« さくら | トップページ | 3/17 「走」 12㎞ »

2013年3月17日 (日)

3/16 岩屋

北西強 晴れのち曇りのち晴れ max2200(雲底はもっと上)

前日の予報から、大佐をあきらめて岩屋へ。
北西がしっかり吹くと大佐はテイクオフできない。XC Skiesの雲底予報も1800レベルだったので、テイクオフできたとして100㎞行けても200㎞行ける条件ではないと判断して、テイクオフできないかもというリスクと岩屋からのクロカンを秤に掛けて、岩屋を選択。

結果、正解。
大佐は爆風だったらしい。
岩屋も強風だったけど、正面風だから飛べた。
クロカンもできた。95㎞。

Ws000000

ハング一番機のハタボーが上げるのを見ながら、上限が低いなあ、もっと気温が上がってもっと高く上がらないとクロカンきびしいなあ、と出渋っていると、なんと曇ってしまった。曇る直前にテイクオフしたタナカさんも曇ってしまってはむずかしく、MLへ。

ハーネスも脱いで晴れるのを待つことに。
風も西風に変わり、だんだん強くなってきてパラも撤収。

13時半になってようやく晴れてきたので13:45テイクオフ。

春の岩屋!
西風でリッヂがとれるくらいの強さ。その西方向には粟鹿山という大きい山がある。当然荒れるわな。

私の次にTOしたアキはTOがヤバかったらしく、荒れてるし、心が折れそうになったらしくML方向へ。私も1000くらいまでしか上げれず逃げた。
尾翼があっても怖いわ。

どこに降りようかな、先週と同じく安全山横の広いところかな、と風に流されるままふらふら飛びながら下を見ると、地表の煙は南風になったりしている。うーん、降りたくない。

そうこうしているうちに春日IC手前の山で1600まで上がり、篠山盆地に届く感じになったので、14時半という遅い時間ではあるが発射することに。盆地北側の山に着く前に2100。

2年前に大佐から160㎞飛んだとき、篠山盆地をクリアできなかった。213㎞のときも篠山盆地でピンチがあった。今日は時間的にも仮想大佐からのクロカンとして、篠山盆地クリアはしっかりやり遂げておきたい。

尾根伝いにグライドするもいい当たりがなく、結局雲を頼りに動いて、アゲンスト側へ大きくサーチしてヒット。ゴルフ場まで流されながら2100。篠山盆地クリアのポイントはここ、という成果は得られなかったけど、まあ結果オーライ。

篠山盆地から亀岡盆地までは山がちだがリフトが豊富で、難なく亀岡到着。事前の計画で、亀岡まで行って西風なら琵琶湖狙い、北風なら木津川沿いに南下、と決めていた。

盆地一帯がオーバーキャストになるタイミングで、盆地中央の桂川上空で1800弱までしか上がらず、次のポイント愛宕山を目指す。愛宕山では過去2回上げており、ここで上がれば京都市街横断ができる。

しかしこの辺りは北成分が強く、愛宕山到着が微妙。ここで上げれなかったら降りる所がない。やむを得ず亀岡に戻ることに。無線で呼びかけたら亀岡TOにいるユアサさんと交信できた。スタ沈回収があってTOが遅れ、今から飛ぶとのこと。亀岡MLに600で到着。

回収も楽チンだし亀岡に降りるつもりだったが調子良く上がり2200。西風と北風のコンバージェンスかな。東方向はあきらめ南へ向かうことにする。ここから南へは行ったことないので楽しみ。無線交信ができたユアサさんから回収班へ連絡してもらった。ありがとうございました。

強いフォローに乗って木津川沿いを南下。GPSをGOTO岩屋テイクオフにセットして飛んでて距離がわかるので、高度と距離を見ながら100㎞行けそうだなあと思ってたら奈良市街地に800で到着。視界が悪く市街地を越せるかどうかがわからない。

昔、タガワさんが大江山から名張まで飛んだとき、若草山で最後に上げた、と言うのを聞いてたからそれも考えたが、すでに17時前。若草山も東大寺もすぐそこに見えたが、今日はやめておこう。市街地内にすごく広い空き地があって楽勝で降りれそうだが、その敷地内に立派な門があってそこに降りるのはヤバそう、やめておこう。後から聞いたら平城京跡とのこと、やばいやばい。

ということで市街地を前に800の高度を捨ててランディング。95㎞。
0316
100に乗せたかったなあ。でも初めて飛ぶコースはうれしい楽しい。知らない山越え谷越え、というのがクロカンの醍醐味。楽しかった~

3時間19分 3TP=113.8㎞ 5TP=117.3㎞


回収班として来てくれたキッタンありがとう!
おかげでクロカンできました。またよろしくね。

 

|
|

« さくら | トップページ | 3/17 「走」 12㎞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくら | トップページ | 3/17 「走」 12㎞ »