映画

2020年7月 5日 (日)

東京物語

4年半ぶり、2回目。
前回観たときの感想で、5年に1回くらいは観たい、と書き残してたとおりになった。

Photo_20200705173401

前回は小津映画自体を初めて観たので衝撃的だったけど、それ以来かなりの小津映画を観てきたので、その独特の雰囲気には慣れた上で再び観ることになった。したがって物語自体にフォーカスして堪能したけど、やっぱりいい映画だなあという感想は変わらず。

また5年くらい経ってから観よう。

 

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

東京暮色

『東京暮色』 昭和32年(1957年)

Photo_20200704152601

父:笠智衆、娘:原節子の鉄板に加え、原節子の妹に有馬稲子。
有馬稲子が美人だった。

小津映画特有の静かなトーンではあったが、小津映画には珍しくドラマティックなお話で、暗~い感じ。台詞の間は相変わらずな感じだけど、いつものコミカルな調子がなかった。

とは言え、小津映画を観てるときは心地良い。
今回の企画「松竹シネマクラシックス」では「彼岸花」を見逃しちゃったなあ。。

 

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

レディ・プレイヤー1

めっちゃおもろかった~

Photo_20200703234501

さすが、スピルバーグ!
VRの中のキャラが豪華すぎて。。。

シャイニング、まだ観てないんだよ~

 

| | コメント (0)

2020年6月27日 (土)

秋日和

『秋日和』 昭和35年(1960年)

Photo_20200627222701

2週間前に観た「晩春」は、娘を嫁に出す父と娘の話だったが、これは娘を嫁に出す母と娘の話。

母は原節子、娘は司葉子。
司葉子が美しかった~

小津映画独特の台詞回しがとてもコミカルでかなり笑えた。

小津映画の魅力にどっぷりやわ。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月26日 (金)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3

おもしろかった~

3週連続TV放映とか、いい企画だなぁ

おかげで、観てなかった2と3を観ることができた。

Back_to_the_future_part_iii

この勢いで、いろんなシリーズものをやってくれんかなあ、、SW9週連続とか。。

 

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

観たことあると思い込んでたけど、初見だった。

Bttf2

タイムトラベラーものはややこしい。

来週のPART3も観なくっちゃ。

 

| | コメント (0)

2020年6月14日 (日)

早春

昨日に引き続き、小津作品を観に行った。

『早春』 昭和31年(1956年)

Photo_20200614185201

池部良が男っ前の旦那、「麦秋」でかわいかった淡島千景がおっかない奥さんやった。おっかないのは旦那が悪いんやけど。。

これまで観てきた小津作品は親子にフォーカスされてたけど、これは夫婦もの。
そして、ザ・サラリーマンの悲哀、という感じ。いつの世も変わらず、、な感じ。。。

 

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

晩春

3ヶ月ぶりに映画館へ。
隣の席を3つも空けるというコロナ対応で広々快適~

大阪ステーションシティシネマで「松竹シネマクラシックス」という企画ものをやっているという情報をゲット。小津安二郎が何本もラインナップされてるので、早速行ってきた。

『晩春』 昭和24年(1949年)

Photo_20200613185501

いい映画やった~

父親大好きな娘を大女優 原節子、その父親をいつもの飄々とした感じで笠智衆。鉄板。

これで「紀子三部作」と呼ばれる3作品をすべて観たことになる。あと2つは「麦秋」「東京物語」。全部いい。

まだまだ観たい、小津作品。

 

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

何回も観たはずだけど、前回観たのはかなり前のようで、すっかり忘れてて、とっても楽しめた。

35年前の作品とは思えない。やっぱり名作やな。

Bttf

来週の「~2」も観なくっちゃ。

 

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

キングダム

TV放映ありがとう~

おもしろかった!漫画読みたい!!

Kingdam02
美しい~

強そう~
2_20200529235101
ンフ

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧