映画

2024年6月14日 (金)

ミッション:インポッシブル2

先週に引き続き金曜ロードショー。

Mi2_20240614234201

2000年の映画。
昔、観てるはずなんだけど全然覚えてない。

スパイ映画というよりアクション映画。
最後の決闘シーンが時代を感じさせる。

来週はパート3、楽しみ~

 

| | コメント (0)

2024年6月 9日 (日)

マッドマックス:フュリオサ

早速、観に行ってきた。

おもしろかった~

Photo_20240609192501

怒りのデス・ロードの前日譚。

この世界観はたまらんね。
Photo_20240609192701

怒りのデス・ロードをまた観たい!

 

| | コメント (0)

2024年6月 7日 (金)

ミッション:インポッシブル

シリーズ第1作目。

超久しぶりに観た。ありがとう金曜ロードショー!

Mi_20240607232101

1996年の映画なので時代を感じさせられたが、それでもおもしろかった~

来週にパート2、その翌週にパート3を放映とのこと、観たい!

 

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

パリ、テキサス

『パリ、テキサス』 西ドイツ/フランス 1984年

午前十時の映画祭、136回目。

カンヌ映画祭グランプリ受賞作品。監督はヴィム・ヴェンダース。
高校生のときに観たはずだけど、さすがに何も覚えてなかった。。

久しぶりに見た、美しきナスターシャ・キンスキー
Photo_20240512182201

息子のハンター君がとてもかわいかった。

 

| | コメント (0)

2024年4月21日 (日)

HOKUSAI

昨日、美術展で観た北斎に興味を持ち、うちの奥さんが登録してるU-NEXTで観た。

Hokusai

2021年5月に公開された映画。

北斎の青年・壮年期は柳楽優弥、老年期は田中泯。
蔦屋重三郎を阿部寛が演じ、喜多川歌麿や東洲斎写楽なんかも出てきて、江戸の町人文化の勉強になり、来年の大河ドラマにもちょっと興味がわいてきた。

「北斎と広重」展の後期も観に行きたくなってきた。

 

| | コメント (0)

2024年4月 5日 (金)

オッペンハイマー

アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞(アイアンマン)、他7部門受賞作品、3時間の大作。

Christophernolanoppenheimerwillberelease

ストーリーはちょっと難しかった。原爆モノは日本人には重いね。


| | コメント (0)

2024年3月17日 (日)

海の上のピアニスト

『海の上のピアニスト』 米/伊 1998年

午前十時の映画祭、135回目。

Photo_20240317192501

音楽に溢れた映画だった。こういう映画はやっぱり映画館の音響で観るに限る。
ジャズの創始者とのピアノ対決は圧巻だった。

 

| | コメント (0)

2024年3月 3日 (日)

愛と哀しみのボレロ

『愛と哀しみのボレロ』 1981年 仏

午前十時の映画祭、134回目。

Photo_20240303181801

初見。圧巻の3時間大河ドラマだった。
冒頭に「人生には二つか三つの物語しかない。しかし、それは何度も繰り返されるのだ。その度ごとに初めてのような残酷さで…」というテロップが流れるが、これを3時間にわたって表現した映画。

登場人物が多すぎて、しっかりついていけなかった。もう1回観たい。

予告編

 

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

午前十時の映画祭14

4月からの午前十時の映画祭14のラインナップが発表された!

20240221-223229

公式サイトは →こちら

今回のラインナップは前回(今年度)よりも観たい作品がたくさんある。

まだ観てなくて楽しみなのは、
ロバート・デ・ニーロ「カジノ」、ジャック・ニコルソン「チャイナタウン」、アル・パチーノ「スカーフェイス」、小津安二郎作品、・・・

その他にも、観たことあるけどまた観たい「マッドマックス2」「パリ、テキサス」「アメリカン・グラフィティ」等いろいろあり、楽しみ~

 

| | コメント (0)

2024年2月18日 (日)

スケアクロウ

『スケアクロウ』 1973年

午前十時の映画祭、133回目。

Photo_20240218194101

カンヌ映画祭グランプリ作品。
アメリカン・ニューシネマという範疇の作品であり、そんな感じのロードムービーだった。

ジーン・ハックマンとアル・パチーノはさすがの名演で、それだけでも観る価値あった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧