映画

2017年7月 9日 (日)

グッド・ウィル・ハンティング

『グッド・ウィル・ハンティング』 1997年

午前十時の映画祭、78回目。

アカデミー助演男優賞:ロビン・ウィリアムズ
アカデミー脚本賞:マット・デイモン&ベン・アフレック

Photo


脚本賞の2人は親友で、映画の中でも親友役。
2


ロビン・ウィリアムズは安定の良さだし、若い2人もとても良かった。
マット・デイモンってかしこいんだね。

いい映画だった~

 

| | コメント (0)
|

2017年6月10日 (土)

イヴの総て

『イヴの総て』 1950年

午前十時の映画祭、77回目。

アカデミー作品賞、監督賞、受賞作。

Photo

おもしろかった~
こういう人間ドラマは大好き。

メインは写真の左2人の女優だが、右の女優も輝いていた。
無名時代のマリリン・モンロー。

大女優役のベティ・デイビスが貫録だった。


映画とはまったく関係ない話だが、ベティ・デイビスという名前は、映画よりも洋楽のタイトルで知った。それも大昔、高校生の頃。

キム・カーンズ「ベティ・デイビスの瞳」

ハスキーヴォイスがけっこういい。

 

| | コメント (0)
|

2017年5月 7日 (日)

裏窓

『裏窓』 1954年

午前十時の映画祭、76回目。

大好きなヒッチコック監督
大好きなグレース・ケリー主演

観るのは三十数年ぶり。
次に観るのは30年後だな、もう死んでるか。

1

グレース・ケリーの美しさを観るだけでも価値あり。


2ヶ月ぶりに映画館へ足を運んだ。
それだけ土日が忙しかったってことかな?全然大佐で飛べてないのに。。

 

| | コメント (0)
|

2017年3月24日 (金)

おおかみこどもの雨と雪

初めて観た。

この監督の作品自体初めて。

Photo

子を持つ母向けの映画だな。

それにしてもきれいな映画だった。

 

| | コメント (0)
|

2017年3月 5日 (日)

浮雲

『浮雲』 1955年

午前十時の映画祭、75回目。

「七人の侍」「東京物語」と並んで世界的に有名な日本映画の名作。

戦後間もない頃の、ある美しい人の波乱万丈な人生モノ。

2

高峰秀子の美しさに驚いた。

 

| | コメント (0)
|

2017年2月21日 (火)

午前十時の映画祭8

「午前十時の映画祭7」は3月末まで。
4月からは「午前十時の映画祭8」がスタートする。

そのラインナップが発表になった。

Photo

その中で、久しぶりにまた観たいなあと思うのは、

「バクダッド・カフェ」
「アンタッチャブル」
「泥の河」

その他にも、まだ観てない映画もたくさんあるし、楽しみ~

 

| | コメント (0)
|

2017年1月29日 (日)

アラバマ物語

『アラバマ物語』 1962年

午前十時の映画祭、74回目。

グレゴリー・ペックのアカデミー主演男優賞受賞作。

グレゴリー・ペック演じる弁護士の、良きお父さんっぷりが素晴らしかった。

Photo

小さいお子さんをお持ちのお父さん、ぜひお手本に!

 

| | コメント (0)
|

2017年1月20日 (金)

千と千尋の神隠し

4年半ぶりに観たが、何度観ても最高!


よきかな
Photo_2


えーんがちょ
Photo_3

 

| | コメント (0)
|

2017年1月14日 (土)

若者のすべて

『若者のすべて』 1960年 イタリア/フランス

ルキノ・ヴィスコンティ生誕110年没後40年メモリアル、という催しで上映。

映画館は初めて行ったシネ・リーブル梅田、梅田スカイビルにある。

ヴィスコンティと言えば、絢爛豪華な貴族社会の映画をイメージするが、この作品は全然違って、貧しい一家のお話。しかも白黒なので、まったく華やかさはなかった。

主演はアラン・ドロン
3
男前すぎる。


ちょっとだけ出てきたクラウディア・カルディナ―レも美しかった。

春に「家族の肖像」を上映するらしい。楽しみ~

 

| | コメント (0)
|

2016年12月26日 (月)

ビリギャル

初めて観た、おもしろかった~

Photo

有村架純、かわいい~

紅白の紅組司会者か、見たいなあ、、見れるかなあ。。

 

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧