« アルバム3週連続1位! | トップページ | 7/21 「泳」 2150 »

2012年7月19日 (木)

ニュースキャスター

Photo『ニュースキャスター』 大越健介

文春新書 2012年4月刊

NHK「ニュースウォッチ9」のキャスターの、エッセイのようなもの。

10時前に帰寮したときは必ずNHKにチャンネルを合わせる。この人のコメントはわかりやすく、的を得ていると思う。

しかし、この本はいまいち。
メインテーマのようなものがなく、雑記帳のような感じなので。

以下、1ヶ所だけ抜書き。

 
サッカー日本代表の前監督、岡田武史氏「ぼくらが今、生きているというのは、今の経済がどうとか、今の電気がなくなるとかいうことではなくて、子どもたちの時代にどうなるか、ということを考えなければ、と思ったんです。そして、自分が今回中国に来たのも、自分の子どもたちの時代にいろいろな問題が起こる可能性があるこの東アジアで、何か親の世代としてできないのか、ということもありました」/そのことばを聞き、私はもやもやとしたものが吹っ切れたような気がした。社会の主役を自任するわれわれ大人は、今の生活が自分たちにとってよいかどうかばかりを考えがちだが、大切なのは、次の世代にどのような社会を残すかなのだ。/そう考えれば、日本を苦しめるおおよその問題は、答えが見つかるような気がする。若者たちに過重な負担を強いる今の社会保障制度の改革と負担の均等化。ため込むばかりでお金が世の中に回らない消費構造の改善。同盟国アメリカとの成熟した関係づくり。そして岡田さんが言うように東アジアに未来志向の関係を作り上げること。時間はかかっても、子どもの世代に問題解決の糸口くらいは引き継げるようにしなければならない。よい時代の果実を食い散らかして終わりでいいはずはないのだ。

 

評価:4点

 

|
|

« アルバム3週連続1位! | トップページ | 7/21 「泳」 2150 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルバム3週連続1位! | トップページ | 7/21 「泳」 2150 »