ハンググライダー

2017年6月18日 (日)

ハングエイド2017

今回の世界選手権にも、例年通りハングエイド活動がされている。
ポロシャツ、Tシャツを買って日本代表を応援しよう、というやつ。

HPは →こちら


これはあくまで日本代表を応援する活動であって、オープン参加選手には無関係。

なので、私の応援には直接はつながりませんが、日本代表にはがんばってもらわないといけないので、応援よろしくお願いします。


JHFからもハングエイドからもオープン参加は切り離されているけれど、負けへんで。


Brasilia2017logohome2

 

| | コメント (0)
|

2017ハンググライディング世界選手権出場決定

変なルールのおかげで出場できることになった。

オフィシャルサイトは →こちら

Brasilia201701

変なルールとは、

<選手枠>
・大会の選手枠は150人
・大会に参加できる各国の選手は最大で12人
・ナショナルチームの人数は最大で6人

<選考>
・大会の選手枠(150人)が満たされていない場合は、選考が行われる

<選考の基準日>
・2017年4月の世界ランキング


ということで、4月時点のランキングで90何位(正確には忘れた)だったので、これはいけるだろうと諸々の準備を始めていた。

が、運営側からの正式な参加承認は本日。えらく待たされた。


ということで、私はナショナルチームとしてではなくオープン参加。

オープン参加とは、たとえ世界選手権で優勝しても国別順位には寄与しない。
つまり、個人戦には参加できても団体戦には参加できない、という感じ。


自身4度目の世界選手権出場。

今年は節目休暇がもらえる年齢なので、それを活用して休みは確保済み。
ただ、経済的にはきつい。息子たちが大きくなって教育費がばかにならん。今春、息子たちがダブル受験だったが、2人とも国公立に合格してくれたおかげで出場できるようなもんだ。

休み取得的にも、お金的にも、おそらく今回が最後の世界選手権。
今回の準備はかなり大変だけど、悔いの残らないように、できる範囲で精一杯励もう。

 

| | コメント (0)
|

6/17 池田

上層北西弱 下層南東 晴れ 雲底1600~1700

タスク:TO→焼却場→大野橋→権現山→ML
ゲート:焼却場8㎞エンター、12:30×1回

今シーズン初の池田。
今日は予報が良く、伊吹に行けそう。伊吹から帰ってきてから回るタスクとしてショートタスクを設定。

Ws000000

11時過ぎにテイクオフ。
順調に進んで11:45頃、伊吹山ゲット。北東の尾根に突っ込むときはかなりドキドキした。

伊吹で2000以上上がったらそこからどっかへ向かいたいと思っていたが、雲底が1600くらいだったので、すんなり帰ることに。設定したタスクまで時間があったので北の方の様子を覗いつつ戻って、ゲートの時間を待ってスタート。

いっしょにスタートしたムーミンさんは、今日は早く帰らないといけないとのことで、焼却場手前で引き返し、単独行に。12時半スタートは沖がまだ煮えてなくて、焼却場の後、旧パナソニック北側で400以下まで下がってからようやくヒット。

寺内神社辺りから山へ流されながら1600まで上げ、これでゴールは届く感じ。権現山取った後にもいいリフトがあり、1600まで上げてMLへは向かわず南方向へ。

焼却場辺りから南は雲がなく、雲間を渡る練習をしながら、その辺を飛んでいたアキを追っかけながら、大垣西インターから戻ってきた頃には山にしか雲がなくなってきたので山へ戻ると、どっかから低くスズキくんが戻ってきたのでロックオン。

先に上がったので岐阜のマチュピチュに行ったりしてたら、15時頃にスズキくんが小島へ向かったので、追っかけて小島からもうちょっと奥まで連れて行ってもらってからMLへ戻った。

結局、タスクを回ったのは私とタナカさん。
伊吹山にはたくさんの人が行けたみたい。


20170617


4h38m 3TP=75.1㎞ 5TP=92.2㎞

 

| | コメント (0)
|

2017年5月27日 (土)

5/27 竜門

北西~北北西 晴れ max1850(雲底はもうちょい上)

タスク:TO→JR→Lタン→高積中学1㎞→三谷橋→井阪橋→竹房L 67㎞
ゲート:JR1㎞、12:40~10分×3回
(セットbyナグ)

高積中、誰も取れず。

Ws000000

午前中からパラが上がっていたが、西方向に豊富だった積雲はなくなっていく傾向。

12:20頃、1番機マエダくんに続いてテイクオフ。
ちょっと気まずいタイミングで、寺山まで行ってナグと上がる。マエダくんは最初に右に行ってしまった分、高度が足りなかった。

最初のゲートから数分遅れて、ナグとサダボンがスタート。次のゲートまで上空待機がきびしそうだったし、高積へは複数機で向かいたかったので、2人を追っかけてスタートゲートオープンから約5分遅れてスタート。

Lタン取った後、みんなでスタック。いまいち上げ切れないまま、やっぱりナグとサダボンが西へ向かうので、追っかける。で、ブルーな空の中、2発目がなく引き返す。

2人は竹房Lへ吸い込まれてしまったが、私は寺山裏で上げていたエンド―ジュニアの下で復活。高積中はあきらめて次のパイロンへ。

Lタン以東は雲も豊富。三谷橋を取った後、さらに東へ行くかどうか迷ったが、次の雲が遠く、三谷~九度山辺りで雲底に付けれたら考えようと思い、沖コースでやってきたジュニアの下へもぐり込むもいまいち上げ切れず、リターンを選択。ジュニアは東へ向かいたかったらしいが、西へ引っ張ってしまった、すまんね。

井阪橋を取って、竹房へ帰ってきてなんちゃってゴールの後、雲がちらほらあったので、狙った雲で上げる練習を繰り返し、この夏へ向けての練習として4時間を設定し、達成。


4h21m 3TP=56.8㎞ 5TP=72.4㎞


西方向はダメで、東方向の雲が豊富だったので、もっと早く切り換えて、もっと東へ向かうべきだった。もったいなかった。。

 

| | コメント (0)
|

2017年5月21日 (日)

三加茂最終日

東 曇りのち晴れ 雲底1950

タスク:昨日といっしょ

東風なのでタスクをこなす気はなく、もう一つのタスクであるターゲット勝負のつもりでテイクオフ。

Ws000001

奥で雲底付けたりして遊んでたが、さらに奥へ行く心の強さはなく、前でたくさんの機体が飛んでたのでそこへ混じり、みんなといっしょにちょっと東へ向かってみたが、次のヒットがなかったので、10kmほど行ってからリターン。

ターゲットは全然ショートで計測対象外、あかん。。

広い広いメインランディングにほとんどの人が降りて、いい〆だった。

20170521_142044


1h31m 3TP=28.8km 5TP=31.2km


徳島の〆は徳島ラーメン
20170521_173155


例年通り、たいへん楽しかったです。
運営のモーリ、ありがとうございました、来年もよろしくね。

 

| | コメント (2)
|

2017年5月20日 (土)

三加茂レセプションその2

三加茂レセプションその2

古民家にて、初日の表彰式。

まだまだ、夜はこれから。

 

| | コメント (0)
|

三加茂レセプション

三加茂レセプション

モーリートラベル代表によるブラジル紹介。

 

| | コメント (0)
|

三加茂初日

三加茂初日

西のち海風 晴れ max2000

タスク:43kmゴール

トップは3km手前のゲンキ。続いて私が14.5km手前。私以下はみんな似たり寄ったり。

ゲンキのみ、25km辺りの高い山に付けれて上げれた。

さあ、これからメインタスクの宴会!


追記:

Ws000000

1h2m 3TP=32.3km 5TP=32.9km

 

| | コメント (0)
|

2017年5月14日 (日)

5/14 大佐

上層は西、下層は南西~南 晴れときどき曇り 雲底2100

クロカンラストチャンスで127㎞。

Ws000000

西風がしっかり吹く中、東向きのランチャーからテイクオフ。
1番機スナマンはがんばりむなしく緊急ランへ。

2番機ユアサさんが上げ始め、続々とテイクオフ。
私は4番機で12時10分過ぎにテイクオフ。

ガチャガチャしてる中を2050まで上げて、ユアサさんに続いて東へ発射。勝山からしばらくミノちゃんといっしょ。ミノちゃんは念願の弁当屋越えに成功。

雲が豊富だったので、雲を見ながら、勝央辺りで高速の南から北へ移動。だんだんと海風が入ってくる予報通りの展開。佐用を過ぎると、湿った空気のせいで雲底が1600くらいに下がってきた。

コースを北へずらすことはうまくいったが、115㎞辺りの尾根でスタック。ここの攻め方が雑だった。ここで降りるつもりがちょろっと上がったので、もう一尾根越えてからランディング。

20170514


4h20m 3TP=134.0㎞ 5TP=135.7㎞


今シーズン、1本でも100㎞越えがあってよかった。
後続ではゲンキが100㎞手前まで。今日の7人は全員発射、リフライトのスナマンもけっこう飛んだ。これで今シーズンの大佐は〆かなあ。

 

| | コメント (0)
|

2017年5月13日 (土)

ようこそ関西へ

ゲンキ一家、ようこそ関西へ、ということでタカナミ家で宴。

当初の予定はママ会?
天気悪いし、ということで昼間っから酒飲む気満々で親父たちも集合。

201705131

ゲンキ家、タカナミ家、タケシさん家、ヒローカ夫妻、キッタン、とうち夫婦。

遅れて、ヤマデラ父子も登場。

201705132

今後ともよろしく~

 

| | コメント (0)
|

より以前の記事一覧