« 最強の40歳 | トップページ | バルス! »

2017年9月25日 (月)

デルマトーム

先週火曜、ランディングでクラッシュしてむち打ちに。

そして水曜、アムロスに。

心身ともにボロボロや。。


むち打ち後、首が痛くて上を向いたり左右を向いたりがきつい。
それは理解できるが、肩の前側や鎖骨の下辺りが痛い、しかも筋肉とかではなく皮膚表面が痛い。何かが触れるだけで痛い、下着が触れるだけで痛い。

ネットで調べたところ、デルマトームというのを発見。

Photo
この図のまさにC5の部分がぴったり合致する。

デルマトームというのは皮膚分節とも言うらしく、上図は、脊髄神経が特定の皮膚の領域の表在感覚を支配していることを示した図、とのこと。

C何番やらL何番やら、というのは下図のように、頚椎および脊椎の位置を示す。

Photo_4

Photo_2


私が痛めたのは首。
デルマトームの図は数種類あって、C4とかC5とかに相当する部位は図によってちょっとズレているが、とにかく首に負荷がかかったことで特定部位の皮膚表面の痛覚が過敏になったのはまちがいないみたい。

とりあえず、素人診断はこれくらいにしといて、念のために今日病院にいってレントゲンを撮ってもらい、骨に異常がないことは確認してもらった。

首はまだ腫れてるし、首や肩の筋肉はバリバリだし、それらが神経を圧迫してるようなので、これは様子見しかない、とのこと。


まあ、ぼちぼち様子見しながら、飛んだり、泳いだり、できたらいいなあ。。

 

|
|

« 最強の40歳 | トップページ | バルス! »

コメント

脊椎先輩としては、手術は左手肩から上がらず、まずはうっとうしければ医者に行く、各部位の動きの確認をして下さい。

投稿: EMOG~! | 2017年9月26日 (火) 19時50分

はい、医者には行きました。機能チェックもしてもらいました。頸椎関係では皮膚表面の痛みだけです。

むち打ちによる首と肩の強張りが時間かかりそうです。

投稿: うじーえ | 2017年9月26日 (火) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最強の40歳 | トップページ | バルス! »