« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

健康ストレッチ

Photo 『痛みと歪みを治す 健康ストレッチ』

 伊藤和磨 池田書店 2012年8月刊

首+肩+腰+足についてのストレッチ解説本。痛みに効くストレッチと予防のためのストレッチに分けて解説されている。

解説は女性モデルによるカラー写真でグッド。この本はマッスーのお薦めでもある。モデルをお薦めやったか?

腰に関するストレッチしか実施していないが、伸ばすべき筋肉がとてもよく伸びてこれは使える。痛みについては楽になるのでOK。歪みについては連用の結果に期待。

著者は「腰痛はアタマで治す」と同じ。

カバーに「開きやすい本 開いたまま置ける特殊製本」と書かれているが、開いたまま置けない。写真を見ながらストレッチしたいのにできない。そこがちょっと残念。

 
評価:9点

 

| | コメント (0)
|

2012年2月28日 (火)

一流の男、二流の男

Photo_2 『一流の男、二流の男』 里中李生

  三笠書房 2011年10月刊

近所の書店のビジネス書コーナーで1位だったのでつい買ってしまった。先月も同じことを書いたが、そのときは8点を付けた本だったのでよかったが、今回はひどい。騙された感がある。その書店のランキングの信用度が一気に落ちた、以後気を付けよう。

だいたいこんなタイトルの本を買うこと自体、一流ではないな。反省。

偏見に満ちている。というより偏見しか書かれていない。サラリーマンをバカにし過ぎている。ネットでの評判もすこぶる悪い。こんな本を買ってはいけない。金の無駄だし、とにかく時間がもったいない。

1ヶ所、抜書き。

○人生を一からやり直すチャンスはめったに来ない。きっかけが作れないのだ。皆、きっかけを作れないまま怠惰に時を過ごし、年老いていくのだ。もし、リストラというきっかけをもらったら、幸運だと思わないといけない。

まあ、こういう考え方もありだな。
0点を付けてもよかったが、1ヶ所抜書きしたので、

評価:1点

 
 
ほりやんは一流だったなあ。。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月27日 (月)

ほりやん

ほりやんを知っている人には伝わっているだろうけど、ここにもメールの一部を転載しておきます。

 
↓ここから
---

2/26、山沈の救出に手伝いに来てくれた『堀やん』が心筋梗塞で亡くなりました。

2/27、19時からお通夜

セレモール那賀 0736-77-0011

JR打田駅の近くです。

2/28の葬儀は同じ場所で11時開始の12時出棺です。

---
↑ここまで

 
竜門のエリアにとても尽力くださった方です。
紀の川市職員として、エリアと行政との強力なパイプ役をつとめて下さいました。

昨年の3.11の折にも、自ら市長に申し出て紀の川市の代表として東北まで出向かれて活躍されており、とても心のある方でした。

無念です。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月26日 (日)

整体

先週、生まれて初めて行ったカイロプラクティックがあまりにもソフトだったため、別の整体にも行ってみたいなあと思っていた。

腰の具合も良くなってきたしもう行く必要もないかな、と思っていたところ、車の運転を30分もすれば腰がとてもつらくこれはまだあかん、ということで日曜でもやっているところに行った。

先週行ったところとはまったく別もので、1時間みっちりかなりギュウギュウやられた。当初イメージしていた、これぞ整体、という感じ。

骨盤が右にズレているとのこと。そのズレを直す前に張っているところを緩めるマッサージから始められたが、おしりの筋肉がとても張っていたようでそのマッサージがとても痛かった。

良くなった感はあるが、とりあえず1週間様子を見よう。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月25日 (土)

2/25 「泳」 2150

1500+(Bu25+Fr25)+(Ba25+Fr25)+(Br25+Fr25)+Fr50+Frキック50×4+(Bu25+Fr25)+(Ba25+Fr25)+(Br25+Fr25)+Fr50+ダウン50
=2150

1500は25分40秒。
また数え間違って1往復少なかった。最近多い。苦しくて早く楽になりたくて、なんてことはないのに。もっと数えることに集中しよう。

腰の上下動が必要なBuとBrを解禁したけど問題なかった。でもクイックターンはきつかった。背中を丸める方向に関しては、腰椎はまだ回復していないみたい。もうちょいやな。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月22日 (水)

腰痛はアタマで治す

Photo 『腰痛はアタマで治す』 伊藤和磨

  集英社新書 2010年8月刊

腰痛を治すというより、腰痛予防に重きを置いている。帯を見ると著者は元Jリーガーということなので経験談が多くを占めているのかと思いきや、腰痛の仕組みなんかがきっちり書かれておりけっこう賢い本だった。

腰痛予防には日常の姿勢が大事ということがよくわかり、とてもためになった。

 
以下、抜書き。#は感想。

 
○腰痛は1回の大きな負担によって起こるのではなく、長年の不良姿勢と不適切な屈み動作の繰り返しにより、腰部の組織に微細なダメージが蓄積した結果だ・・・、多くの場合、腰痛を自覚した瞬間の動作は「きっかけ」にすぎず、それよりもずっと前から腰痛の黄色信号が点滅していたのに、それに気づかなかっただけだ・・・

#経験的にまさしくその通りだと思う。

 
○関節の周辺にある筋肉で言えば、関節を効果的に動かすのがグローバル筋(表層)、関節の支持・安定に関与するのがローカル筋(深層)ということになります。/・・・/マシーンを使った筋力トレーニングで強化されるのはおもにグローバル筋です。ボディービルディングのような筋トレをすれば、体が丈夫になり、腰痛も改善できると誤解している人が多いのですが、スポーツなどにおけるパフォーマンスのためや筋肉を肥大させるためのトレーニングと、腰部を安定させるためのトレーニングは全く別物です。

 
○立っている時の椎間板にかかる圧力を1とすると、両足を床につけての腹筋運動で椎間板にかかる圧力は2.1倍になるが、台に足をのせて行う腹筋運動では0.35倍と低くなる。

#これは知らなかった。実践しよう。

 
○ニュートラルポジション(座った状態)の時の脊柱起立筋の内圧に比べ、上体が30度屈曲している時の内圧は4倍、・・・あぐらをかいた時の内圧も、ニュートラルポジションの場合と比較すると8倍となっています。/背もたれに腰と背中をつけた場合は、ニュートラルポジションよりも内圧が低くなり、足台を置いて膝が股関節よりも高くなるような座り方でも、ニュートラルポジションとほぼ同じくらいの強さです。

 
○オートマティック車では、左足をフットレストに置かずに床で遊ばせている人が多いため、常にアクセルを踏む右足が前に出た格好になり、骨盤が左に捻じれてしまい、腰痛の誘発要因となるのです。

#運転時はかなり腰が痛いが、次からはフットレストを活用しよう。

 
○もしギックリ腰になってしまったら、まずは、「48時間はアイシング(冷却療法)」です。横向きに寝て、市販のロックアイスを袋ごとタオルに包んで12~15分間、感覚がなくなるまで直接患部に当てます。1時間以上間隔をあけてから再びアイシングを行います。これを3~4回繰り返すと次第に痛みが和らいできますが、痛みと熱感が残っている間は、できるだけ同じ要領でアイシングを繰り返し行うようにしてください。ギックリ腰が起きた直後は、激しい痛みでほとんど身動きができなくなっているので、ひとまずアイシングして動けるようにすることが大切なのです。/氷によるアイシングは消炎鎮痛効果がとても高く、痛みの激しい急性期の症状だけでなく慢性的な症状にもたいへん効果があります。

#慢性的な痛みに対して冷やすのはちょっとこわいが、、要調査。

 
評価:9点

 

| | コメント (0)
|

2012年2月21日 (火)

紀の川最終日の写真

最終日にうちの奥さんが観戦に来てて、写真をちょっと撮影してたのでアップ。

スタート前
20120212_2
いい感じ

 
スナマン事件、救出後だから撮影OKでしょ
1_2

2

ズブ濡れの人たち
3
この後、ショップの風呂へ直行~

 
人がいっぱいいてよかった。
スナマン、トップゴールじゃなくてよかったね~

 

| | コメント (0)
|

2012年2月20日 (月)

2/20 「泳」 2150

1500+Fr50×4+Frキック50×4+Fr50×4+ダウン50
=2150

1500は26分5秒。
2日連続はきつかった。月2回をノルマにしているとはいえ、2日連続という2回でノルマ達成と言えるのか、とは思うが、まあそういうこともあるだろう。

 
久しぶりに彦根で泳いだが、12月までとプールが変わった。
うちの会社は1月に親会社に吸収合併され、福利厚生契約会社が変わった。それまで法人会員として利用していたプールが新しい福利厚生会社では利用できなくなり焦ったが、別のプールが利用できることがわかりほっとした。なんとか彦根でも泳ぎ続けることができる。

プールが変わって残念なのは、泳いだ後は近江ちゃんぽんというお気に入りのコースが取れなくなったこと。新しいプールは、これまでのプールと寮からの距離は同じくらいだが方向が全く違うため。新しいプールのそばにあるのは天一。これからは泳いだ後は天一やな。今日は臨時休業やったけど。。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月19日 (日)

2/19 「泳」 2150

1500+Fr50×4+Frキック50×4+Fr50×4+ダウン50
=2150

1500は24分50秒。
調子は良かったが、このタイムはありえない。数え間違い。
調子がいいのはソフトカイロのせいか?

泳ぐのは3週間ぶり。
腰痛とはいえ、泳ぐのはできる。
ターンにさえ気を使っていれば問題ない。BuやBrは絶対しないけど。

泳ぐことに関して、腰はいいけど左肩が。。
昨年の8月以来不調が続く。健康維持のために泳ぐ分にはいいけど、タイムを気にするならばこれでは使えん。

今度は整体で左肩も診てもらおう。

 
しかし、天気のいい日曜にインドアで泳ぐのは今日を限りとしたい。。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月18日 (土)

初カイロプラクティック

先日、風呂で身体を洗っているとき、鏡に映る自分の身体が目に見えてゆがんでるのに気付いた。

腰痛改善に向けて、一度、整体に行ってみよう、ということで行ってきた。

どこの整体に行ったらいいのかわからず、口コミ情報も当たりがなく、ネットで調べてチョイスした。土曜のAMにやっているところに予約を入れようとすると、3週先までいっぱいです、と言われ、それは信頼できるということの証しだなあ、そこがいいなあ、と思っていたら、9時半開院ですが、9時でよければ対応できます、との連絡を受け、そこに行ってきた。

 
感想=う~ん、こんなもん?

身体のゆがみを治すための整体なんだから、バキバキというのは勘弁してもらうとしても、もっとギュッギュッと力を入れられるのかと思っていたら、背骨のズレている箇所をコンコンという感じ。こった筋肉をほぐすのは「9割の腰痛は自分で治せる」の腰痛緩消法に似ていた。

確かにいろいろ触ってもらってちょっとはましになった気がするが、肩すかしをくらった感じは否めない。これはソフトカイロというやつ?まあ、しばらく様子を見よう。良くならないようなら他所にも行ってみよう。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月14日 (火)

アデル

今年のグラミー賞、話題はすっかりホイットニー。。

受賞したのは、アデル

 
でも、やっぱりこっちだな。格が違う。

R.I.P.

 

| | コメント (0)
|

2012年2月13日 (月)

紀の川反省

腰痛を抱えて臨んだ大会、直前に設定した目標は、4日間飛ぶこと。

その目標をクリアすることはできなかった。
日を追うごとに痛みがきつくなり、3日目についに自主キャンセル。

無理して飛ぶつもりだったが、自機のフロントスパーに凹み発見。
それで心が折れた。

凹みは過去のノーズクラッシュによるものと推測される。
それを今まで放置していた自分の管理の甘さが腰痛の上に重くのしかかり、キャンセルを決めた。

河原でノーズクラッシュしてしまったら、石による凹みをチェックするようにしましょう。

 
最終日、痛み止めの薬が効いて飛べそう、というところで自機で飛べない状況の中、試乗機を貸していただいた大門さん、ありがとうございました。とってもよく飛ぶグライダーでした。

 
腰痛のため力仕事がかなわず、機体の車上への積込み、山頂での車上からの積降ろし、アウトサイドの回収時の運搬、等で、たくさんの方からお力をお借りしました。どうもありがとうございました!

 
世界選へ向けて4本成立の大会のポイントを落としてしまいましたが、しっかり腰をなおして板敷に臨みたいと思います。

 
紀の川総合成績は →こちら
(各タスクの成績も各日の記事にリンク)

 

| | コメント (0)
|

2012年2月12日 (日)

紀の川最終日

紀の川最終日

北東 晴れ

TO→体育館→城→荒川中学→道の駅→工業技研→竜門L 63km

ゴール100人、私は痛み止めを飲んで試乗機のGTをお借りして6番目ゴール。

痛み止めがこんなに効くなら昨日も飛べたなあ。。

 
最終日の成績は →こちら

 

| | コメント (0)
|

2012年2月11日 (土)

紀の川三日目

紀の川三日目

北西 max1500?

TO →ホテル→パナソニック→橋本高校→川辺の湯→竜門L 80km

ゴールは7人。

私は腰痛がひどくキャンセル。。

明日は飛べるか?

 
三日目の成績は →こちら

 

| | コメント (0)
|

紀の川レセプション

Img00011_3
レセプションは毎年のように鍋。
うまかった~

 
紀の川レセプション

紀の川レセプション

年度最初の大会ということで、昨年度のランキング表彰や、次回のハングエイドの紹介があった。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月10日 (金)

紀の川二日目

紀の川二日目

西次第に強く 曇り

TO →荒川中学→九度山鉄塔→ホテル→船戸ゴルフ→パナソニック→竜門L 53km

ゴールはいないみたい。
九度山の後、竹房まで戻ったのがトップか?

私は九度山の後、ピラミッドのふもとにあっさり沈。

腰はなんとかもちこたえたけど、機体を一人でかつげない。。

 
訂正
ヒラバヤシ一人だけ、船戸取って竹房らしい。

 
二日目の成績は →こちら

 

| | コメント (0)
|

2012年2月 9日 (木)

紀の川初日

紀の川初日

TO→荒川中学→Lタン→パナソニック→九度山鉄塔→かつらぎ橋→橋本 48km

雪のち西強風

ゴール15人くらい。
トップはダイモンさん。
私は7番目。とりあえず腰はもった。

 
初日の成績は →こちら

 

| | コメント (0)
|

2012年2月 7日 (火)

エイジ

Photo 『エイジ』 重松清

 新潮文庫 単行本は1999年刊

 
「とんび」があまりに良かったので重松清の代表作をチョイス。数ある代表作の中でどれにしようか迷ったけど14歳ものにした。自分の子どもが14歳のうちに読んでおこうと思って。

中学2年、14歳の少年の一人称による物語。とってもリアル。とはいえ、自分が14歳のときどんなだったか、そんなにはっきりとは思い出せない。

中学生が読んだらどう感じるんだろう。衝撃的かなあ。子どもにもとりあえず薦めてみよう。

 
評価:9点

 

| | コメント (0)
|

2012年2月 5日 (日)

2/5 竜門

ほぼ無風 曇り

ぶっ飛び、14分。

天気予報のウソつき~

この週間予報は当ててくれ。

Photo

 

| | コメント (0)
|

2/4 竜門

西北西強 晴れ時々曇り max1700(ワダッチ)

今日は奥さんの番。

西風が強く、コンペ組もタスクを組んでいたがそれどころではなかったみたい。

どれくらい強かったかというと、
ワダッチのワイヤーランチャーに屈強そうな男性が左右2人ずつ付くくらい。
0204
ワダッチはそのアゲンストに向かって川辺の湯手前まで行ったらしい。

 
以下、テイクオフ動画

やる気マンマンスナマン

3時間半以上も飛んだらしい。

マッチャンマン

マツ

ユースケ 1年以上のブランク明け

おかえり~

 
続いてランディング動画

ユースケ

ミズノ

ヒローカ オーガのグライダー試乗

ハヤシデラ

ペーター

アキヨシさん

スナマン

ダッチ

ナカノ

ヒデカズくん

タナカさん

ナオ

スズキくん 誰かさんの新機のテスト

今日1番のランディング、近すぎてきっちり撮れんかった。。

トノヤン

女王 おにゅう!

 
明日は私の番。
強風もおさまってるはず。

 

| | コメント (0)
|

2012年2月 2日 (木)

9割の腰痛は自分で治せる

9 『9割の腰痛は自分で治せる』

 坂戸孝志 中経の文庫 2011年6月刊

著者が開発した「腰痛緩消法」のPR本。

マッケンジー体操に失望したので次はこれを読んでみた。そして実際にやってみたところこれはいけそう、と最初は思った。

しかし肝心のやり方がわかりにくい。「腰痛アカデミー」なるものを主催していて、会員制で3万円必要とのこと。この本は所詮は商売のための導入のようだ。

こういうやり方はとても印象が悪くなると思うけどなあ。腰痛がとてもひどい人は藁をもすがる思いなので、3万円払って治るならいいと考えるだろう、と足元みてんじゃないの。とても志が高いような人ではないな。

とはいえ、この本に開示してくれてる内容だけでもある程度わかるので、しばらく続けてみたが、マッケンジー体操と同じく→悪化。本に書いてあるとおりになんてなかなかできないので適当にアレンジしてやってたのが悪かったのか?

マッケンジー体操と同じく、即効性はあるんだが、次に来る痛みがきつい。

やっぱり腹筋背筋か?

 
評価:4点

 

| | コメント (0)
|

2012年2月 1日 (水)

腰痛は自分で治せる

Photo_4 『腰痛は自分で治せる』 穴吹弘毅

 河出書房出版   2009年9月刊

副題は「本当に凄い「マッケンジー体操」を完全図解」

マッケンジー体操なるものに期待したが、要はうつ伏せになって上体を反らせるだけ。

腰が悪いのに反らせていいのか?腰痛持ちは誰でも思うはず。実際反らせてみるとその場の痛みは消え、これはいいかも、と思って1週間続けてみたが、結果→悪化。

腰痛は人それぞれだからね。
私にはマッケンジー体操は×だった。

それにしても上体を反らせるだけなのに、1300円。字が少なく中身スカスカな本。本としてはダメだ、これ。

 
以下、抜書き。#は感想。

 
○私の経験では、マッケンジー体操を行なって、その場で多少なりとも効果の出る腰痛は、2週間以内に90%がよくなってしまいます。

#オレは残りの10%か?そんなことはないだろう。

 
○日本の腰痛治療で不思議なのは「牽引療法」です。腰痛で整形外科を訪れたら、一度は牽引療法を経験したことがあるかもしれません。それほどよく行なわれている治療法のひとつです。/なぜ、この牽引療法が不思議なのかというと、多くの腰痛に効果がないにもかかわらず、用いられているからです。

#日本の整形外科にケンカ売ってるね。牽引したことないから詳細はわからんけど。

 
○整形外科では、・・・現実にはいったい何をしているのでしょうか。/はっきりいえば、「経過」をみているのです。日本では、腰痛で整形外科を受診した人のほとんどは、電気治療、牽引療法、痛み止めなどの薬を用いながら、「今後の様子」をみているだけのことです。「治す」ことを目的としているわけではありません。

#またまたケンカ売ってるね。まあ当たらずとも遠からずか?

 
○立っているときの椎間板内圧を100とすると、・・・/座ると、腰がラクになるかというと、そうではありません。背すじを伸ばしてイスに座ったときには、ただ立っているときより負担が大きく140もの内圧がかかります。/姿勢を悪くしてすこし前かがみになってイスに座ると、負担が増して185になります。/つまり、日常的な動作でもっとも腰に負担がかかるのは、悪い姿勢でイスに座ることなのです。イスに座る機会が多くなればなるほど、腰に負担がかかりやすくなり、腰痛もふえてくるのです。

#これはまったくうなずける。今の仕事は1日中座っているし、イスが最悪なので腰痛も当然か。イスを換えてほしいなあ。。

 
評価:3点

 

| | コメント (2)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »