« 島田製麺食堂 宝塚 | トップページ | 宝麺えびす丸 »

2020年7月13日 (月)

首都感染

『首都感染』 高嶋哲夫

 講談社文庫 単行本は2010年刊

Photo_20200713235401

内容は帯に書かれているとおり、強毒性の新ウィルスによるパンデミックに対して、東京をロックダウンする話。

これが10年前に書かれたというのがびっくり。おそろしく今の現状を予見している。違うとすれば、物語の中では新ウィルスの致死率が60%ということ。今後、新コロナとは別のウィルスが出てくる可能性もあるだろうし、これは読んでおいて損はない。

解説書ではなく小説なので読みやすいし、おすすめ。

 
評価:10点

 

|

« 島田製麺食堂 宝塚 | トップページ | 宝麺えびす丸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島田製麺食堂 宝塚 | トップページ | 宝麺えびす丸 »