通りに回収当番をつとめた。

13時半を過ぎてから、ようやく一番機マツがTOし沖で上げ始めてみんな続々とTO。だんだん晴れ間も出てきて、上限は低いながらももれなくソアリングできる条件に。

いくつか撮影したのでアップ。
スタ沈回収もあってランディング動画はあまり撮れなかった。

 
アキ

 
今日はタンデムのなかったトノヤン

 
フライトスーツを新調したヒローカ

 
3月まで竜門にこもるマッツン

 
マンの称号を目指す?タナカさん

 
アキのランディング、ふわりとお見事

 

| | コメント (0)
|

2012年1月21日 (土)

人生折り返して5年目

独自ルール(ベンジャミン・バトン)では35歳ということになる

さすがに開きが大き過ぎる。。

日曜晩は彦根に帰るために慌ただしいので、1日早く家族で祝ってもらった

45
あ、実年齢がバレる。。

ところで、つづりがまちがってまっせ、カイトさん

 

| | コメント (0)
|

1/21 「泳」 2150

1500+Fr50×4+Frキック50×4+Fr50×4+ダウン50
=2150

1500は25分50秒。(1往復少なかったみたい)
泳ぐのは1ヶ月ぶり。

2週間前から軽く出ている腰痛のため、Frのみ。
クイックターンもやめといた。(といっても50のときしかしないけど)

 
さて、回数の件。目標は月2回。
一昨年の実績は目標達成率50%
昨年の実績は、月2回以上が7ヶ月、月1回以下が5ヶ月、ということで目標達成率58%
未達のため、今年も「泳」は月2回という目標据置き。

今月あと1回いけるか?
いきなり1月からきびしい出足。。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月16日 (月)

人生の9割は40代で決まる

40 『人生の9割は40代で決まる』

 和田秀樹 中経出版 2011年11月刊

この手の本に書かれていることはおおよそ想像つくのであまり手に取らないようにしているが、近所の書店のビジネス書コーナーで1位だったのでつい買ってしまった。。

おおよそ想像つくとは言っても、どうしてもひっかかるのでいつものように抜書き。

一般的な自己啓発本とは異色な情報も入ってたりしたのはよかった。

 
○中国産の安い製品がこれだけ大量に日本に入ってきているにもかかわらず、対中国の貿易収支が、第三国経由のものも含め、現状でも黒字なのは、中国人の間で日本製品の人気が非常に高いからです。一方で日本の貿易収支が赤字の相手国はどこかといえば、製品のブランド力が高いイタリアとフランスです。つまり、中国人も不況下の日本人も「ブランド品」なら高くても買うということです。/今後は、日本製品のブランドイメージをいかに高くするかということが、ますます重要になってきます。日本のメーカーが、コストカットのために、製品をメードインチャイナやメードインマレーシアにしてしまうと、中国やマレーシアの技術レベルでも生産可能なものというイメージがつき、製品のブランドイメージが損なわれます。/・・・多くの日本のメーカーがコストカットに走った結果、中国市場ではすでに、日本製品のブランド力にかげりが見えてきているともいわれます。2011年1月から4月の段階で、中国の最大の輸入相手国は日本からEUに移っています。

 
○10年後の日本がどうなるのかは、いまの時点では誰にもわからないことですが、ひとつ確実にいえることがあるとすれば、中国語を習得したり、中国人相手のビジネスを考えることは生き残りの手段になるということです。/・・・/端的にいえば、私はこのままいけば、いずれ日本は中国の属国になると思っています。政治面や武力的な問題以前に、残念ながら日本の経営者たちの能力があまりにも低いからです。/・・・/中国はリーマンショック後、貿易が振るわなかった時期に、それまでため込んでいた外貨などを使って内需を拡大し、一時的にはほぼ輸出に頼る必要がない状態をつくり出しました。外国にものを買ってもらわなくても、十分内需でやっていけるということは、外国に対して強気な態度に出られるということを意味します。/日本もかつては内需の強い国でしたが、日本の経営者たちは「労働者は一歩会社の外に出たら消費者になる」ということを考慮せず、人件費を下げ続けることによって、自分で自分の市場を狭めてしまいました。内需が落ち込めば外国にものを売らなければならないので、さらに従業員の給料を削って安売り競争に出るはめになり、日本のブランドイメージの低下を招いているのが現状です。/・・・/これから中国がどんどん日本の企業を買い進めるようなことになれば、自分の会社がある日突然中国企業に乗っ取られ、正月に日の丸の旗を自宅にかかげているような日本人社員はクビを切られる、などということが現実にならないとは限りません。/本当に愛国心があるなら、いますべきことは反中国的なアピールなどよりも、どうすれば中国に頭を下げなくて済むようになるかを本気で考えることだと思うのですが、残念ながらそれを考えている人はほとんどいないように思います。/日本の経営者が変わらない限り、10年後の日本はおそらく中国の悪口のいえない社会になるでしょう。・・・/・・・/さらに学力低下の問題も考え合わせると、この国は今後かなり没落するだろうと予想しています。本格的に没落して、近隣の国に笑われる存在になって初めて奮起できるようになるのかもしれませんが、おそらくアジアでは北朝鮮の次に「ダメな国」になるといっても大げさではないでしょう。

 
○増税というなら、所得税や相続税の累進課税を強化するという発想もあり得るはずです。かつて日本もアメリカも、課税の累進度が高かった時代は、高額所得者からごっそり税金をとるかわりに中流層にお金が行き渡り、中流層が消費の主役となって製造業を活気づかせていました。日本もアメリカも、資本家の都合に合わせて累進度を低くしたところから、製造業の凋落が始まっているのです。/中流層が分厚い国ほど強いということは歴史的にも明らかなことです。にもかかわらず、勉強していない人が増えているために、増税イコール消費税という前提で議論が行なわれてしまう状況になっているのです。/累進課税を強化して、金持ちからどんどん税金をとって貧富の差を小さくするべきだとテレビで主張する人は誰もいません。コメンテーターをはじめ、テレビの情報の送り手側は、そんなことになれば損をする人が大半なのですから当然です。/・・・/1980年代からの20年間に、高額所得者に対する最高税率が大幅に下がったことにより、高額所得者層の手取り収入は増えました。単純に税率が3割ほど下がったわけですが、それによって年収1億円の人は手取り収入が3000万円増えることになります。減税というやり方は、高所得者にとってはメリットが大きい半面、もともと税率が低い低所得者層にとってはほとんど収入が増えず、実質的な恩恵は少ないのです。/・・・/このように、何も考えていなければ資産家のいいようにされてしまう社会で、政治に期待することもできないのが現状だとしても、「だまされない」ための勉強は不可欠だといえるでしょう。

 
○40代になったら、会社のためという名目で部下からわざわざ嫌われる役目を背負い込むことは、そろそろやめたほうがいいと思います。/よく、会社の代理人のごとく経費節減にやたらと目を光らせては、部下に煙たがられる人がいます。しかし、そんなふうにケチケチして多少経費を削ったところで、会社はそれを大して評価してはくれません。・・・/ほとんど報われないことに躍起になって、みすみす嫌われ者になる必要はないはずです。・・・問題にならない程度の経費の無駄遣いであれば目をつぶってやるなど、部下には鷹揚なところを見せておいても悪くはないと思います。

 
○今後も、日本のデフレは止まらないと私は予想しています。/景気浮揚のために労働者の給料を上げるという方策を、経営者たちがとろうとしない現在の状態が続く限りは、消費が上向く見込みはありません。/日本の経済はどんどん規模縮小に向かうはずです。国民の所得は増えず、少子高齢化によって消費はさらに減ります。車を例に挙げれば、今後は若年人口の減少で新たに免許を取得して車を買う人が少なくなる一方で、現在車に乗っている人たちは高齢化して運転ができなくなっていくので、国内の自動車の販売台数やガソリンの消費などは減り続けていくと考えられます。/そのように国内の消費が減り続けていくとすれば、生活必需品を中心にもの値段が上がることは考えにくく、少子化で不動産が余るので地価も下がります。総合的に見て、デフレはいっそう進んでいくと考えられます。

 
○積極的にいろいろな栄養素をとることを、年をとってからはより意識するべきです。なるべく多種類の食材を口にすることは、健康上とても好ましいことです。「家庭料理は体によく、外食は体に悪い」と考えられがちですが、この点を踏まえると、一概にそうとはいえないのです。/・・・/用意する料理の総量が多くロスが少ないため、多種類の食材が使用される外食は、バリエーション豊かな食材を効率よくとれるという利点があります。・・・一方で家庭料理の場合、少しずつたくさんの食材を使うのは不経済なので、どうしても一度の食事でとれる品目は少なくなりがちです。/・・・/外食をバカにするべきではありません。外でおいしいものを食べるのは、気分転換やストレスを癒やす手段としても、生活に組み入れて損はないものだと思います。

 
○「心の健康にいい考え方」とは、プラス思考でもなくマイナス思考でもない、あいまい思考のことです。/重要なポイントは「決めつけをしない」ということです。/40代に入ると、一般的に前頭葉が委縮し始め、知的機能の低下が見られます。前頭葉の機能には、感情や思考を切り替えるスイッチの働きもあるので、40代以降になるとその切り替えがうまくいかなくなり、ひとつの考えにとらわれるとそれに固執してしまう傾向が強くなりがちです。/人間は、年齢を重ねて人生経験が豊富になるにしたがって、決めつけから自由になれるように見えて、実際はむしろ「自分の経験ではこうだ」と決めつけるようになる傾向があるのです。

 
評価:8点

 

| | コメント (0)
|

2012年1月15日 (日)

来来亭メモ

次男坊のサッカー観戦の合間に、久し振りの来来亭。
(結局2試合とも出してもらえずつまらんかった、もう行かん)
 

前々々回:こってりラーメン+背脂多め+チャーシュー脂身
→ちょっとからかった

前々回:前々々回+醤油うすめ+唐辛子抜き
→美味かったが、こってりさがより引き立ち、やり過ぎ感

前回:こってり+背脂普通+チャーシュー脂身+唐辛子抜き
→美味かったが、まだこってり感が多い

今回:あっさり+背脂多め+チャーシュー脂身

さすがにこってり感はなかったが、醤油味が濃い。
次回はあっさり+醤油うすめにしてみよう。

なかなか自分の味にたどりつかない。
が、どんどんあっさり方向にシフトしていっている。
歳だな。。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月14日 (土)

1/14 竜門

北西強め 曇り時々晴れ 雲底1200(最初だけ)

本日のタスク
TO→城→JR→ホテル→パナソニック→北山→船戸ゴルフ→竜門L 60㎞
ディパーチャー:城手前1㎞、13:15の1回

北西が強めで雲底が低く日照も少ない、ということで東は北山以降は無理と判断、西は井阪までか船戸までか迷ったが、チャレンジとして船戸を設定。

結果は、船戸は無理だった、井阪がちょうどよかった。

Ws000000

13:00スタートの案もあったが、間に合わないかも、ということで13:15スタートに設定。残念なことに13時前にみんな雲底に付くも、急に条件がショボくなり、スタート直前にみんなで右往左往することに。

スタート時間を迎え、なし崩し的にみんなスタート。タナカさんが低くトップを走る。私はTOでもうちょい上げてから、と少し遅らせたが上がらず、結局遅れただけ、ショボすぎる。。

西行きが進まず、城から帰ってきてJRへ向かうのにTOでもうちょい上げてから、ともたもたしたが上がらず、TOからJRへは上がりながら進むという条件で、結局みんなから遅れただけ、ショボすぎる。。

ヒローカが調子よくトップを進み、タナカさん、ハヤシデラ、マッチャンマンが続き、最後尾で私とペーターが追っかける展開。マツは早々に放棄した模様。マッチャンマンもパナの帰りで放棄したらしい。

リッヂの往復が終わり、船戸へ向かうところで全員集合。井阪とJRの間でヒッた弱いリフトで800まで上げて私のみ船戸へ突っ込む。船戸ゴルフを見上げながら勝負ターンで高度170でシリンダーをかすめ岡田スポーツへアウト。

最後が井阪だったらみんなゴールできたかな。

約2時間、3TP=37.9㎞、5TP=46.7㎞

 
久しぶりの竜門リッヂレース、やっぱり苦手だった。
いい練習になった、本番でなくてよかった。

 
チップバテン、2周分張ってみた。
ヨーイングが抑えられた気がしたが、トノヤンの言う、翼端の跳ねが大きくなる、というのが感じられた。西へ向かうとき、低い高度で尾根を一つ一つクリアするときちょっと怖かったので降りてから1周戻した。ヨーイングを抑えれるかどうか、いよいよデビルウィングを借りてみようかな。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月10日 (火)

1/9 竜門

北西 晴れ時々曇り max1350

本日のタスク
TO→ホテル→川辺の湯→北山→船戸ゴルフ→竜門L 63km
デパーチャー:ホテル3km手前、12:30の1回

Ws000000

スタート前に上げ切るもステイするポジションが悪くスタート失敗、7分ほど遅れた。城辺りから北西方向に伸びる雲列の沖でステイしていたスナマンが正解。

西へ向かうために上げるポイントは今日は沖。それに手間どってスナマンに離される。船戸で500→1200まで上げ返して川辺へ。ここでいっしょに上げたスナマンは川辺の帰り。

北山取った後、西へ向かうために再び沖へ。ここで女王と上げていたスナマンに追いつく。ここで抜けた方が勝ち。しかしどちらも抜けれず同高度で船戸へ。そして同じタイミング同じ高度で船戸ゴルフリターン。リターン後のコースの違いで高度差ができ、その差のままスナマントップゴール。

その後タナカさんもゴール。

63kmタスクに2時間半かかったが、いい練習になった。タスクもよかった。
できればもっとコンペ組に参加してもらいたい。練習になるのになあ。

3ヶ月ぶりに3時間飛んだ。
3TP=56.7km、5TP=62.9km

 

| | コメント (0)
|

2012年1月 8日 (日)

1/8 竜門

東 max1500

タスクはパラのタスクにのっかって、
TO→JR→城→体育館→九度山→井阪→竜門L 63km

ゴールはキッタンのみ、しかも井阪の替わりに近大取ったとのこと。

私は九度山取って道の駅に沈。

タスク無視の人たちは、マツが和歌山IC、ワダッチとナカノが坂本物流。

飛び初めはいまいちやった。
明日も飛ぶで。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月 7日 (土)

1/7 竜門

北北東 曇り時々晴れ 雲底1400

今日は奥さんの番。

コンペ組のタスクは、
TO→北山→高積中学→九度山→竜門L 63㎞

トップは高積取って井阪まで戻ったこの人

その他の人たちはほとんど高積方向でアウト。
北山の後、西方向へ向かったタイミングで岩出辺りは雪に。。

雪がなかったら高積から帰ってこれたんだろうけど、今日の条件で東方向へ行かなかったのはもったいない。パラでも九度山入れたタスクでゴール出てたし。

今日は橋本アウト&リターンを軸にして設定した方がよかっただろう、とは外野の意見。タスクセットのスキルもみんなでレベルアップしていきたい。

 
今日の竜門Lはこの人だけ

 
明日は私の番、飛び初めや。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月 5日 (木)

Forbes 始まった

今年はPre-Worldを兼ねているフォーブスが始まった。

初日1/5はゴールなし。リザルトは →こちら

画像はJamieさんがたっぷりアップしてくれている →こちら

Jamieさんのブログは →こちら

Jrs_3276
Jrs_3183

来年の今ごろ、ここで飛びたいなぁ。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月 4日 (水)

1/4 「走」 8㎞

走るのは、1ヶ月ぶり。

1ヶ月も空けたので、前回の6㎞(37分)から距離は延ばしたくなかったが、時間はちょっと短いので8㎞にした。

近所2往復。

往路:13'02"
復路:11'37"
往路②:12'41"
復路②:11'05" 計:48'25"

往路のアゲンストがハンパなく強かった。
1ヶ月ぶりで8㎞も走ると右膝に違和感。まあアイシングで済む程度だろう。

奥さんも8㎞、次男坊は4㎞。

 

| | コメント (0)
|

2012年1月 3日 (火)

ミッション:インポッシブル

シネマイレージのポイントがいっぱい貯まってるのでタダで映画を観に行った。

セレクトしたのは「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」
Tom_cruisemission_impossible_ghost_

アクション満喫。
かなり手に汗握った。

予告編↓

 

| | コメント (0)
|

1/2 絶叫初め

長男坊は今年は受験生、来年以降は高校生。
家族で遊びに行くこともそうそうできなくなるだろう、どっか遊びに行こう。

というこうとでセレクトしたのは、以前夫婦2人だけで行った絶叫系遊園地、ナガシマスパーランド。
Photo

強風になる予報だったので、まずはスチールドラゴン!
Photo_3
案の定、昼過ぎには強風のため中止になった。 もう1回乗りたかったなぁ。

前回乗らなかったフリーフォール
Photo_4
昔からいろんな遊園地にあるし何度も乗ったことあるけど、やっぱり怖かった。

これも前回乗っていないルーピングスター
Photo_6
2回乗った。チビたちは6回!

スペースショット
Photo_7
これもチビたちは2回

フライングカーペット、これもチビたちは2回

 
その他の成果は、
ホワイトサイクロン(2回)
パラトルーパー(スイングアラウンドみたい)
スペースシャトル(頭に血が上った)
フリスビー(ジャイアントフリスビー乗れなかったし)
ジャンボバイキング(最後の方は飽きる)
ダブルワイルドマウス(運転荒っぽい)
ロックンロール(もっと回してほしかった)
ジェットコースター(子供向け、これはいらんかった)
スイングアラウンド(パラトルーパーみたい)
大観覧車(17時最終駆け込み)

 
休止中だったのが、
コークスクリュー(前回2回乗ったのに)
ウルトラツイスター(これも前回乗った)
ジャイアントフリスビー(動かしてたけど調整中?)
トップスピン(どっかで乗ったことあるからええわ)
ウェーブスウィンガー(空中ブランコ)
シャトルループ(強風のため)

 
あえて乗らなかったのは、
シュート・ザ・シュート(濡れたくなかった)
ボブカート(前回期待外れだった)

 
閉園17時までめいっぱい遊んだ。
Photo_8

 

| | コメント (0)
|

2012年1月 1日 (日)

迎春2012

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 
初詣は建部大社へ。
Photo

 
おみくじは中吉やった。

奥さんと次男坊は吉。
長男坊は末吉。

なかなか大吉の出ない神社やな。

 

| | コメント (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »