« 焼鳥倶楽部 | トップページ | 足尾エントリー »

2019年8月24日 (土)

蜜蜂と遠雷

『蜜蜂と遠雷』(上・下) 恩田陸

 幻冬舎文庫 単行本は2016年刊

Photo_20190824174901 Photo_20190824174902

直木賞、本屋大賞のダブル受賞作。

義母が読み、おもしろかったで、ということでうちの奥さんが読み、おもしろかったで、ということで回ってきた。さらに、職場の友人が、恩田陸は以前から読んでてその中でも最高、と言ってたので、読んだ。恩田陸は初めて。

うちの奥さん曰く、マンガみたい、というようにまさしくそんな感じでマンガみたいに読みやすくてスラスラ読めた。ピアノコンクールが舞台なのでピアノ曲に詳しい人が読めば、頭の中で音楽が鳴りながら読み進められるんだろうけど、私はまったく詳しくないのでそこが残念。映画化されるようだが、ここに出てくる数多のピアノ曲は聴きたいなあと思う。

おもしろかったけど、軽いなあ。

評価:7点

 

|

« 焼鳥倶楽部 | トップページ | 足尾エントリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 焼鳥倶楽部 | トップページ | 足尾エントリー »